トヨタ ウィッシュの凋落と武器 超人気ミニバンからなぜ一転??


 ホンダ ストリームの後を追い、2003年にデビューしたトヨタ ウィッシュ。

 取り回しがよく7人乗れる5ナンバーサイズミニバン市場を、一気に席巻したクルマである。徹底的にストリームを研究したウィッシュは、年間15万台も売れる、超人気車となった。

 しかし、ウィッシュは2017年にラインナップから姿を消すこととなる。人気車・ウィッシュの衰退はどこから始まったのか。ウィッシュが人気車になれた魅力を考えながら、凋落の要因を探っていく。

文/佐々木亘 写真/TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】本稿未掲載含む写真20枚!! 2017年に生産終了したトヨタ2代目ウィッシュをみる


「廉価&5ナンバー&ヒンジドア」 初代ウィッシュが人気の理由

初代ウィッシュ(販売期間:2003~2009年/全長4550×全幅1695×全高1590mm)

 徹底したライバル研究、そして市場調査の後に誕生したウィッシュは、飛ぶ鳥を落とす勢いで売れ続け、ミニバン界を牽引する存在となる。

 当時、ミニバンを購入検討するも、3列目は使わない、多人数乗車を目的としないユーザーが多く存在した。こうしたニーズに応えるクルマが、ストリームやウィッシュのような背の低いミニバンだ。

 多人数乗車を目的のひとつにするミニバンでは、居住性確保のため、車幅と車高を大きくするのが基本だが、この方法の真逆を使って設計されているのが、ウィッシュやストリームに代表される背の低いミニバンだ。

背の低いミニバンは、多人数乗車を目的としないユーザーのために開発された。従来のミニバンよりも居住性が低く設計されているため、価格も抑えることができた

 ウィッシュの一部スポーツグレードは、全幅拡大で3ナンバーとなるが、基本グレードは5ナンバーサイズに抑えた。乗降性に優れるが、エクステリアデザインを限定されるスライドドアはあえて使わず、ヒンジドアを採用し、美しいプロポーションを保つ。

 価格も廉価に抑えた。当時高校生だった筆者は、ウィッシュを見て、将来こんなクルマに乗りたいなと考えたものだ。

 初代ウィッシュは、ミニバンに絶対必要だと思われていた居住性を、必要最小限にとどめ、割り切ったクルマにしたことで、価格を下げることができ、人気となったと思う。

 多目的用途が求められるミニバンでは、機能の“全部乗せ”が多くなるのだが、足し算ではなく、あえて引き算で作られたウィッシュからは、美しさと潔さを感じることができる。

モデルチェンジを経て改良後も販売台数は伸び悩む

2代目ウィッシュ(販売期間:2009~2017年/全長4590×全幅1695×全高1590mm ※前期型)

 2009年、「Smart Multi Player WISH」をテーマに掲げ、ウィッシュはフルモデルチェンジをおこなった。機能性を高め、マルチプレイヤーを目指したウィッシュは、機能性の拡充とは裏腹に、段々と人気を落としていく。

 特にウィッシュが大きく人気を下げることになるのは、2012年のマイナーチェンジ後だ。このマイナーチェンジでグレード体系の見直しを図り、自身の武器である5ナンバーグレードを減らししまう。

 初代で年間15万台あった販売台数は、年々減少し、2代目の登場時には6万台、マイナーチェンジ時には4万台を切る。追い打ちをかけるように2015年にはシエンタがモデルチェンジを行う。これにより、もうひとつの武器である価格の安さが失われた。

 最廉価184万円のウィッシュは、決して高すぎるわけではないが、さらにお得感を感じるシエンタには太刀打ちができなくなる。この時期には販売台数が年間1万5000台を割り込む。

 こうして、右肩下がりの人気を復活させることなく、2017年に生産終了を迎える。自ら武器をなくし、同門ライバルに引導を渡されたウィッシュ。この凋落は、背の低いミニバンの終焉を告げるカウントダウンにもなっていたのだろう。

次ページは : ウィッシュは自ら武器を手放した?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ