天国のラウダとハントに思いを馳せながら……『ラッシュ/プライドと友情』を観る!!


 ニキ・ラウダといえば、3度のF1チャンピオンに輝いた伝説的なレーサー。

 晩年はメルセデスAMG F1をサポートし、現役のF1チャンピオンのルイス・ハミルトンとも深い絆で結ばれていた。

 そんなラウダの現役時代の名勝負を映画化したのが、『ラッシュ/プライドと友情』だ。ラウダ本人もアドバイザーとして参加して、レースシーンとドラマに厚みを持たせたこの名作をご紹介しよう。

文/渡辺麻紀、写真/ポニーキャニオン

【画像ギャラリー】本文未掲載の場面写真あり!! 不死鳥ニキ・ラウダとジェームズ・ハントの伝説


■伝説のドライバー、ラウダとハントの軌跡

ニキ・ラウダ(奥)とジェームズ・ハント(手前)。二人はF3時代からのライバルであり友人だった

 2019年、70歳で亡くなったニキ・ラウダ。確かな分析力を活かしたテクニックやレースに対するストイックな姿勢、さらには不屈の精神力で知られる最強のレーサーだ。

 今回は、そんなラウダと、彼のライバルだったイギリス人レーサー、ジェームズ・ハントの友情を描いた『ラッシュ/プライドと友情』(11)をご紹介したい。何といってもこの作品、ラウダ本人のお墨付きなのだ。

 監督は『ビューティフル・マインド』(01)でアカデミー賞を受賞しているロン・ハワード。脚本はエリザベス女王を描いた『クィーン』(06)で知られるピーター・モーガンという映画ファンなら嬉しくなるような組み合わせ。

 描かれるのは、ラウダとハントがF3からF1へと駆け上がり、ファンを震撼させたラウダの大事故、76年のドイツGPニュルブルリンクから、彼が奇跡の復活を遂げた6週間後のイタリアGP、そして最終戦の日本まで。

 それぞれのレースのみならず、ふたりの“人間”に迫ったドラマも濃厚で、公開当時は大きな話題となった。

 ハントを演じているのは『マイティ・ソー』シリーズのクリス・ヘムズワース、そしてニキ・ラウダには『グッバイ、レーニン!』(03)で注目されたドイツ人役者のダニエル・ブリュール。ふたりのなりきりっぷりが映画のリアリティに貢献している。

■ラウダ自身がアドバイザーとして参加

冷静沈着なラウダと豪放磊落なハント。正反対な2人が不思議な絆で結ばれていく

 このリアリティや人間ドラマを築いていく上で協力を惜しまなかったのがラウダ本人。

 モーガンはオーストリア人の奥さんを通じてラウダを知っていたことで、脚本を執筆する際、彼のアドバイスを受けることが出来たという。カーレースには詳しくなかったモーガンにとっては、まさに最強のアドバイザーである。

 そのモーガンが公開当時、ニキとのこんなやりとりを教えてくれた。

 「この物語を書くまでクルマやレースについては本当に無知だった。だから最初はレースシーンに『クルマのキーはどこだ?』なんてセリフを入れていて、ニキに「お前はバカか? F1マシンにキーなどない!」と叱られたくらいなんだ(笑)。

 そうやっていつもニキに脚本を読んでは訂正されるのを繰り返しながら20回は会ったと思う」。

 その甲斐あって、ラウダ本人も「とても正確に当時のことを再現してる」と太鼓判。

運命のドイツグランプリ。事故のシーンは息を飲むほどの緊張感だ

 とりわけ、事故からカムバックまでのエピソードの生々しさは凄まじく、サーキットで火だるまになったラウダと、彼を救い出そうとするガイ・エドワーズらレーサーたち。

 牧師を呼んでの臨終儀式の最中に「まだ生きている」と怒ったエピソード、目を背けたくなるような厳しく痛々しい治療の連続……それらを克明に綴っている。

 ラウダ本人も「病院シーンは客観的に見て、とても辛かった。私の人生のなかでもっとも強烈な思い出であることを、この映画で改めて確信したよ」というほどだ。

 また、本編でもハイライトになる最終戦の富士スピードウェイについては、こんな発言をしている。

 「あのときは凄い雨でドライビングどころじゃなかった。私は最初から1ラップだけやるつもりだった。そうすればスターティングマネーを受け取られるからだ。

 エンジニアに、エンジンが壊れたと言えばいいと提案されたときは、本当に肩の荷が下りた。エンジンをかけたと同時に“絶対、同じ間違いを犯すな”と自分自身にいい聞かせたんだ」。

次ページは : ■役作りでラウダとグランプリ観戦!?