今の時代の三種の神器か!? 必需品ともいえるドライブレコーダーはなぜ標準装備されない!?

今の時代の三種の神器か!? 必需品ともいえるドライブレコーダーはなぜ標準装備されない!?

 事故だけでなく、あおり運転などの交通トラブルの際にも証拠として有用であることがわかっているドライブレコーダー。

 保険会社でもドライブレコーダーとセットにした保険を販売するなどしているし、調査では装着している車両ほど安全意識も高まる傾向があることがわかっている。そうなると、自動車メーカーのほうで標準装備させてもいいような気がするものだ。

 しかし、トヨタ『ハリアー』で「前後方向録画機能(ドライブレコーダーとは言っていない)」が付いたデジタルインナーミラーを採用しているくらいで、メーカーとしてあまり積極的に普及をさせようという感じは見受けられない。

前後方向録画機能の付いたデジタルインナーミラーを採用しているトヨタ『ハリアー』。衝撃を検知して録画を保護する機能もある

 エアバッグやABSのように標準装備が進まないのはナゼなのか? そのワケを考察していきたい。

文/国沢光宏
写真/Adobe Stock(waranyu@Adobe Stock)、編集部

【画像ギャラリー】ドライブレコーダー購入時に押さえておきたい4つのポイント


■交通事故の検証に革新をもたらしたドラレコ!

 今やドライブレコーダーは必須の装備と考えていいだろう。

 例えば自分の進行する方向の信号が青。交差する道路の信号は赤だったとする。赤信号を無視して進行してきた車両と衝突した場合、当然ながら赤信号側に100%の過失あります。けれど赤信号側が「自分の信号は青だった」と主張されると、双方証拠を用意しなければならない。

 ドライブレコーダーなしであれば、周囲の目撃情報や衝突形態で判定するしかありません。赤信号側の車両の側面に青信号側の車両が衝突しており、しかも目撃証言なしだと、「回避できただろう」となり青信号の方も過失ゼロにならない。最終的には「交差点に進入するときは注意すべきでしょう」と言われ、過失ありにされちゃう。

 はたまた目の前に真横から自転車が飛び出してきて衝突したような事故も、ドライブレコーダー無しだと明確な状況不明。お互い水掛け論になったら、裁判所としても曖昧な判定をせざるを得ない。こういったケース、自転車に責任あっても自賠責保険を使える。だったら弱者救済のため、クルマ側の過失を多く課しておこうということに。

 ここまで読んでわかるとおり、まぁデタラメです。ドライブレコーダーがなかった時代、事故に至る過失割合じゃなく、ゴネたヤツや警察の心証いい方、強い保険会社をバックに付けている人の優勢でした。しかし! ドライブレコーダーの出現で事故処理は根本的に変化したといってよかろう。悪い奴がしっかり悪いと認められるようになってます。

事故の決定的瞬間を捉えるドライブレコーダーは交通事故の検証に革新をもたらした(show999@Adobe Stock)

 クルマの前に飛び出してくれば、自転車や歩行者であっても100%の過失が認められるようになり、信号のある交差点だって青信号なら過失なし! 自分のバックに権力のある人や組織がなくても、正当な「裁き」を受けられるようになった。少なくとも事故処理についていえば、ドライブレコーダーあれば不利にならない。

■なんで標準装備されないの?

 素晴らしい効能を持つドライブレコーダーは、中国で十分使える品質持つ製品が急増。ここにきて大幅にコストダウンされ3000円も出せば買えるようになってきた。はたまた最近のクルマは前にも後方にもカメラが付く。録画機能を付加するだけで高性能のドライブレコーダーになると考えていい。なのに標準装備化は進まない。

 正確に言えば現時点でドライブレコーダーを標準装備しているのはトヨタ『ハリアー』の上級グレードのみ。警察当局や国交省もドライブレコーダーの搭載を義務付ける動きなし。自動車メーカーだって、ハリアー以降に発売されたモデルでドライブレコーダーを標準装備してるケースなし。なぜドライブレコーダーの標準装備化が進まないのか?

 理由は3つくらいありそうだ。

 1つ目に信頼性を挙げておく。もし法規で義務化となれば、事故時に必ず証拠となるような確実性&信頼性を持たせなければならない。これ、けっこう難しいようだ。だからこそハリアーもドライブレコーダーという名称とせず「前後方向録画機能」と呼ぶ。そしてハリアー以外に採用が進まない理由だと思う。

ハリアーの前後方向録画機能付きデジタルインナーミラー。エンジンスイッチがONのあいだ常時録画しており衝撃を検知して録画を保護する機能がある

 2つ目はプライバシーの問題。ドライブレコーダーを義務付けてしまうと、事故などあった時のデータを提供する義務も生じてしまう。政治家や官僚など機密(異性を同乗させていたり、出入り業者との密接な関係を含む)に関するような状況で事故に遭い、音声まで入っているドライブレコーダーの記録を出せとなったら困る。

 義務化していなければ、自分が不利になるようなケースだと予想できた時点で記録媒体を抜いてしまえば機密だってバレない。都合の悪い密会や密談も同じ。さらに走行している速度や、違反の記録などもバッチリ残ってしまっているため大いに困る。裁判官や検事、警察官など、自分のクルマに乗ったら制限速度を100%守るしかない。

 3つ目は警察の取り締まり状況の記録まで残ってしまうこと。現状、警察官から「あんたは一時停止してなかった」と取り締まられたら、言うなりになるしかない。けれど一時停止の反則金の金額や点数は「完全無視」した時のものであり「完全停止こそしてないが事故起きないくらいまで減速した」となれば、当然ながらケースbyケースで考えるべきだ。

 追尾式の速度違反取り締まりだって、自分の速度かパトカー/白バイの速度かわからない。交通違反の取り締まり、大半はそういった曖昧さで成り立ってます。「じゃ正確にやりましょうや!」となったら警察だって困る。以上、さまざまな理由でドライブレコーダーの義務化は進まない。自衛のため、ぜひ自主的に装着することを強くすすめます。

【画像ギャラリー】ドライブレコーダー購入時に押さえておきたい4つのポイント