ヤリスが2020年度販売台数で覇者N-BOXを逆転した最大の要因は?


 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表している2020年度(2020年4月~2021年3月)の通称名別新車販売台数で、トヨタ『ヤリス(ヤリス+ヤリスクロス)』がホンダ『N-BOX』をついに逆転した。

 N-BOXは19万7900台、ヤリスは20万2652台でその差は4752台。ヤリスは単独ではなく、ヤリスファミリーである『ヤリスクロス』を含めての結果で、分割してみるとヤリスクロスの好調さが要因と考えられる。

 ヤリス&ヤリスクロスは、N-BOXだけでなく、ほかのコンパクトカーに比べた際の強みとは何なのか? また販売台数ランキングで知っておきたいカラクリについて分析していきたい。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部、HONDA

【画像ギャラリー】合算とはいえ実力は文句なし! ヤリス&ヤリスクロスを徹底チェック!


最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ