日産のパイクカー「フィガロ」なぜ人気再燃? 最高価格360万円!!!

 1987年、初代マーチをベースとしたBe-1が登場し、このクルマから日産のパイクカーシリーズが始まった。

 1989年にはパイクカー第二弾のパオ、そして今、パイクカーのなかでも最も熱いモデルが、パイクカー第三弾、2+2クーペのフィガロである。

 フィガロは1991年から1992年にかけて、3度に分けて2万台が抽選販売されたが、発売から約29年経った今でも人気を保ち続けているという。

 イギリスではフィガロのレトロでモダンなデザインが人気となり、エリック・クラプトンをはじめとする海外のセレブも買い求めるほど。

 日本でも最近になって、フィガロの中古車価格が上昇しているという。そこでフィガロの中古車相場とともに、なぜ人気なのか? フィガロの魅力に迫る!

文/萩原文博
写真/日産 

【画像ギャラリー】30年経っても色褪せない3台の日産パイクカー Be-1、パオ、フィガロの詳細写真


当初限定8000台が2万台まで増産された

1991年2月から1992年にかけて合計2万台が生産されたフィガロ。価格は187万円だった(1991年式)。ボディカラーは四季をイメージした、エメラルド(春)、ペールアクア(夏)、トパーズミスト(秋)、ラピスグレイ(冬)の4色で、ルーフトップ部はいずれもホワイト

 「東京ヌーベルバーグ」。直訳すれば、東京から始まる新しい波。こんなオシャレなキャッチコピーが付いたクルマが、今買うべき中古車として今回取り上げた日産フィガロだ。

 人気刑事ドラマの主人公の愛車としても脚光を浴びたフィガロ。一体どのようなクルマなのか?

 1991年2月に販売開始されたフィガロは、1987年に登場したパイクカーシリーズの第3弾となるモデルだ。

 パイク(pike)というのは「槍(やり)」や「尖峰」といった意味を持つ英語で、尖ったデザインを「槍・尖峰」に見立て、世の中の動きや嗜好を探ってみたというのが、パイクカーのコンセプトだった。

 日産は1987年にBe-1、1989年にパオを発売。そして1991年にフィガロが販売された。

 コンパクトカーの初代マーチをベースとしたフィガロは当初は8000台の限定生産の予定だったが希望者が多かったため販売台数が拡大され、1991年2月14日、限定2万台で発売され、同年8月末までに3回に分けて抽選するという、一風変わった販売方式がとられた。

ボディサイズは全長3740×全幅1630×全高1365mmというコンパクトな2+2クーペ。リアピラーとサイドルーフレールは固定されているが、スライディングソフトトップを備え、オープンエアモータリングが堪能できた。ソフトトップの開閉は手動。フロントフェンダーとエプロンはBe-1と同様「フレックスパネル(Flex Panel)」樹脂製。ボディ架装は高田工業で委託生産された

 フィガロは2ドアのオープンカーで、ピラー部分を残して、布製のルーフ部分だけが開閉する。

 搭載されるエンジンは最高出力76ps、最大トルク10.8kgmを発生する1L直列4気筒ターボで、3速ATが組み合わされている。

 こうして新車が発売されたわけだが、その人気はいったん落ち着きをみせる。しかし、10年ほど前から人気が再燃しはじめ、パイクカーの中古車専門店ができるほどの人気となった。

 なかでもフィガロはイギリスで人気となり、多くの中古車が海を渡ってイギリスに嫁いでいった。その台数は3000台におよび、日本国内よりイギリスに多く存在しているのではないかと思われる。

 フィガロは英語圏ではFigsと言われ、2014年にオランダ、2015年にはスコットランド、2016年にはベルギーでフィガロラリーが開催され、英国ではロンドンのほか各地で25周年イベントが開催され、ヨーロッパ各地でもFigfestなるものイベントも開催されている。

 イギリスでのフィガロの中古車価格は、程度にもよるが、日本円で50万円ほどから300万円オーバーまで。

 世界的なオークションハウスのサザビーズRMオークションでは1991年式の走行9134kmのフィガロがなんと5万1750ドル(約565万円)の値を付けた。

日産UKの中古車欄にあるフィガロ。1万5995ポンド(約214万円)で販売されているクルマも。1ポンド=134円換算

日本に流通しているフィガロの中古車は47台

インパネは優雅さを表現し、おだやかな曲線でまとめられ、操作系部品はアクセサリーのようなテイスト。オリジナルCDラジオカセットはディーラーオプション

 さて、発売から約29年が経過したフィガロの中古車事情は一体どうなっているのだろうか。現在、中古車の流通台数は47台。3カ月前の時点では60台だったので、4分の3に減ってしまった。

 また、中古車の平均走行距離は3カ月前が約11万7000kmで、3月末までは横這いだったのだが、4月に入ると走行距離が減って、約11万3000kmとなってしまった。

 その動きにリンクして、平均価格は3カ月前の約97万円から現在は約103万円まで値上がりしている。

 この値上がりの要因は走行距離の延びた価格の安い中古車が市場から姿を消したことによるものと考えられる。

 ちなみに2010年頃、10年前のフィガロの中古車の平均価格は約44.6万円。ほとんどが50万円以下となっていた。

 3カ月という短期的には値上がり傾向となっているフィガロだが、もっとスパンを長くして1年での平均価格の推移を見てみると、1年前の時点の平均価格が約103万円で、その後2019年8月に最高値の約121万円まで上昇。

 そして2019年10月には最安値の約96.8万円まで値落ちし、その後は横這いとなっていたのだ。

 しかし、2020年4月に入り再び値上がり傾向となっている。ちょうど1年前の春から夏にかけて値上がり傾向となったので、今年も今後値上がり傾向となる可能性は高い。それはフィガロがオープンカーなので、季節的要因も多いに考えられるからだ。

この写真をクリックするとフィガロの中古車情報が見られます!

 現在、約47台流通しているフィガロの中古車だが、価格帯は約35万~約360万円となっている。

 最高値の360万円という中古車の走行距離はなんと9000km、修復歴なしという奇跡の物件だ。その中古車を除けば、上限は約170万円となる。

 フィガロの中古車はハッキリとした傾向が価格に出ていて、だいたい70万円以下の中古車は現状販売。

 70万円以上特に100万円以上の中古車は塗装や幌などに手を加えたレストアした中古車となっているのだ。

 すでに販売開始から約29年経っているクルマだけに、安く手に入れて、自分でメンテンスしていくパターンか。

 それとも外観や内装、エンジンなどもレストア済で車両本体価格は高くなるが、購入後はそれほど費用が掛からないという2つのパターンを購入時に選ぶことになるのだ。

エクステリアだけでなくメーター、各種スイッチ類、ドアノブまでインテリアを徹底的にこだわっているところも人気の秘密かもしれない。今見ても見入ってしまうほどデザイン性が高い
パイピングの入ったフィガロオリジナルの本革シート。フロントシートのヘッドレスト下部、リアシート両サイドエッジ部分には革同士の摩擦音を防止するため合成皮革を採用している。後席は+2のスペース

 福岡にあるHAPPY DRIVEはパオ・フィガロを専門に扱う中古車販売店だ。現在このショップには5台のフィガロが展示されているが、すべて価格は149万円となっている。

 その理由はすべてレストア済の中古車だからだ。フィガロのウィークポイントを知っている専門店らしくホームページにはエンジンマウントの交換をはじめ、エンジンのヘッドガスケットやウォーターポンプ、ショックアブソーバの交換、内装のクリーニング、そしてボディの再塗装、オープンピラートップの張り替えなどを行い、クルマを仕上げている。

 ここまでレストアしてあれば、元々の走行距離などはそれほど気にしなくても良いだろうし、やはり専門医がしっかりとチェックしていることを考えれば、この価格でも決して高くはない。

 HAPPY DRIVEの川岸景作さんにフィガロの状況について聞いた。

 「弊社は専門店を始めて17年経ちますが、フィガロの価格は毎年上昇しております。海外での需要人気が高まり、弊社にもインスタグラムなどより、部品や車両の輸出等のお問い合わせが増えてきています。

 レストアの技術を日々アップデートし、お客様の満足いくクルマの提供に邁進しております。

 現在、部品の供給や高騰により、弊社で外装再塗装、錆などのレストア、内装の張り替え(オプション)などを含めた場合には、200万~250万円で制作させて頂いております。外装再塗装・内装もほぼ張替えで、シート全席からフロアーカーペット張替施工までしております。

 制作期間はオーダーにもよりますが、2カ月から半年かかります。現在、在庫情報に記載前に売約になる状態で、お客様にはベース車を選んで頂き、オーダー受注させて頂いております」とのこと。

 レストアするベース車が減少していると今後はこうしたレストア済み車両の価格も十分高騰する可能性は高い。

 フィガロの中古車は減少したことで、中古車相場は値上がりし始めている。今後はさらに上昇する可能性が高いので、オシャレなフィガロに手軽に乗りたいならば、今が、最後のチャンスになるかもしれない。

1989年の東京モーターショーに出展されたフィガロ・コンセプト
フィガロ・コンセプト。エンジンフードの形状、サイドシルモールディング、リア周りの処理、リアウインドウ形状など量産車とは異なる
この写真をクリックするとフィガロの中古車情報が見られます!

【画像ギャラリー】30年経っても色褪せない3台の日産パイクカー Be-1、パオ、フィガロの詳細写真

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ