「軽は経済的」は時代遅れ? 軽vsコンパクトカー 維持費をガチで比較!!


 車両価格や税金を抑えられるのがメリットだったはずの軽自動車。しかし、安全性能や商品魅力を引き上げるため、車両価格は上昇し続け、現在では、ナビゲーションなどのオプションをひと通り揃えてしまうと200万円を超えてくる車種もある。これでは、普通乗用車と変わらないどころか、クルマによっては軽乗用車のほうが高いくらいだ。

 2016年に軽自動車税が増税となったことで、(それでもコンパクトカーより安いものの)さらに軽乗用車であることのメリットは小さくなってしまった。はたして、軽自動車はいまでも「経済的」といえるのだろうか。軽自動車とコンパクトカーの年間維持費を比較してみよう。

文:吉川賢一
写真:SUZUKI、TOYOTA、HONDA、DAIHATSU、NISSAN、写真AC

【画像ギャラリー】究極の選択!? 軽自動車とコンパクトカーの売れ筋モデルをギャラリーでチェック!!


ジムニーとジムニーシエラで比較!!

 今回は、スズキのJB64ジムニーとJB74ジムニーシエラを題材に、年間にかかる維持費を比較し、考察をしてみようと思う。

 外観的には、オーバーフェンダーの違いや、トレッドの違い(JB74のトレッドはJB64よりも130mmも広い)くらいしかないこの2台。シャシーも基本的には同じだが、ご存じの通り、エンジンは大きく違い、ジムニーは排気量660ccの3気筒ターボエンジン、ジムニーシエラは排気量1500ccの直4 NAエンジンだ。

2018年7月に発売した4代目ジムニー(JB64型)。世界でも類を見ない小型4WDオフローダーとして人気が高い

 高速道路走行などをつかった長距離移動が多い方ならば、やはり、エンジンに余裕のあるジムニーシエラの方が走りやすい。半面、非力なエンジンをブン回し、狭い道や未舗装路のドライビングを楽しむ、という方にはコンパクトなジムニーがベターだ。

外観上の違いは、バンパーデザインと、オーバーフェンダー装着の有無程度だ。ワイドフェンダーによってオフロードシーンでの逞しさが増すジムニーシエラ(JB74型)

維持にかかる税金等は、それほど違いがない

 自動車税については、ジムニーは年間1万800円、ジムニーシエラは年間3万4500円。また、新車購入時と車検取得時に、車検有効期間分を支払う自動車重量税は、ジムニー年額3300円、ジムニーシエラ1万2300円。自賠責保険についてはほぼ差はなく、ジムニー2万5070円(24ヶ月)、ジムニーシエラ2万5830円。

 これらを計算すると、毎年3万3460円、ジムニーシエラの方が余計にかかることになる。ジムニーシエラはエコカー減税非対象車のため、この金額差になったが、エコカー減税対象車であれば、金額差はこの半分程度だ。

 車検時の費用も比較しておこう。ディーラーや整備工場、ガソリンスタンド並列店舗によって、整備料や手数料が異なるが、車検取得費用などを含めた価格相場は、ジムニーが6万円程度、ジムニーシエラが8万円程度と、2万円程度シエラの方が高くなる。

軽自動車とコンパクトカーで、維持にかかる税金等は、それほど違いがない(PHOTO:写真AC_紺色らいおん)

次ページは : 燃料代はシエラの方が安いが、その差はごくわずか