クルマの寿命は10年10万㎞が当たり前の時代! FCVは何年くらいもつのか?【クルマの達人になる】


 一般的に、クルマのエンジンの部品などは、新車で購入してから10万~15万kmだと言われているが、加工精度が上がり、オイルなどの性能も向上した現在、定期的にメンテナンスをしていれば、10年10万kmは当たり前という時代となっている。

 しかし時代は電動化が叫ばれており、走行時の排出ガスを出さないEVとFCV(燃料電池車)が注目を集めている。ただ、ここで気にあるのは、エンジンのように長く使われたものではなく、まだ手探りの状態のクルマがどれくらいもつのか? という点だろう。

 特にバッテリーだけではなく、FC(燃料電池)スタックというシステムを搭載するFCVはどうなのか? 気になるのではないでだろうか。今回は、そんなFCVの寿命について解説をしていきたいと思う。

※本稿は2021年2月のものです
文/国沢光宏
写真/TOYOTA、編集部
初出/ベストカー2021年3月26日号

【画像ギャラリー】30年後のイマに会える? トヨタ『MIRAI』を画像でチェック!


最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ