人気で負けても実力なら負けてない!? 2番手グルマの評価 4選


 好調に売れている車種には、多くのユーザーが購入して使っている実績がある。従って基本的に優れた商品と判断できる。

 ただし、売れ行きの少ない車種が、機能や価格の割安感でも劣るとは決められない。優れた商品でありながら、販売力が低いために、売れ行きが乏しいこともあるからだ。そこで人気のカテゴリーについて、販売の1位と2位を比べたい。

本文中の販売台数は、いずれも2020年1-12月の累計

文/渡辺陽一郎 写真/編集部、HONDA、SUBARU

【画像ギャラリー】本稿で紹介した2番手は何位?? 2021年3月販売台数TOP10+α


王者ヤリスに対する2番手フィットの評価は?

ヤリスと同時期にデビューしたフィット。最新の2021年3月販売台数では、フィットが、9231台、一方のヤリスの販売台数は28466台

・1位:トヨタ ヤリス/10万4660台(ヤリスクロスを除く)
・2位:ホンダ フィット/9万8210台

 コンパクトカーでは、1位はヤリスで2位はフィットだ。機能的にはフィットに優れた点が多い。前後左右ともに視界が良く、斜め後方が見にくいヤリスに比べて運転しやすい。

 車内もフィットが広い。身長170cmの大人4名が乗車した時、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ半に達する。これはミドルサイズセダン並みの余裕だ。ヤリスは握りコブシ1つ少々だから、フィットに比べて窮屈に感じる。

 フィットは燃料タンクを前席の下に搭載したから荷室も広い。後席の座面を持ち上げると、車内の中央に背の高い荷物を積むことも可能だ。

 乗り心地もフィットが少し快適で、装備が同等のグレード同士で比べると、価格も少し割安に抑えている。

 一方、ヤリスも魅力的で販売もコンパクトカーの1位だが、幅広い機能をチェックするとフィットの優位点が多い。

 それなのにフィットが1位になれない理由として、商品については外観のデザインが挙げられる。フロントマスクは個性的で好みが分かれる。内装では2本スポークのステアリングホイールも同様だ。

 販売面では店舗数が異なる。今のトヨタ車は全店が扱うから、ヤリスは全国の約4600店舗で購入できる。その点でホンダは約2150店舗だ。販売網は半分に留まる。

 さらにホンダではN-BOXの売れ行きが絶好調で、国内の最多販売車種になっている。国内で売られるホンダ車の30%以上をN-BOXが占める。そうなるとフィットからN-BOXに乗り替えるユーザーも増えるので、売れ行きが伸び悩む。

 N-BOXに偏った売れ方は、フィットに限らず、ほかのホンダ車を売る時の妨げになっている。ホンダにとって今後解決すべき重要な課題だ。

王者ルーミーに対するソリオの評価は?

2020年11月にデビューした現行型ソリオ。最新の2021年3月販売台数では、ソリオが6089台、一方のルーミーの販売台数は16504台

・1位:トヨタ ルーミー/12万2833台(生産を終えたタンクを含む)
・2位:スズキ ソリオ/4万342台

 売れ行きはルーミー(2020年9月のマイナーチェンジで廃止された姉妹車のタンクを含む)の圧勝だ。2020年にはソリオの約3倍が登録された。現行ソリオは2020年11月の登場だから、実質的に先代型だが、それにしても販売格差は大きい。

 ただし商品力を比べると、ソリオが先代型の時点でも、ルーミーに勝るところが多かった。両車とも車内は広いが、後席の座り心地は、先代型、現行型ともにソリオが柔軟で快適だ。

 ルーミーは体がシートに沈みにくく、床と座面の間隔も足りないから、足を前方に投げ出す座り方になってしまう。

 走行性能では、ソリオは直列4気筒1.2Lエンジンを搭載してボディも軽いから、パワフルではないが不満も感じない。ルーミーは直列3気筒1Lだが、車両重量はソリオよりも重く1トンを超える。

 ルーミーは登坂路でパワー不足に陥りやすく、3気筒特有のノイズも大きい。パワー不足を補うためにターボも設定したが、これも実用回転域でノイズが拡大する。走行安定性と乗り心地もソリオが優れている。

 このようにルーミーの商品力がソリオを下まわった理由は、大急ぎで開発したからだ。2014年には軽自動車の販売が急増して、新車販売台数の41%を占めた。

 小型車から軽自動車への乗り替えも急速に進み、小型/普通車を中心に扱うトヨタとしては、軽自動車で絶好調に売られるスーパーハイトワゴンのライバル車を用意しようと考えた。そこで約2年間で開発されたのがルーミーであった。

 当時はDNGAの新しいプラットフォームは開発途上で、従来のパッソ&ブーンと共通化した。ただしルーミーの車両重量はパッソ&ブーンよりも200kg近く重く、走行安定性と乗り心地で無理が生じた。エンジンも共通ではパワー不足になった。

 それでもルーミーはユーザーニーズを細かく分析して、収納設備を充実させた。後席を畳んで自転車を積むユーザーが多いので、荷室の床を反転させると、汚れを落としやすいシートが貼られている。このように優れた使い勝手とトヨタの強力な販売網により、ルーミーは好調に売れている。

次ページは : 王者アルファードに対するオデッセイの評価は?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ