レギュラー?? ハイオク??? 自分の燃料を一瞬で見分ける方法

レギュラー?? ハイオク??? 自分の燃料を一瞬で見分ける方法

 「燃料の入れ間違い」が、いまだに後を絶たない。2018年12月1日~31日の1ヶ月間でドライバーから寄せられた救援要請のうち、「燃料を入れ間違えた」と申告があった件数は、なんと390件。ドライバーが入れ間違いに気が付かず、走行不能になってから救援要請するケースもあるため、現実的には、さらに多いと考えられる。

 いつもは自分のクルマへ当たり前のようにセルフ給油している方でも、レンタカーや社用車など、いつもと違う場合だと、うっかりミスを起こしてしまうようだ。うっかりミスをできる限り少なくするため、慣れないクルマでの給油の際、どこを確認すれば油種を間違えることがないか、覚えておいてほしい。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:写真AC_beauty-box
写真:写真AC、ベストカー編集部、エムスリープロダクション

【画像ギャラリー】その行為危険です!! セルフ式ガソリンスタンドで注意すべきこと


勘違いや思い込みが入れ間違いの原因

 ガソリンスタンドで給油をするスタッフはプロフェッショナルなので、エンジン交換をした特殊改造車など、よほどのことが無い限り、燃料を間違えることはない。燃料の入れ間違いはやはり、ドライバー自身で給油をするセルフスタンドで起きている。

セルフ給油でのうっかり間違いは、意外に多い(PHOTO:写真AC_Harrie)

 筆者も一度、ガソリンスタンドで、燃料を入れ間違いをしてしまった方にスタッフが対応しているところに遭遇した。「入れ間違え!? まじで!?」とこっちが焦ってしまったが、ガソリンスタンドのスタッフは丁寧で落ち着いた対応をされており、そうした緊急時の対処のトレーニングもしっかり行われているのだな、と思ったことがある。

 燃料の入れ間違いをしてしまった理由としては、「自車以外のクルマだった」 「うっかりミス」 「軽自動車は軽油だと思った」など、勘違いや思い込みが多くの原因だという。

 燃料の入れ間違いは、最悪の場合、エンジン故障にも繋がってしまう。普段は家族が運転しているクルマを、たまたま自分が運転したタイミングで、燃料が減っているのに気が付いて、「軽自動車=軽油」と思い込み、セルフのガソリンスタンドで軽油を入れてしまった、という事例など、信じられないようなことではあるが、笑い話ではなく、本当によくある事故なのだそうだ。

「軽自動車は軽油」と間違えてしまう人もいる 決して笑い話ではない(PHOTO:写真AC_beauty-box)

 ちなみに本来、ガソリンは無色透明の液体ではあるが、灯油との見分けが容易にできるよう「オレンジ系の色」に着色されている。軽油は、「無色透明」から「薄黄色」に着色されている。とはいえ、給油所で燃料の色を確認する行為は大変危険であり絶対やってはダメ。ではどうしたら、そのクルマの油種を正確に知ることができるのか。

給油口や車検証に油種が記載されている

 近年のクルマには、給油口のフューエルキャップに「ディーゼル(軽油)」「無鉛プレミアム(ハイオク)」「レギュラー」といったステッカーが貼られていることも多い。

 これがあれば一瞬で油種がわかるが、何も表示がされていない場合でも「だいたいレギュラーでしょ」と、勘でいれるようなことは絶対にしないでほしい。前述したように、これが理由で、多くの燃料入れ間違いが起こっている。

給油口には、油種の表示が施されていることがある

 セルフスタンドが普及し、ドライバーが気軽に給油できるようになったため、「燃料が非常に危険な物質」という認識が薄くなっていることもあるかもしれない。先日、スタンドで給油をしながらスマホを操作している方を見かけた。

 昨今は、ガソリンスタンドにおいて、電子機器の使用による引火の可能性は低いとされているが、危険物を取り扱っている最中だという認識が不足しているような気がしてならない。実際多くのスタンドでは給油中の携帯電話の操作は禁止されている。

よく見かける光景だが、給油中はスマホの操作は厳禁(PHOTO:写真AC_acworks)

 もし、そのクルマの油種がわからなければ、恥ずかしがらずにガソリンスタンドのスタッフに相談してほしい。スタッフが見当たらなければ、車検証を確認すればすぐにわかる。車検証の「燃料の種類」という項目には、その自動車に必要な燃料が記載されている。

 「油種がわからない」となると焦ってしまって、どこで何を調べてばいいか頭から抜け落ちてしまうこともある。大事なことなのでもう一度書いておく。「油種が分からなければ車検証を見ましょう」。

車検証には油種が書かれている 確認するのが面倒ならば、ガソリンスタンドにいるスタッフに相談するのがよい(PHOTO:写真AC_uopicture)

 他にも、自動車メーカーの公式サイトに載っている諸元表の使用燃料の欄を見れば、油種が載っている。スマホで調べれば出てくることなので、乗りなれないクルマの給油をする際は、事前に調べておけば安心だ。

次ページは : 万が一、間違えてしまったら