気づけば去っていた愛すべきクルマたちの事情と長所 6選

 日々続々と登場する新型車たち。華やかに登場する新型車のいっぽうで、1世代や短命に終わるもの、さらに伝統に幕を下ろすクルマたちも見られる。

 新型車は登場するたびに「なぜこの新車が登場したか」、「この新車の特徴は」と多くのメディアで語られるが、生産終了となって新車市場から去ってゆくクルマたちの多くは、ただ何も言わず、何も語られずに去ってゆく。

 そんななか、様々な事情で去っていったモデルのなかで、特に近年「なぜ生産中止となったのか」が語られなかったクルマたち6台を選び、その歴史と特徴、去っていった事情を振り返ってみたい。

 「日本の自動車分化を彩った」という意味では、新型車も生産終了車も同じ役割を果たした。時々でよいので、こうして去ってゆくクルマたちのことも思い出してゆきたい。

文:大音安弘


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ