トヨタ ランクル70周年!! なぜ売れ続ける?? 営業マン「試す」別格の存在感


 1951年、警察予備隊(現在の自衛隊)への納入を目的に開発されたトヨタBJ型ジープは、1954年にランドクルーザーへと改称され、今年でちょうど70年を迎える。

 ランドクルーザーは、流行りのSUVとは一線を画す存在。それにも関わらず、最新の販売台数(2021年2月)は登録車中22位の2715台。しかも前年比133.9%と昨年よりも販売を大幅に増やしている。

 流行に乗らずとも、ランクルが売れ続ける理由とはいったい何なのか。元トヨタディーラー営業マンの筆者が、ランクルの存在を紐解いていく。

文/佐々木亘 写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】本物は流行に左右されない 道無き道を走り続けるランドクルーザーの魅力


■時代に左右されず売れ続けるランクルの驚異

2020年はシリーズ累計2万6296台を販売したランドクルーザー。モデルチェンジから時間が経過しても、安定して売れ続けているのが特徴だ

 2020年の『乗用車ブランド通称名別順位』でSUVは、2位にライズ(12万6038台)、13位にハリアー(6万6067台)、15位にRAV4(5万4848台)、21位にC-HR(3万3676台)が入る。SUVカテゴリーの販売台数上位は、トヨタSUVが独占している状態だ。

 クルマの販売台数は、時代の流行を色濃く反映してきた。セダン、ワゴン、ミニバンと繋がり、現在はアーバンスタイルSUVが市場の中心にいる。トレンドのSUVとは毛色の違うランドクルーザーは、人気のSUVに押され、細々と生きながらえているのだろうか。

 ランドクルーザーの年間販売台数を遡ると、2020年は2万6296台を記録している。2019年には2万8475台、2018年は2万9416台、2017年は2万2576台と、波がなく安定しているのがわかる。時代に左右されずに安定して売れるのが、ランドクルーザーの特徴だ。

 モデルチェンジ期に、爆発的に売れるクルマよりも、長い間、一定の台数が売れ続けるクルマの方が、販売店にとってはありがたい。販売店にとってランドクルーザーは、販売台数を計算でき、高価格で販売できることから、安定した収益確保につながる存在だ。

 トヨタ販売店のなかでも、特にトヨタ店の屋台骨を支えてきたランドクルーザーの功績は大きい。流行りのSUVに負けることなく、ランドクルーザーは、常にトヨタの中心にいるクルマだろう。

■走りを極限まで磨き上げ、築き上げられたランクルブランド

それまでの40系に代わって1984年に登場した70系。日本でも再販されたが、「必ず帰ってこられるクルマ」として、世界で絶大な信頼を得ている

 ランドクルーザーは、世界約170の国や地域で販売されており、グローバル販売台数は1001万台を超える。世界中で愛され、確固たる地位を築いてきた。

 ランドクルーザーのコンセプトは70年間変わらない。快適性や上質感を目玉にした高級SUVとは違い、クルマの基本性能である「走り」を、極限まで磨き上げている。

 砂漠や沼地、岩場などのいかなる路面状況でも、確実に走破でき、故障しない安心感は、世界一だろう。移動手段がクルマに限られ、広大な砂漠地帯が広がる、中東やオーストラリアの中央部では、特に欠かせない存在である。

 陸の王者ともいわれるランドクルーザーは、時代とともに洗練され、プレミアムSUVとしての側面も備わった。しかし、人と荷物を乗せ、安全に目的地まで行き、無事に帰ってくることができるという、ブランドコンセプトを変えずに、世界の最前線で戦い続けているのだ。

次ページは : ■ランドクルーザーは営業マンの能力を試すクルマ