気づけば去っていた愛すべきクルマたちの事情と長所 6選


 日々続々と登場する新型車たち。華やかに登場する新型車のいっぽうで、1世代や短命に終わるもの、さらに伝統に幕を下ろすクルマたちも見られる。

 新型車は登場するたびに「なぜこの新車が登場したか」、「この新車の特徴は」と多くのメディアで語られるが、生産終了となって新車市場から去ってゆくクルマたちの多くは、ただ何も言わず、何も語られずに去ってゆく。

 そんななか、様々な事情で去っていったモデルのなかで、特に近年「なぜ生産中止となったのか」が語られなかったクルマたち6台を選び、その歴史と特徴、去っていった事情を振り返ってみたい。

 「日本の自動車分化を彩った」という意味では、新型車も生産終了車も同じ役割を果たした。時々でよいので、こうして去ってゆくクルマたちのことも思い出してゆきたい。

文:大音安弘


■三菱 ギャランフォルティス 2007〜2015年

三菱ギャランフォルティス
三菱ギャランフォルティス

 三菱にとって、国内最後のオリジナルセダンとなったギャランフォルティスは、2007年8月にデビューした。

 国内では「ギャラン」の名を受け継いだものの、世界的には7代目ランサーとして投入。この背景には、日本ではコンパクトな6代目ランサーが継続販売されたことがあった。

 ただご存知の通り、「ランエボX」はこのギャランフォルティスがベース。ランエボが特別な存在だったとはいえ、なぜギャランなの? 中身はやっぱりランサーなの? というモヤモヤをユーザーに生んでしまった感は否めない。

 スタイルは、標準車の「エクシード」とスポーティな「スポーツ」を設定するも、2.0Lの自然吸気4気筒エンジンとCVTの組み合わせを基本とするなど、特に目新しさはなかった。

 しかし、翌年に待望のスポーツグレード「ラリーアート」を投入。240ps/350Nmと控えめながらも、DCTタイプのSSTを含め、パワートレインはランエボ譲りとし、走行モード選択が可能な電子制御4WDシステムも備えるなど、かつてのギャランVR-4を連想させるものがあった。

 また2008年12月には若々しいスタイングの5ドアハッチバック「スポーツバック」も追加するも、販売は振るわず、2015年に国内販売を終了した。

 しかしながら、プチランエボともいえるラリーアートは現在もファンに支持されており、標準車とは比較にならないほど高価な価格で取引されている。

■トヨタラクティス 2005〜2016年

トヨタラクティス
トヨタラクティス

 出来る兄を持つ弟の悲哀、とでも言おうか。そんな感情がよぎるのが、ラクティスだ。

 愛らしいスタイルと実用の高さで大ヒットとなったファンカーゴの後続車である。

 サイズもスタイルも近いため、意識していない人もいるかもしれないが、実はラクティスは2世代が存在する。ファンカーゴからバトンを受けた2005年登場の初代と2010年にフルモデルチェンジし、2016年まで生産された2代目だ。

 どちらもヴィッツベースで、サイズを超えた高い機能性を誇ったが、ホンダフィットに加え、日産ノートという強敵が誕生し、次第に存在感を薄めてしまった。

 2代目は、スバルに「トレジア」としてOEM供給されているが、単なるOEMではなく、実はスバルとの共同開発車で、スバル色もしっかり反映されるなど、大げさに言えば、今の86/BRZのような関係であった。

 2代目ラクティスは、福祉車両の一部仕様で形式認定を受けたことから、特装車ならではの登録や車検の手間は省くことを実現。ニーズの高まった車いす仕様車としてニーズを獲得し、働くクルマとしても活躍してくれた。

 実質的な後継車として「ルーミー/タンク」(ダイハツからのOEM供給車)が用意されたが、ユニークでキュートなイメージまでは引き継がれていない。

次ページは : ■トヨタラッシュ/ダイハツビーゴ 2006〜2016年

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ