開幕戦はスープラが圧勝 スーパーGTはコロナ禍でどう揺れ動いたのか


 コロナ禍により世界中のいろいろなイベントが大きな影響を受けてきた。それはモータースポーツも例外ではなく、日本で最も人気があり集客力を誇るスーパーGTも開幕戦の延期を余儀なくされていた。

 そのモータースポーツも世界的に復活してきていて、2020年7月3~5日にF1が開催されたのに続き、日本のスーパーGTは2020年7月18~19日にめでたく開幕することができた。

 今季のスーパーGTは、DTM(ドイツツーリングカー選手権)と共通のクラス1規定の導入、トヨタ勢は新型マシンであるスープラを投入、NSXはミドシップからFRに変更されるなど話題豊富。

 紆余曲折を経て開幕したスーパーGTはコロナ禍でどう揺れ動いたのか、ニューマシンのスープラ、新生NSXのポテンシャルなどについてモータースポーツジャーナリストの高橋二朗氏が考察する。

文:高橋二朗/写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA

【画像ギャラリー】祝スーパーGT開幕!! トヨタ、日産、ホンダのGT500マシンをすべて開幕戦の結果順に見せます!!


スーパーGTは約3カ月遅れで開幕

2020年のスーパーGTは4月11~12日に岡山国際サーキットで開催予定だったが、緊急事態宣言などもあり、約3カ月遅れて富士スピードウェイで開催

 2020年のスーパーGTは当初4月11~12日に岡山国際サーキットで開幕する予定となっていた。世界中で感染が拡大する中、例年通り開幕戦の地、岡山で3月14~15日に無観客でテストを行いつつ、開幕戦の開催についていろいろ模索されてきた。

 しかしテストから3日後、緊急事態宣言が発令(4月7日)される前の3月18日にスーパーGTをプロモートするGTアソシエイション(以下GTA)と岡山国際サーキットが協議した結果、開幕戦を延期すると発表。

 感染拡大防止のため、イベントが開催できなくなったが、スーパーGTの場合、たとえ無観客で開催したとしても、かなりの人数がピット、パドックエリアに集まることになる。

2020年の開幕戦富士がGRスープラのデビュー戦。コロナ禍にもめげず開発は順調で、満を持して開幕戦に6台が投入された

 具体的に見ると、現在参戦している48チームのドライバーだけで100人、仮に1チームのスタッフを20人とすると1000人、それに自動車メーカー、タイヤメーカーなどを入れると1500~1700人程度となる。

 この数字はかなり少なく見積もったものだが、3密防止が叫ばれるなか、この大規模人数が一同に集まることを考えなければいけない。

開幕前の富士のテストでも新型コロナの感染拡大防止策がいろいろ取り入れられていたが、開幕戦ではさらに徹底され、考えうるものはすべてやっていた

開幕4戦は無観客での開催

 また、開催サーキットについては、移動をどうするかという問題もある。

 7月18~19日の開幕戦に富士スピードウェイが選ばれたのは、チーム関係者が移動することでかかる迷惑のレベルが最も低いのが富士だったという点もある。

 開幕戦は遅れての開催となったが、当初の予定通り8戦の開催を予定し、富士のほかに鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎで開催されることになった。

チームはサーキット入りできる人数が16人に制限されていたため、かなり人手不足感はあった。当然レースクィーンもいない

 これは公共交通機関を使わなくても比較的移動しやすいという理由のほか、無観客でも主催者のサーキットが耐えられるという意味が大きい。

 現在、GTAは開幕から4戦は無観客で開催することを決めていて、プロ野球、Jリーグが観客を入れるようになっているように、感染状況などを考慮して、観客を動員するかどうか決めるという。

 当然、サーキットにとって入場料収入は大きなもので、それがないまま開催を続けることは、サーキットサイドにとっては大きな痛手になる。

 自動車メーカーがバックについている富士スピードウェイ(トヨタ)、鈴鹿サーキット&ツインリンクもてぎ(ホンダ)以外は開催が難しい、というのが実情だと思われる。

岡山国際、SUGO、オートポリス、タイ、マレーシアの5戦が中止となり、富士、鈴鹿、もてぎが代替開催し当初の予定の8戦をカバーする

次ページは : レース開催にあたっての具体策