タフな走りからファミリーユースまでこなすからこそ大事な座り心地!! シートで選ぶSUVベスト3


 スポーティなスタイリングに優れた快適性を兼ね備え、近年高い人気を誇るSUV。あまりの人気の高さによって、セダンやワゴンなど他のカテゴリーの売れ行きに影響するほどだ。

 モデルによっては3列シートを備え、多人数乗車にも対応するため、ミニバンの顧客さえも取り込んでいる。

 マツダは自社でのミニバンの製造をやめ、その代わりをSUVのCX-8が担っている。

 今回はそんなSUVの各シートの座り心地とシートアレンジ、そしてこれらの総合評価のベスト3を渡辺陽一郎氏に選んでもらった。ぜひSUV選びの参考にしていただきたい!

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】モデルによっては3列シートも!! 人気のSUVをシートで選ぶ!!


■前席の比較&ランキング

前席1位のレクサス RX。着座姿勢が良くなり視界も良好だ

 SUVはもともと悪路の走破が可能な4WD車として誕生したが、今は存在感の強い外観と、広い居住空間や荷室が大切な特徴になる。荷室に3列目のシートを備えたSUVもあり、その位置付けはステーションワゴンとミニバンの中間だ。SUVは外観のカッコ良さと、優れた実用性を両立させて人気を得た。

 そしてSUVには全高が1600~1800mmの車種が多いため、室内高にも余裕がある。頭上に十分なスペースがあり、床と座面の間隔も相応に確保されるから、座った時に腰が落ち込みにくい。快適な着座姿勢と開放感が得られる。

 まず前席は各車種ともていねいに造り込まれ、設計が比較的新しい上級SUVであれば、差が生じにくい。

 その上で比べると、前席の1位はレクサスRXだ。腰をしっかりと支えて、適度な柔軟性も併せ持つ。背もたれは腰を包む印象で、張り出し方を調節する電動ランバーサポートも装着した。

レクサス RXの前席は腰まわりとしっかりと支えてくれる。長時間のドライブでも疲れ知らずだ

 前席の2位はハリアーだ。柔軟性はそれほど強くないが、腰から大腿部に掛けて、体をしっかりと支える。サイズにも余裕があり、長距離を移動する時も快適だ。

 前席の3位はCX-8。座面の右前側の支え方がいまひとつで、左回りの旋回をする時は、もう少し右大腿部をしっかり支えて欲しいと感じる。それでも体重の加わる背もたれの下側と座面の後方はしっかりと造り込まれ、直進時の腰の支え方は良い。高速道路を長時間にわたり巡航する時も疲れにくいタイプだ。

■後席の比較&ランキング

CX-8の後席。余裕のあるシートサイズでゆったり座れる

 すべてのカテゴリーに当てはまる話だが、後席は車種によって快適性の差が大きい。前席はドライバーが正確な運転をできるように優先して開発され(狭くても広くても正確な運転は行えない)、残った部分が後席に割り当てられるからだ。そして前述の通り、SUVには荷室に3列目のシートを備えた車種もある。

 こういった点を考慮すると、後席の1位はCX-8だ。

 すべての車種に3列目シートを装着した。まず2列目の座り心地だが、シートのサイズに余裕があり、適度に柔軟で快適だ。身長170cmの大人4名が乗車した場合、2列目のスライド位置を後端に寄せると、膝先空間は握りコブシ2つ半になる。1列目の下側に足が収まることもあり、ゆったりと座れる。

 特に6人乗りの2列目は、ミニバンのキャプテンシートのようなセパレートタイプで、エクスクルーシブモードなら2列目の中央にもカップホルダーや充電用USBを備えたセンターコンソールが装着される。リムジン的な雰囲気も味わえる。

 CX-8の3列目に身長170cmの大人が座るには、2列目を前側にスライドさせて、膝先空間を握りコブシ1つ半まで詰める。そうすると3列目にも同等の膝先空間が割り当てられ、大人6名の乗車が可能だ。

 3列目はミニバンと違って床と座面の間隔が乏しく、膝の持ち上がる姿勢になる。従って1/2列目に比べて3列目の快適性は下がるが、片道1時間の距離であれば大人の多人数乗車も可能だ。CX-8の3列目は、SUVの中では最も快適に仕上げられている。

後席2位のホンダ CR-V。ほどよい柔軟性が快適だ

 後席の2位はCR-Vだ。1.5Lターボエンジン搭載車には、3列シート仕様も用意される。2列目の座り心地は着座姿勢が若干変わりやすいが、柔軟性が伴っておおむね快適だ。身長170cmの大人4名が乗車した時の膝先空間は、CX-8と同じく握りコブシ2つ半だから十分に広い。

 3列目にも身長170cmの大人が座るには、2列目を前側にスライドさせて膝先空間を握りコブシ1つ分まで詰める。1列目の下側に足が収まりやすいため、膝先が握りコブシ1つ分でも窮屈には感じない。

 この状態であれば、どうにか3列目に座れるだけの空間が確保される。3列目の膝先は握りコブシ半分程度で、頭部は天井に触れてしまう。それでも片道30分以内の移動なら、大人の多人数乗車も可能だ。

CR-V後席。前席の背もたれとの余裕もじゅうぶんだ

 後席の3位はレクサスRXになる。RX450hLには3列目シートも装着される。2列目の座り心地は若干硬めで、もう少し柔軟にすると良いが、腰の支え方はしっかりしている。足元空間の広さはCX-8やCR-Vと同等だ。

 レクサスRX450hLの3列目は完全な補助席で、2列目を前側にスライドさせても、かなり窮屈だ。大人が多人数で移動するとしても、片道15分程度までに限られる。

次ページは : ■荷室&シートアレンジの比較&ランキング

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ