初代オデッセイの衝撃と栄光はどこへ… 迷走続くオデッセイの光と影


 かつてオデッセイは、日本で一番売れていた3ナンバー車だった。1990年代の「ミニバンブーム」を牽引し、大ヒット車種として君臨していた。

 それがいまではすっかり影が薄くなり、話題になることは少ない。2020年11月に再起を狙ってマイナーチェンジで「派手顔」を採用し、販売台数はやや上向くものの、それまで月販1000台程度だったものが1500~2000台程度。車種別月販台数ランキングでは30~40位台を推移している。

 売れまくっていた頃のオデッセイはどんなところがウケていたのか。そしてなぜその輝きが失われてしまったのか。当時を知る自動車ジャーナリストに伺った。

文/片岡英明 写真/HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】かつての王者クラウンを追い抜いてトップに立ったオデッセイの歴代写真はこちら


■気品ある知的な雰囲気で魅力あるパッケージング

 私事だが、1994年10月にベールを脱いだ初代オデッセイは、思い入れの強いミニバンだ。

かつての衝撃と栄光はどこへ…迷走続くオデッセイの光と影
初代オデッセイ1994年発売

 この頃は、(自分の仕事のなかで)RV雑誌の執筆が全体の半分近くを占めていたから、毎月、何台かはミニバンやクロスカントリー4WDのステアリングを握っている。

 大柄な3列シートのクロカン4WDも愛車の1台だった。だから多人数でワイワイと楽しめ、パッケージングも優れているミニバンには強い興味を抱いていた。

 オデッセイとの出会いは、発売前から始まっている。

 正式発表の1か月ほど前に、ホンダのテストコースで最終プロトタイプに乗る機会に恵まれた。

 テストコースで遠目に見たオデッセイは眩しかった。さり気ないデザインだが、気品があり、知的な雰囲気を漂わせていたのだ。他のミニバンと違い、スリークで伸びやかなフォルムだった。

かつての衝撃と栄光はどこへ…迷走続くオデッセイの光と影
初代オデッセイ リア写真

 走り出す前に魅了されたのがパッケージングである。

 他のミニバンは背を高くして余裕ある室内高を稼ぎ出していたが、オデッセイは全高を1650mm前後に抑えながら、開放感あふれ、快適なキャビンを実現していた。

 3列目でも不満のない広さだった。

 また、前席から3列目まで、外に出ることなく歩き回れるセンターウォークスルー機能もある。ラゲッジルームはそれなりの広さだ。だが、反転させてフロア下に収納することができた。また、テールゲートを開けて、シートを反転させれば、後ろを向いて座って寛ぐことができた。

■知恵と工夫を凝らして開発された初代オデッセイ

 オデッセイは「走り」も冴えていた。ワゴンのように軽快感を味わうことができ、後席でも優れた乗り心地を実現している。

 だから、その場で購入を決め、オーダーした。そしてホンダの開発陣に、「オデッセイは大ヒットしますよ。販売不振で苦境に立っていたホンダの救世主になります」と言ったのである。

 当時はセダンやスポーティカーが主流で、ミニバンは一部のファミリー層にしか評価されていなかった。それでもオデッセイは次のセダンのプレミアムセダンだと確信した。だから価格がいくらになるかも知らずに迷わずオーダーしたのである。

かつての衝撃と栄光はどこへ…迷走続くオデッセイの光と影
初代オデッセイ ロケ写真

 この時期のミニバンのほとんどでは、商用の1BOXを母体に設計されていた。エンジニアも多くは商業車の担当だった。バネットから進化したセレナやラルゴ、デリカを発展させたスペースギア、そして初代エスティマさえも、開発したのは商用車系のエンジニアだったのである。

 エンジンは、前席の下にあるのが一般的だった。駆動方式は、後輪を駆動するFRが主流で、エスティマはアンダーフロア・ミッドシップだ。

 だが、背の高いミニバンを持っていなかったホンダは、乗用車系のエンジニアやデザイナーでオデッセイを開発するしか方法はなかったのだ。

 また、設備投資を抑えるために乗用車の生産ラインを使ったから、背の高さ1700mm以下に抑えている。知恵を絞り、生産にも工夫を凝らして開発したのが初代オデッセイだった。

次ページは : ■ミニバンにふさわしい広さと優れた乗り心地