ハイブリッド車やアイドリングストップなど…じつはエコじゃなかった事実 4選


 地球温暖化の抑制のため、現代のクルマには、エンジンのダウンサイジングやモーターとのハイブリッド化、アイドリング・ストップ機能などの「エコ技術」は必須だ。

 エコ技術によってつくられた「エコカー」は、低燃費が期待できるので、「エコノミー(経済的)」でもあり、また、低燃費な運転操作を心がけることで、交通事故削減の期待もできる、といわれている。

 しかし実は、「エコカーだからエコ」、「エコドライブすればエコ」と、言い切れないところがある。「実はエコじゃなかった」かも知れない事例をご紹介していく。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:Adobe Stock_tarou230
写真:TOYOTA、NISSAN、LEXUS、VW、Adobe Stock

【画像ギャラリー】クルマによってこんなにも違う!! 極悪燃費なクルマと超絶低燃費なクルマをギャラリーでチェック!!


ハイブリッド車は、エコノミーではない

 ハイブリッド車は、ガソリン車に比べ、燃費が良い傾向にあるのは間違いない。しかし、小型バッテリーや駆動用モーターなどのコストが加わるため、どうしても車両価格は高くなる(※同車種のガソリン車とハイブリッド車を比較した場合)。

ヤリスハイブリッドXは199.8万円、ヤリスガソリンXは159.8万円 価格差は約40万円もある

 減税(場合によっては免税)や、政府や自治体からの補助金が出ることがあるとはいえ、その車両価格の差を燃料代の差額で埋めあわせようと考えると、(運転方法や走行距離などにより個人差はあるが)10年以上乗り続けなければならない計算となる場合もある。

 つまり、ハイブリッド車は、給油の頻度はガソリン車よりも少なく、(製造工程はさておき)走行中のCO2排出量は少なくエコロジーではあるが、エコノミーとはいえないのだ。ハイブリッド車は、優れた低排出ガス車といったエコロジーな面で納得し、購入することをおススメする。

BEVは内燃機関車よりもCO2排出量が多くなることがある

 ハイブリッド車やバッテリーEV(以下「BEV(Battery Electric Vehicle=バッテリー動力のみで駆動するEV)」)に搭載されている、ニッケル水素バッテリーやリチウムイオンバッテリーは、製造の過程で多くのエネルギーを必要とする。なかでも、リチウムイオン電池に用いられるリチウムやニッケル、コバルトといった金属の抽出や精錬には、多くのエネルギーが必要だ。

 フォルクスワーゲンは、「ディーゼル車とBEVを比較した場合、BEVの方が製造段階で約2倍のCO2を排出している」という情報を公開している。

ディーゼル車とEV車の、製造工程に発生するCO2を算出した資料が公開されている

 そのデータによると、BEVの場合、走行に必要な電力を、風力発電などの自然エネルギーで賄うか、EU加盟国平均の発電方法(原子力発電を含む)でないと、CO2排出量はむしろ悪化してしまう。つまり、温暖化ガス抑制に対して、BEVは「絶対的な解」ではない、としているのだ。

 本データは、VW社による1事例であり、全てのBEVメーカーに当てはまるとはいえない。だが、定量的に、WtT(油田から燃料タンクまで)、TtW(燃料タンクからホイールまで)のCO2排出量を比較したデータとしては、注目すべき内容として、現在さまざまなメディアで取り上げられている。

VWによると、ゴルフ7ディーゼルの車両製造段階のCO2排出相当量は29g/㎞(左端の赤)、対するeゴルフは57g/㎞(左端を除いた赤)と公表 エネルギー製造手段によっては、バッテリーEVの方がCO2排出量は多いというデータ(2020年5月頃にVWが公開した資料)

※補足:eゴルフとゴルフ7ディーゼルを20万km走らせたときのCO2排出計算値 ディーゼル車は11g/㎞、eゴルフは、風力発電だと2g/㎞、EU加盟国の発電方法平均だと62g/㎞、ドイツ国内の発電方法平均だと85g/㎞、中国の発電方法平均だと126g/㎞となる

次ページは : アイドリング・ストップが、エコ運転の邪魔になることも

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ