若武者に訪れた試練!! F1角田はエミリア・ロマーニャGPでかく戦えり

若武者に訪れた試練!! F1角田はエミリア・ロマーニャGPでかく戦えり

 自動車ライターの伊藤梓です。前回、F1の開幕戦の様子をレポートしましたが、なんとこれから毎戦レポートさせていただくことになりました!

 角田裕毅選手の頑張りやホンダパワーユニット勢の話題を中心に楽しくレポートしていきますので、よろしくお願いします。

文、イラスト/伊藤梓、写真/HONDA

【画像ギャラリー】戦いはまだ始まったばかりだ!! 角田裕毅選手試練のエミリア・ロマーニャGP


■TA中に「放送禁止用語」も飛び出す怪しい雲行き

ライターの伊藤梓氏にイラストで第2戦を総括してもらった。角田選手も「Nooooo…」と頭を抱えたかっただろう

 イタリアのイモラサーキットで行われた、第2戦エミリア・ロマーニャGP。

 角田選手にとっては、“試練の一戦”と呼べるグランプリだったのではないかと思います。角田選手は、開幕戦では、得意のオーバーテイクを見せつつ、9位入賞して初ポイントをゲットしました。おそらく「次は更なる高みに!」と、第2戦へ挑んだことでしょう。

 しかし、エミリア・ロマーニャGPは、非常に難しいコンディションからのスタートでした。

 サーキットの気温は10℃前後、路面温度も25℃前後と、とても冷え込んでいます。フリー走行中、角田選手は、コースオフしたり、タイムアタック中にトラフィックに引っかかるなど、思うようにタイムが出せません。

 コース上の渋滞に対して、「なんだ、この◯×△(放送禁止用語)な“トラフィックパラダイス”は!」と叫ぶなど、フラストレーションが溜まっている様子(この無線は世界でも話題になりました)。観戦しているこちら側も「流れが悪そうだな……」と心配する中、予選のQ1はスタートしました。

■まさかのアクシデントで決勝は最後尾スタート

イモラは得意なサーキットだと公言していたこともあり、どこかに焦りがあったのだろうか……

 まずは、各車タイヤを温め、バッテリーを満タンにして、アタックに入った2周目。早くも赤旗がはためきます。

 カメラが切り替えられ、クラッシュしたマシンが大写しになると、なんとそこには角田選手の姿が……。あっという間もない出来事。マシンのリア側が大きく損傷しており、予選の時間内では修復不可能の様子。残念ながら、角田選手はそのまま予選敗退となり、決勝は最後尾からのスタートとなりました。

 速さがあるマシンだと分かっているにも関わらず、Q1のアタック1本目というタイミングでのクラッシュ。

 やはり角田選手には、焦りがあったのだろうなと感じました。インタビューでは「イモラは何度も走った自信のあるサーキット」とコメントしていたので、その分、フリー走行の結果や周囲の期待を悪い方向に気負ってしまったのかもしれません。

 とはいえ、ルーキーは誰でもミスをするもの。確かにQ2に進出できなかったことは残念ですが、「角田選手ならこのミスから学んで決勝に活かせるはず!」と前向きな気持ちで応援することにしました。

次ページは : ■ウェットコンディションの中着々と順位を上げる角田選手

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ