軽新車販売2年連続のマイナス!? 何が起きている? いよいよ軽離れ加速か?


 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が2021年4月1日に発表した2020年度の新車販売台数は、総販売台数は前年度比7.6%減の465万6632台となり、2年連続のマイナスとなった。

 500万台割れは2015年度以来5年ぶりで、総台数のうち登録車は2年連続減で、前年比8.9%減の289万8884台。軽自動車も前年度比5.3%減の175万7748台で2年連続のマイナスとなり、日産(1.3%増)を除く全社がマイナスになった

 そんななか、2020年度(2020年4月~2021年3月)の通称名別新車販売台数ではトヨタ ヤリスが20万2652台を販売し、初のトップとなった。

 3年連続トップだった軽自動車のホンダ N-BOXは前年度比20.1%減の19万7900台。N-BOXはわずか4752台差で2位転落となった。3位は2020年同様、スズキ スペーシアで同9.1%減の14万5319台。以下、4位にダイハツ タント、5位にトヨタ ライズが続いた。

 2019年度と2020年度の登録車と軽自動車を合わせた台数を見ると、2019年度は上位5台が軽自動車で独占しているが、2020年度はヤリス、ライズが食い込み、軽自動車が上位独占していた総台数の状況は一変した。

 そこで、軽自動車販売が2年連続で減少していること、そしてヤリスがN-BOXに変わり、日本の新車販売台数NO.1になったことが意味するものは何か? 軽自動車離れが進んでいるということなのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカーweb編集部 ホンダ ダイハツ スズキ

【画像ギャラリー】軽自動車で人気上位のモデルを画像でチェック!


最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ