買うと泥沼にハマる フェラーリとポルシェ 待ち受ける悪夢のシナリオとは?

買うと泥沼にハマる フェラーリとポルシェ 待ち受ける悪夢のシナリオとは?

 ここ7、8年ほど前からフェラーリと空冷ポルシェの中古車価格が高騰している。「あ~、もう手が出せない、昔はあんなに安かったのに……」と、昔の3~5倍以上の価格を見て溜息をつく今日この頃。

 どうしても欲しいと思う人のなかには、安いモデルはないかと、中古車検索サイトを暇さえあれば探しているという人も多いのではないだろうか。

 しかし、安いのにはワケがある。価格は安いが買ったら最後、故障頻発、メンテナンス費用、維持費と出費の連発で、泥沼にハマってしまう例も少なくない。

 そんなことにならないための助っ人、輸入中古車記者生活25年の伊達軍曹に登場いただいて、泥沼にハマらないためのフェラーリ&ポルシェの購入術を伝授してもらおう。

文/伊達軍曹
写真/フェラーリ ポルシェ

【画像ギャラリー】「要注意!!」なフェラーリとポルシェを画像でチェック!


■安い出物にはそれなりのワケがある

フェラーリのFRモデルは大きく値下がりするという。写真はV12を搭載するフェラーリ575M。F1マチック搭載車には手を出さないほうがいいという
フェラーリのFRモデルは大きく値下がりするという。写真はV12を搭載するフェラーリ575M。F1マチック搭載車には手を出さないほうがいいという

 筆者の場合は「輸入車専門の中古車記者生活」もかれこれ25年となるため、もはや中古の輸入車を買って泥沼にハマることは(ほぼ)絶対にない。

 車種ごとの適正相場をおおむね把握しており、そして「平均価格よりあまりにも安いモノ」にはたいていの場合、よろしくない何かが付いて回ることをよく知っているからだ。

 しかし知識や経験が特に豊富ではない分野、例えば「中古戸建て住宅」などにおいては、爆安な値段につられて粗悪な物件を購入してしまい、入居後に「床が斜めっている」「雨漏りがひどい」「地縛霊が出る」などといった泥沼にハマることも大いに考えられる。

 ここでは、そんな筆者が25年にわたる輸入車専門中古車記者生活を通じて得た知見をベースに、「買うと泥沼にハマるフェラーリ&ポルシェ」の一覧を記したいと思う。

 中古のカローラで泥沼にハマったところで被害額などたかが知れているが、車両も部品も高いフェラーリ&ポルシェの場合はそうもいかない。

 経済的な破滅を避けるためにも、「買ってはいけないフェラーリ&ポルシェ」にまつわる以下の参考情報をあらかじめ把握しておいていただきたいと、切に願うのである。

次ページは : ■泥沼にハマるフェラーリはコレ!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します