燃費を気にして運転すると年間いくら得するのか?


 「燃費」はクルマを選ぶ際に重視されるポイントのひとつであり、ある調査では「価格」の次に「燃費」を重視する、という結果もでているほど。

 しかし、カタログに記載されている「WLTCモード燃費」というのは、「ある決められたパターンに従って走行したときの燃費」であり、あまり燃費を気にかけないで運転していると、なかなか達成することは難しい数値です。クルマの燃費性能も重要ですが、ドライバーによる燃費走行も重要なのです。

 では、燃費を気にせずに運転した場合と、あまり気にせずに運転した場合とでは、どのくらい燃料代に差が出てくるのでしょうか。今回は、燃費のいいクルマとよくないクルマそれぞれで、年間10,000km走行する場合の燃料代を比較してみました。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、LEXUS

【画像ギャラリー】こんなにも違う!! めちゃくちゃ燃費いいクルマと、極悪燃費のクルマをギャラリーでチェック!!


「到達不可能」とされていた燃費水準に

 近年は、多くのクルマが、優れた燃費性能をもっていますが、悪燃費なクルマもなかにはあります。例えば、レクサスLX570は6.6km/L、ランドクルーザー6.7km/L、そしてR35 型GT-R 7.8km/Lなど。これらは燃費よりもパフォーマンスを優先しているため、このような数値となっています(※すべてWLTCモード燃費の複合値)。

 一方で、ヤリスハイブリッド 36.0km/L、ヤリスクロスハイブリッド 30.8km/L、ノートe-POWER 29.4km/Lなど、ひと昔前では「到達不可能」だと考えられていた燃費水準に到達しているクルマも続々と登場しています。

ヤリスハイブリッド は、WLTCモード燃費が36.0km/Lと、驚異的なレベルだ

 今回は、R35 型GT-Rとノートe-POWERをピックアップしました。GT-Rはハイオク燃料、ノートはレギュラー燃料で計算し、燃費に気を付けた状態≒WLTCモード燃費総合値での走行、燃費を気にせずに走行した場合≒WLTCモード燃費の「0.8掛け」と仮定します。

 かつての基準であるJC08モード燃費では実燃費との乖離が大きく、実燃費はモード燃費の「0.7~0.8掛け」とされていましたが、より厳しい条件となったWLTCモードだと「0.9掛け」が実燃費に近い、というのが筆者の体験値です。しかし今回は、その数字よりもやや厳しめにするために「0.8掛け」としました。

 そして、それらから導き出した結果が以下の表です。

燃費のいいクルマとよくないクルマで、年間10,000km走行する場合の燃料代を比較した

GT-Rでは約5万円の差が

 GT-Rの低燃費運転での年間燃料代は約19.2万円、燃費を気にしないと約24万円、その差は約4.8万円にもなります。

 GT-Rに関しては、クルマの特性から、思わず踏み込みたくなる衝動に駆られることもあるかと思いますし、燃費走行とは対照的な走り方をする、サーキットでの走行会の機会があることも考えられます。

E13型ノートe-POWERのWLTCモード燃費は29.5km/Lにもなる 

 GT-Rは加えて、車のローンや任意保険代、メンテナンス代など、他にもお金がかかりやすいクルマです。

 この結果を見て、「やっぱりGT-Rは維持費が高い」と二の足を踏むか、「この程度でGT-Rに乗れるなら頑張る!!」と思うかは人それぞれではありますが、クルマ好きの方であれば、クルマ本来が持っている「ドライブすることの楽しみ」のためにガソリンを使うのも、素敵なカーライフを過ごすためのひとつの答えだと思います。

燃費よりもパフォーマンスを優先しているGT-Rでは、WLTCモード燃費は7.8km/L

 また、GT-Rほどの高額車の場合、できるだけ価値を落としたくないもの。燃料代がかかることもそうですが、クルマは、一般的に走れば走るほど価値は下がっていくもので、過走行車ともなってしまうと、下取り時の査定額に大きく響いてしまいます。

スポーツカーのような非日常感なクルマを所有すると、日々の生活にメリハリがつく

 こういったクルマを所有している方は、駐車場代が安く済ませられるならば、普段の足として、維持費の安いセカンドカーを使用する、という方法がいいかも知れません。

いよいよ登場する新型GR86と新型BRZ 普段は燃費走行を気にしつつも、おもいっきり楽しむチートデイがあっても良いと思う

次ページは : ノートでは1万円しか変わらない

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ