ライズもフィットもレヴォーグも「ダメ」!!? とってもいいクルマなんだけど“惜しい”クルマたち

ライズもフィットもレヴォーグも「ダメ」!!? とってもいいクルマなんだけど“惜しい”クルマたち

 「いいクルマ、だけどここだけがダメなんだよね~、残念」。あるいは「このクルマにアレが備われば理想的なんだよね~」。……こういうケースはけっこうある。

 本誌・ウメキとババが、そんな“惜しいクルマ”をどんどこ取り上げ、自動車評論家と濃い意見交換座談会を開始。お招きしたのは自動車評論家 鈴木直也氏だ。

※本稿は2021年3月のものです
文/鈴木直也、ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号

【画像ギャラリー】いろいろダメ出ししてごめんなさい! やり玉に上げてしまったクルマたちをギャラリーでチェック!!!


■ハスラーにガラスルーフを付けてほしい!

ババ まずは僕から。ハスラーにタフトのガラスルーフ(標準装備)があれば、マジで買うかも! 衝突安全性の面などでできないものなんですかね?

ハスラーにはガラスルーフがない。ならばタフトのものを付ければ理想型になる!?
ハスラーにガラスルーフを……。“贅沢な惜しい”ですけど

ウメキ そりゃババさん。スズキ広報へ電話して「なぜハスラーにできないの?」と聞いたほうが早いでしょ(笑)。

鈴木 教えてくれないでしょ(笑)。軽自動車はなにはなくともコスト命。薄利多売の凄くシビアなビジネスをやっている。例えば、ユーザーをはっきり絞りこまないと売れなかったり、売れ残りもある。

ババ 手広く商売をしてしまうとダメなんだ、と?

鈴木 そう。撒き餌を海へ放り込んで魚を集める、という商売ではない。狙った魚が必ずいるところに釣り竿を下ろす、という感じ。だからダイハツとスズキは綿密なマーケットリサーチをした結果、タフトにはガラスルーフはありだけど……。

ババ スズキはハスラーにガラスルーフを標準設定してもダメだろう、という営業リサーチの結果なんですね。

鈴木 タフトは初代ハスラー登場後の2番手的クルマだから攻めないといけない。だからガラスルーフを標準にしたという狙いだと思う。

ババ 軽はあれこれ欲張ってはダメなんですね。

ウメキ その理想を求める残念具合もわかるけど「ここだけが惜しい」というクルマ、多い。まずはロッキー/ライズのステアフィール。価格を含めた企画コンセプトはいいのに、試乗会で乗って、ずっこけた!

「ロッキー/ライズ、いいクルマだけどアレだけが残念」(ウメキ)

鈴木 ロッキー/ライズは一番安いパワステのモーターをください、と、それを搭載したもの。これ明確ですよ。

ババ へ? ここでもコストダウンの話ですか。

鈴木 そう。このクルマを買うユーザー層の9割はステアフィールは気にしないぞ、と。だから安いものでいいかなということでしょう。

ウメキ ただね、「ユーザーをなめちゃいかんぜよ」ですよ! メーカー側も「お客様は違いがわからない」に近いニュアンスで言う。確かにいいパワステ装着なら高価格になり、商売が成り立たない。でも、僕が言いたいのは、今もこれから先も「安ければいい」という時代ではない、ということですよ。

ババ おお~、アツい。

鈴木 日本車で残念と感じるのは総じて“選べない”こと。コストダウンをテーマにしたクルマはその道を歩むだけ。でも、例えばBMWの2シリーズやベンツAクラスはうまいやり方でベースグレードはしょうもないクルマなんだけど(笑)、グレードが上がるとレベル的に高くなっていく。

ババ それはステアフィールが廉価版だとしょぼいと?

鈴木&ウメキ そうそう!

ウメキ ベーシックは安っぽいよ~。ベンツAクラスはリアサスも違うからね。

■ヤリス…メーターがしょぼくない??

ババ よく言われるヤリスの後席の狭さ。ヴィッツ後継だから同じくらいの広さになぜしなかったんでしょうか?

鈴木 ヤリス単体で見てはいけないということ。トヨタはこの先いくつもヤリスシリーズを出すんですよ。ヤリスは切り込み隊長で、世界一の燃費をテーマにしたクルマだから、そのためには後席の狭さも仕方ないということだね。

ウメキ 僕もヤリス、残念な部分があります。あのクルマ、メーターがしょぼいんですわ(笑)。全グレードが同じで、小さいメーターが2つちょこんとあるだけ。愛車で一番長く見るのはメーターだから、これ重要ですよ。

ウメキが「しょぼすぎる」と嘆くヤリスのメーター。う~む、“平成”感が漂う

ババ メーターばかり見ていると危ないですよ、ウメキさん。

ウメキ ずっとメーターを凝視するわけないでしょ(笑)。せっかくいいクルマなんだから、上級グレードだけでもグラフィカルな液晶メーターを付けてほしかったね。もうひとつヤリスについて、ありますよ。

鈴木 おっ、どんどん挙がるね~。

ウメキ ヤリス、ACCがダメでしょ。レバー式サイドブレーキだから渋滞追従しない。

ババ それはトヨタがけちった、ということですか?

鈴木 やはりコスト的な話。アイドリングストップもないし。

ウメキ アイドリングストップで燃費は多少稼げるけど、バッテリー負荷で交換しなければいけない場合も。こっちのほうがお金かかっちゃいますよ。

ババ やや怖いのは交差点右折の時、行こうかなと思ったらアイドル停止中でスタートが遅く、ヒヤリとすることも……。

ウメキ その場合は早めにステアリングをきってエンジンをスタートさせておけばいいんです。ババさん、頼みますよ~(笑)。

次ページは : ■ヤリスクロスはヤリスで得られたよさが…