【メルセデスベンツの英断から考察!】 祝!! 直列6気筒復活祭り

生産効率やクラッシャブルゾーン確保のため、’90年代から段階的に直列6気筒エンジンをV型6気筒に切り替えてきたメルセデスベンツが、2017年、Sクラスのマイナーチェンジでの直6エンジン搭載“復活”を発表、2018年3月1日より受注を開始している。
復活といっても、電動スーパーチャージャーなど旧世代の直6にはなかった新システムを満載した、まったく新しいエンジンになるわけだが、「直6」は「直6」。実に20年ぶりとなる今回の復活に心踊るクルマ好きも多いはず。
そこで本企画では「復活祭り」と題し、直6エンジンについてさまざまな角度から国沢光宏氏に話を聞いてみた。その響き、やっぱりイーネッ!

※本記事は2017年4月時点のものです。
文:ベストカー編集部、国沢光宏
写真:shutterstock.com、ベストカー編集部
初出:ベストカー2017年4月26日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ