毎月1万台以上売れて快進撃が止まらない!! アルファードの勝因と新型の行方


 トヨタの最上級ミニバンである「アルファード」の快進撃が続いています。

 今年1~2月の登録台数は2カ月合わせてなんと2万118台で、前年同期実績は193.7%と、大幅増加。月販平均1万台以上売れており、登録車銘柄別ランキングでは2月単月で3位、まさにバカ売れ状態といえます。

 現行モデルの登場が2015年1月25日であり、6年以上が経過している古いモデルでこの売れっぷりは、異例中の異例です。

 このアルファードの快進撃の主な要因は何か。販売現場に詳しい遠藤徹氏に、アルファードの勝因と、この先どれくらい続く見込みがあるか、そしてなにより気になる次期アルファードの情報などを踏まえて取材していただきました!!

文/遠藤徹 写真/ベストカー編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】トヨタが誇る大型高級ミニバン「アルファード」を画像でチェック


■アルファード快進撃のきっかけはマイナーチェンジ

 アルファードが快進撃を続けているのは、それなりの要因がある。まず現行モデルの発売以来、アルファードの人気は高かった。

 上級ミニバンらしい押し出しの強いフロントマスクを中心としたデザイン、質感の良さ、2.5LガソリンNA&ハイブリッド、3.5LガソリンNAエンジン搭載による走りのポテンシャルの高さなどが好評で、幅広い支持を集めていた。

 ただ当初は兄弟車のヴェルファイアの方が販売台数は多く、そのぶんアルファードは後塵を拝していた。

 ところが2019年12月18日に両兄弟車ともマイナーチェンジ。その時点でアルファードのフロントマスクの顔立ちが強烈な押し出し感をもつものに変更されたのに対して、ヴェルファイアはおとなしめのデザインの採用となった。これは従来までのキャラクター付けとは逆の外観であった。

毎月1万台以上売れて快進撃が止まらない!! アルファードの勝因と新型の行方
2019年12月18日両車マイナーチェンジを行い、これまでとは逆の外観に

 このときからアルファードの販売台数が急速に伸びはじめ、ヴェルファイアを抜いた。

 これに追い打ちをかけたのは2020年5月からスタートしたトヨタ全系列店のトヨタ全車の併売態勢への切り替えである。

 アルファード、ヴェルファイアとも全系列店で扱うわけだが、各営業マンは人気が高く、リセールバリューの高いアルファードを優先してユーザーに勧めるようになり、両モデルの格差が余計に開くことになった。

■今後アルファード1本化に伴う販売格差の拡大が予想される

 今年1~2月のヴェルファイアの登録台数は2カ月合計で1999台で、前年同期比は46.2%減と半減した。2月時点での登録車銘柄別の販売ランキングは45位と大きく後退している。

 今後はさらに両モデルの格差が開きそうな状況が予想される。

 アルファード/ヴェルファイアはともに2021年4月28日に一部改良を予定しているが、この際に両モデルのラインアップが大幅に再編される。今回の変更はヘッドランプの法規対応の実施に伴うものである。安全対策強化のためにオートライト装備(ヘッドランプを夕暮れ時に自動的に点灯、つけ忘れによる事故防止を強化する)というもの。

 これに合わせた両モデルのラインアップ再編は販売不振のボディカラーである「ラグジュアリイホワイトパール」の廃止、ヴェルファイアは特別仕様車の「Zゴールデンアイス」のみを残し、あとのカタログモデルをすべて廃止する、というものである。

毎月1万台以上売れて快進撃が止まらない!! アルファードの勝因と新型の行方
ヴェルファイア Z“GOLDEN EYES”ガソリン・2WD
毎月1万台以上売れて快進撃が止まらない!! アルファードの勝因と新型の行方
ヴェルファイアZ“GOLDEN EYES”インパネ

 この施策により、さらにアルファードの販売は伸びる見込みで、次期型は「ヴェルファイアを廃止してアルファードに1本化する」という見通しが濃厚になる。

次ページは : ■一部改良版が4/28発売、生産開始は5/10

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ