専用タイヤじゃなきゃいけないの!? 普通とは違うの!? SUVのタイヤ選びで気を付けたいポイント


 世界的に人気となっているSUVだが、日本でも例にもれずSUVが市場を席巻している。

 それだけ乗っている人が多いSUVだが、車体についてはさまざまな媒体で語られているので詳しくても、ことタイヤとなると、イマイチわからないという人が多いのではないだろうか……。

 市場では、セダンやステーションワゴン、ハッチバック用など背が低い用のタイヤもあれば、SUV用と銘打った製品も販売されている。気になるのは、SUV専用の製品もあるが、その同じシリーズに背の低いクルマもSUVも装着できる製品がラインナップされているケースがあることだ。どっちがいいのか? とりあえずSUV用って言ってるし、そっちを買うか……と選んでいる人もいると思う。

 そこで今回は、SUVのよさを活かすためのタイヤ選びをする際に気を付けたいポイントを解説していきたい。

文/斎藤聡
写真/編集部

【画像ギャラリー】トラブルを未然に防ぐタイヤの点検方法を写真でチェック!!


■SUVってなに? オフロードタイヤってどんなタイヤ?

 SUVはスポーツ・ユーティリティ・ビークルの略で、スポーツ多目的車と訳されることもあります。いきなり話が脇道にそれますが、スポーツ・ユーティリティ・ビークルのスポーツは運動ではなく突然変異といった意味合いもあり、ユーティリティスペースに特化したクルマと訳すことができます。

 荷物をたくさん積み込んで、野を越え山を越えて冒険するためのクルマ、そんな用途に作られたクルマがSUVの始まりだったのだろうと思われます。

 SUVの呼び名と形が広く定着したのはジープ『チェロキー』あたりからではないでしょうか。それまで4×4といえばジープに代表されるヘビーデューティなものでしたが、次第に快適性が求められるようになり、自然発生的にピックアップトラックにキャノピーを付けたタイプや、モノコックボディをベースにした快適性重視のタイプなど、さまざまな形が登場してきました。

 何度目のブームになるのでしょうか、今やSUVは世界的に人気のカテゴリーで、もはや一言で定義付けできないくらい複雑多彩に進化しています。それだけに装着するタイヤも各メーカーからSUV用と称してさまざまなタイプが発売されています。

「SUV」と一口に言ってもシティ派タイプからクロカンタイプまでいろいろあって、どんなタイヤを選べばいいのか悩むところ

 SUV用タイヤの特徴はオフロード走行を想定しているためタイヤのサイド部(サイドウオール部)を強化していたり、補強を入れたりしているところです。ラジアルタイヤは構造上サイドウォールが薄く、ダメージに弱いのがウィークポイントなんです。サイドカットなどといわれますが、とがった石などでサイドウォールを強くこすると裂けてバーストしてしまうことがあります。オフロード用タイヤはサイドカットによるバーストが起きにくいように補強を入れています。

 オフロードタイヤは大きくM/T、A/T、H/Tの3つのタイプに分けることができます。M/Tは最もスパルタンで、ブロックがゴツく大きく、泥濘地や岩場(用途によってトレッドデザインも変わります)走行を可能にするタイヤです。このカテゴリーは、オンロードタイヤになぞらえるとサーキット走行会用のタイヤといった感じで、タフなデザインは魅力的だったりしますが、その分ニアックなタイヤになります。

 A/Tはオフロードからオンロードまでカバーするオールマイティなタイヤです。M/Tを連想させるようなスパルタンなトレッドデザインのものから、オンロードに軸足を置いたデザインのものまでたくさんあります。

■代表的なSUV用タイヤの銘柄

 昔からの定番といわれているのがBFグッドリッチの「オールテレーンT/A KO2」でしょう。いかついオフロードの匂いをぷんぷんさせながら、じつはオンロードでのロードノイズは意外に少なめで、乗り心地も(案外)良好です。

 このタイプは最近増えていて、トーヨータイヤだと「オープンカントリーR/T」があります。M/TとA/Tの中間の設定です。ヨコハマでも「ジオランダーX-AT」というマッシブなデザインのタイヤが用意されています。このほか、意外にオフロードタイヤのラインナップが豊富なのがミシュランです。「ラティチュード・クロス」はM/T寄りのA/TにカテゴライズされるタフなSUV用タイヤです。

 これらのタイヤはオフロード色の強いSUVや本格クロスカントリー4×4向けのタイヤですが、オンロードでの実用性も考慮されているので、ドレスアップアイテムとしての使い方も十分できます。

オフロード走行といえば、砂利や泥の林道やサファリラリーのようなでこぼこな悪路をイメージしてしまう

 SUVがどんどんオンロード指向になっているため、選ばれるタイヤもH/Tやそれに属するタイヤが増えています。

 その最たる例がハイパフォーマンスSUV用のタイヤでしょう。これはたくさんの輸入メーカーから発売されていて、ミシュランの「パイロット・スポーツ4 SUV」、コンチネンタルの「コンチ・スポーツ・コンタクト5P SUV」、グッドイヤーの「イーグルF1アシンメトリック3 SUV」、ピレリ「スコーピオンZEROアシンメトリコ」などが挙げられます。特に欧州のインフレ気味のパワー競争に陥ったウルトラハイパフォーマンスSUV用のタイヤというわけです。

 このほかオンロードでの快適性を重視して作られたタイヤもあります。ブリヂストンの「アレンザ」ブランドはまさにオンロードユースに絞ったSUV用タイヤです。

次ページは : ■乗用車用のタイヤをSUVに使っても大丈夫?

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ