激安で高性能!! スイフトスポーツはなぜあんなに安い価格で作れるのか


 運転していると楽しくて、日常の使い勝手もよく、車両価格もお手頃。スイフトスポーツの「いいところ」を挙げると、この一行に集約される。

 何度も「スイフトスポーツは安くて楽しい!」と言い続けている当サイト、ややしつこくて恐縮だけど、大好きだから仕方ない。今回もそんな企画です。どうしてこんなに安くできるのか。スズキは何か裏技を使ってるんじゃないか。そんな観点からスイフトスポーツを分析してみました。

文/諸星陽一 写真/池之平昌信、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】「走る・曲がる・止まる」を最大限まで追求したスイフトスポーツの画像はコチラ


■単純に「安い」わけではないが..安く感じる..⁉

 まず最初に考えたいのは、スイフトスポーツが安いのか? それともほかのクルマが高いのか? ということです。

 スイフトスポーツのなかでもっともリーズナブルなモデルは、受注生産のスズキ セーフティ サポート非装着車の6MTで187万4400円、もっとも高価なモデルの全方位モニター用カメラパッケージ装着車の6ATでも214万1700円です。

 単純に価格だけを見ればヤリスならもっとリーズナブルなモデルはありますし、アクアならばハイブリッドで180万円強です。

激安で高性能!! スイフトスポーツはなぜあんなに安い価格で作れるのか
スイフトスポーツ主要諸元

 しかし、忘れちゃいけないのがこのクルマがスイフト“スポーツ”だということ。スイフトに目を向けてみるともっともリーズナブルなモデルが受注生産のXGのスズキ セーフティ サポート非装着車の6MTで137万7200円です。

激安で高性能!! スイフトスポーツはなぜあんなに安い価格で作れるのか
スイフト(標準仕様)とスイフトスポーツ

 しかしハイブリッドSZの2WD・5AGS全方位モニター用カメラパッケージ装着車は214万600円でスイフトスポーツの全方位モニター用カメラパッケージ装着車と900円しか違いません。

 こうして見ると、スイフトスポーツは単純に「安い」とは言い切れないクルマとも言えます。しかし、安いと感じてしまう。その仕組みはどこにあるのでしょう。

■スイフトのようでスイフトではない特別なクルマ

 まずは、スイフトとスイフト“スポーツ”という関係性に注目します。

 スイフトスポーツはスイフトのようでスイフトではない、特別なクルマとして位置づけられているということです。

 ヤリスと“GR”ヤリスやマーチとマーチ“ニスモ”などと同じような関係性です。もちろん名前だけでは消費者は納得しません。搭載されるエンジンもスイフトが1.2Lのピュアエンジンと1.2L+モーターのハイブリッドであるのに対し、スイフトスポーツは1.4Lターボエンジンを搭載します。

激安で高性能!! スイフトスポーツはなぜあんなに安い価格で作れるのか
スイフトスポーツ 1.4Lターボエンジン

 軽自動車だと当たり前に採用されているターボエンジンですが、国産コンパクトへの採用は少なく、採用されていても比較的高価なモデルに限られます。

 実際、軽自動車を除いて2L以下のターボエンジン車を手に入れようと思うと、GRヤリス(1.6L)で約400万円、カローラスポーツ(1.2L)で約200万円、デミオ(1.5L)で約200万円(ただしディーゼル)といった具合です。

 スイフトスポーツの187万4400円はやはり安く感じます。ルーミーやトール、ロッキーやライズには1Lのターボがあり200万円を切る価格設定ですが、ハイトワゴンやSUVはスイフトスポーツとは競合しにくいモデルです。

 もし私がいま20代で「クルマを買いたい、コンパクトでスポーティなモデルがいい」となって、ネット検索して該当する車種をリストアップして並べたら、スイフトスポーツがもっともリーズナブルなモデルとなります。

 つまりスイフトスポーツは単純にリーズナブルなのではなく、内容を考えたうえで十分にリーズナブルなモデルであるということが大きいのです。

次ページは : ■価格競争を大切にする「質実剛健」なスズキ

最新号

ベストカー最新号

SUVブームの新たな主役の最新情報捕捉!! ベストカー11月26日号

 本来なら東京モーターショー2021が開催されていたはずのこの時期、クルマ好きにとってはちょっと物足…

カタログ