若者も5人に1人はドライブ好き 若者の車離れではなく「お金の若者離れ」だ


 若い世代に多いとされている「クルマ離れ」。

 いまの若者はクルマに関心がなく、欲しいとも思っていないかのようにいわれているが、昔だってクルマを所有していた人みんなが、「根っからのクルマ好き」であったわけではなく、多くの人が「必要だから」もしくは「便利だから」クルマを所有していたはずだ。

 「道具」としてのクルマの存在意義は、いまも昔もそれほど変わってはいないんじゃないだろうか。

 ではなぜ、「若者のクルマ離れ」といわれるようになってしまったのか。ソニー損保が行った「2021年新成人のカーライフ意識調査※」に基づき、考察してみよう。

※2020年12月2日~12月9日の8日間、2021年の新成人(2000年4月2日?2001年4月1日生まれ)に対し、新成人のカーライフ意識調査をインターネットリサーチで実施した1000名の有効回答に基づいたデータ

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:Adobe Stock_ohayou!
写真:Adobe Stock、写真AC、TOYOTA、NISSAN、BMW、VW、LEXUS、Mercedes-Benz、Audi、DAIHATSU、HONDA

【画像ギャラリー】2021年新成人たちが「欲しい」 と回答したクルマをギャラリーでチェック!!


若者の意識が大きく変わったわけではない

 2021年に新成人となった方々の運転免許保有率は51.3%(男性51.4%、女性51.2%)と、約半数が自動車免許を持っている。そのうちマイカー所有率は14.4%、7人に1人がクルマを持っていることになる。

 参考に、10年前の2011年では、免許保有率は51.8%(男性54.8%、女性48.8%)、マイカー所有率は25.3%、4人に1人が持っていた。2021年と2011年の2点のみの比較では、結論付けは難しいが、「免許証は保有するも、マイカーを持たない新成人が増えている」とはいえそうだ。

免許証は保有するも、マイカーを持たない新成人が増えている」ことは確かだ(PHOTO/Adobe Stock_Yusei)

 「車を持ちたいと思った理由」としては、買い物や通勤・通学・旅行などでの利便性の高さ、つまり「移動の道具」といった理由が60%に近く、情緒的な「運転、ドライブが好きだから」といった理由は、その下だ。ただし2011年時点でも、「単なる移動手段としての道具」という回答が60.3%であり、この10年で若者の意識が変わった、ということではない、ということがわかる。

買い物や通勤・通学・旅行などでの利便性の高さ、つまり「移動の道具」といった理由が60%に近く、情緒的な「運転、ドライブが好きだから」といった理由は4位になる

クルマは「経済的負担が大きい」

 一方、「クルマを購入するつもりがない」と答えた新成人に聞いた、「車を持ちたいと思わない理由」としては、車両価格や維持費の高さといった経済的負担を半数以上が挙げている。また、事故などのトラブルを回避したい、そもそもクルマは必要ない、という意見も次いで多かった。

 「クルマを所有する経済的な余裕がない」という問いに対しても、61.9%が「肯定」しており、新成人の半数以上は「お金」の心配をしているようだ。

車両価格や維持費の高さといった、経済的負担を半数以上が挙げている

 また、「クルマ離れを自覚しているか」については、肯定回答が37.8%、否定回答が30.9%、「何ともいえない」が31.1%であり、自覚している層が一定数はいることが分かった。

 その昔は、生活を切り詰めてでも給料の大半を費やし、クルマを改造して峠道を走りまわったり、ドレスアップに精を出してコンテストに応募したり、どこまででも遠くへとドライブに出かけたりと、カーライフに並々ならぬ投資をしていた若者も多かったが、いまはそうした若者が少なくなってしまっている。

 いまのクルマは以前よりも、電子制御が多く、わかりやすく「クルマいじり」を楽しむことが難しくなっている、ということも、背景にはあるかもしれない。

次ページは : 「クルマの価格が高くなり過ぎた」ことが原因