2021年は開幕戦から目が離せない! 日本最大のレースイベント スーパーGTいよいよ開幕!

2021年は開幕戦から目が離せない! 日本最大のレースイベント スーパーGTいよいよ開幕!

 近年、モータースポーツの人気が日本では低い。いや低いというレベルを通り越して、もはやマニアックな層しか知らないなんて空気感もあるほど。

 そもそものクルマ離れもあるわけで、サーキットで300km/hに迫るスピードで走っているマシンに興奮する層が少ないのも理解できる。

 しかーし!! 自動車媒体としてはモータースポーツはれっきとした文化であり、最先端技術が求められる技術革新の場として伝えていく責務もある。

 今回は幼少期からのモータースポーツ好きが高じて、モータースポーツジャーナリストになった吉田知弘氏にスーパーGTの魅力をまとめてもらった。

文/吉田知弘、写真/塩川雅人(ベストカー)

【画像ギャラリー】生で、映像で、ベストカーで!! 日本最大のモータースポーツイベント「スーパーGT」を楽しむ!!


■F1王者も”挑んだ”ニッポンのモータースポーツ

スープラなど日本を代表するスポーツカーがサーキットで戦う

 国内で最も人気を誇るモータースポーツとして、今もファンが増え続けているスーパーGT。近年ではジェンソン・バトンをはじめ海外から有名なドライバーが参戦することもあり、今は日本のみならず世界中から注目を集めるツーリングカーレースとなっている。

 2020年は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、スケジュールが大幅に変更され、異例の7月開幕に。さらに長距離移動による関係者の感染リスク低減のため、開催場所を富士スピードウェイ、鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎの3ヶ所に限定するという、まさに“変則的なシーズン”となった。

 しかし、関係者らの尽力もあり2021年は岡山国際サーキット、スポーツランドSUGO、オートポリスの3会場が復活。全国各地でスーパーGTのアツい戦いが再び観られることとなった。

GT-Rももちろん参戦。GT500クラスでも日産応援団の声援はひときわ大きい、気がする

 スーパーGTの最大の特徴といえば、異なるふたつのクラスが混走して、それぞれのレースを争うこと。それが、時には波乱が起き、勝敗を分ける重要な局面を生み出す瞬間もある。昨年も両クラスとも最終戦のレース終盤まで激しい年間王者争いが繰り広げられたのだが、今年はさらに激戦のシーズンとなりそうだ。

 ホンダ、トヨタ、日産の3社がしのぎを削るGT500クラス。昨年は最終戦の段階で全15台中10台にチャンピオン獲得の可能性があり、最終的にゴール手前500mで決着がつくという劇的な幕切れとなり、100号車RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)がチャンピオンを獲得した。

 2020年からの規定変更に伴い、それに準拠するためホンダはNSX-GTをFR化を決断。最初はマシンの熟成に遅れ、陣営内からは苦戦を予想する声も聞こえていたが、後半戦に入るとセッティングも煮詰まってきた様子で、最終的にライバルも恐れるようなパフォーマンスを身につけた。

■実力均衡の2021年は開幕戦でやっと戦力がわかる!?

昨年王者の1号車NSX。ドライバーのひとり、山本尚貴はテレビ東京アナウンサー狩野恵里さんの夫としても有名なホンダのエース

 そこから約3ヶ月の2021年3月に始まったシーズン前の公式合同テスト。3月6日~7日には岡山国際サーキット、3月27日~28日には富士スピードウェイでそれぞれテストが行われた。

 岡山ではホンダが速さを見せた一方で、富士ではトヨタと日産が上位につけるという結果になったが、テストでは本番に備えて様々なことを試すため、ここでの結果はあくまで参考にしかならない。

 ただ、関係者の間で聞こえてくる話を総合すると、開幕戦の岡山は“3メーカーとも横一線”という状況のようだ。例年なら、どこかのメーカーが有利になりそうという話もあるが、昨年のチャンピオン争いを見ても分かる通り、2020年に導入されたマシンはメーカーごとの差が少なく、接戦になる傾向だった。

 その流れは基本的に2021年も同じ様子。各社とも新しいマシンの熟成が進んできているため、その差はさらに縮まっているようだ。

 39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supraのヘイキ・コバライネンは「今年はリスクを承知の上で攻め込んでいかない場面も出てくるかもしれない。それだけ競り勝つのが大変なくらいの接戦になると思う」と予想。

GT300クラスではひと足お先に新型BRZが走り始めている

 また昨年王者の1号車STANLEY NSX-GTの山本尚貴は

 「NSX-GTが得意としているところとライバルが得意としているところが違います。特にストレートではGRスープラ勢が速いなという印象でした。僕たちは開幕戦の舞台となる岡山の方が部がありそうなので、そこでしっかりとポイントを稼いでいきたいですね」と語っていた。

 これまでにないほどの接戦が予想されるGT500クラス。誰が最終的に栄冠を勝ち取るのか……まずは開幕戦の行方から目が離せない。

 一方、GT3車両や国産のJAF-GT車両など多種多彩なマシンが出揃うGT300クラス。テストでは昨年王者の56号車リアライズ日産自動車大学校GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が安定した速さをみせており、今年も日産勢が有利という噂がもっぱらだ。

56号車は日産自動車大学校の学生をスタッフとしてサーキットに迎え、現地で学びを得る画期的なプログラムも実施。昨年はクラス王者に輝いた

 しかし、今年のテストで際立った動きを見せていたのが、昨年あと一歩のところで王座を逃した65号車LEON PYRAMID AMG(蒲生尚弥/菅波冬悟)だ。

 岡山、富士の両テストとも安定して上位にいたほか、例年とは異なり、菅波に様々なテストを担当させる機会を増やしており、チーム全体でさらなるレベルアップを図っていた。おそらく56号車の最大のライバルとして、立ちはだかることになるだろう。

 その他にも、ここでは挙げきれないくらいの有力チームやマシンが揃っているGT300クラス。花形のGT500クラスに負けないくらいのバトルに期待だ。

【画像ギャラリー】生で、映像で、ベストカーで!! 日本最大のモータースポーツイベント「スーパーGT」を楽しむ!!