人急上昇中の車中泊をSUVで楽しもう! 寝れる“車中泊SUV”はどれだ!


 新しい旅のスタイルとして注目を集めている車中泊。しかし、どんなクルマでも快適に寝られるわけではない!

 今回はいま人気のSUVを集めて寝心地をチェック! 車中泊の旅の魅力と、スタート時に役立つアイテムも併せて紹介しよう。

●ラインナップ
・マツダ CX-8
・日産 キックス
・トヨタ RAV4
・スズキ ハスラー
・三菱 エクリプスクロス
・ホンダ ヴェゼル(先代型)

※本稿は2021年3月のものです
文/大橋保之(カーネル)、渡辺圭史 写真/中里慎一郎 
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号

【画像ギャラリー】カタログにはない実測値も掲載! 人気SUVの車中泊インプレッション


■車中泊でクルマ旅! 一泊二日・神奈川県三浦半島へ行ってみた

 春うらら。まさにドライブ日和! ということで、突然だがスズキ・ハスラーで車中泊のクルマ旅を楽しんできた今回。

 SUVの寝心地チェックの前に「そもそも車中泊って何がおもしろいのか?」を紹介したい! と、まずはドライブルート満載! そして車中泊スポットも現在急増中の神奈川県三浦半島へ向かったというわけ。

 さて、そんなクルマ旅に同行してくれたのは、You Tubeチャンネル『日本を旅するうめの』で日々配信を行っているうめのさんだ。

いつも乗る「キャブコン(=キャブコンバージョン)」と呼ばれるキャンピングカーとは違い、スイスイ走るハスラーに感激のうめのさん

 夏は涼しくて過ごしやすい故郷の北海道へ。秋は、北海道に雪が降る前に南下。冬は温暖な地方をキャンピングカーで車中泊。

 そして春は桜前線とともに北上し、北海道に進むという「キャンピングカー生活」をもう4年も続けている。

 今回、そんな“キャンピングカー女子”のうめのさんに、SUVの寝心地をチェックしてもらおう! と声をかけたわけだが、せっかくだから、春の三浦半島へも同行してもらうことに。

三浦半島といえば三崎のまぐろ! 三崎まぐろの産直センター「うらりマルシェ」にて、今晩の車中メシを物色
おいしそうなマグロがたくさんある。肉ではなくマグロが入った「とろまん」も美味

「日本一周を何周かしているので、三浦半島も来たことがあります。でも、今回訪れた場所は、初めてのところが多かったです」というドライブコースを回ったあと、うめのさんとハスラーは、今晩泊まる葉山の車中泊スポットへ。

こちらも人気立ち寄りスポット「三崎生鮮ジャンボ市場」。お昼は2階の「グルメ館 豊魚」で三浦どん膳(2200円)をペロリ
三浦の春キャベツとミカンジュースを購入

 海や山にも近く、観光名所へのアクセスもいい「Hayama RV-SITE by Star Home」は、この地域の人気車中泊スポット。

 24時間使用可能なトイレや水道、AC電源、フリーWi-Fiまで完備。車中泊専用駐車場なので安心して泊まることができる。

今回車中泊したのは「Hayama RV-SITE by Star Home」。三浦半島や湘南をクルマ旅で楽しむ際に便利なRVパーク(車中泊専用駐車場)。24時間使用可能なトイレや電源設備がある

■うめさん直伝! 車中泊でチェックしたいポイントと快眠十ヵ条

「車中泊を楽しむうえでのポイントとして、まず場所選びは大切ですよね」とうめのさん。彼女のようなベテランになれば、「自分だけの車中泊ポイント」もたくさんあるという。

「でも、車中泊ビギナーの方は、まずオートキャンプ場やRVパーク(日本RV協会認定の車中泊専用駐車場)がお薦めです」

 設備がとても充実していて、お風呂やシャワーも併設されている(もしくは近隣にある)ところも多い。

車中泊でチェックしたいポイント…ラゲッジの広さは?/天井の圧迫感はある?/シートのリクライニングは?/シートアレンジは?/ラゲッジの硬さは?

 現在、車中泊専用の駐車場は増加中で、有料ではあるが、ゴミの回収までしてくれる施設もある。計画時にぜひとも調べてみてほしい。何よりも安心感が絶大なのだ。

 さらに、寝心地アップのポイントは多々ある。

 愛車のシートアレンジを確認して、シート就寝がいいか、ラゲッジ就寝がいいか? をチェック。足を伸ばして水平に寝られるか? 天井の圧迫感はあるか? など、クルマごとに違うのはもちろん、車内の寝る位置によっても、寝心地は大きく異なる。

 ぜひとも愛車のベストな寝床を見つけてほしい。そのほか、おもな快眠ポイントは「車中泊快眠十ヵ条」を参照のこと。

車中泊快眠十ヵ条

 また、車中泊を楽しむうえで、ぜひとも覚えておきたいマナーも多い。

 私有地で許可なく車中泊したり、道の駅や高速道路のSA・PAで、テントやタープ、机やイスを広げて、キャンプ行為を行うのは絶対にNGだ。

 さて、三浦半島の車中泊&クルマ旅も無事終了。うめのさん、楽しんでくれたかな?

「まぐろもシラスも食べられて、景色も最高! 三浦半島を満喫しました。朝、荷物を片付けるのも、車中泊なら簡単。すぐに次の目的地に行けますね」

朝、すぐに移動できるのも車中泊の強み。海岸沿いでクルマを止めてひと伸び。富士山も姿を見せてくれた

 ということで、次ページからは、うめのさんと一緒に人気SUVモデルをチェックしていこう。

●今回使用した「車中泊三種の神器」+α

 まずは「車中泊三種の神器」の筆頭といえるエアマット。今回使用したオンリースタイル製は厚さ10cmもあり、寝床の凸凹を吸収してくれる。寝袋も当然、「三種の神器」のひとつ。そしてカーテンとして使用できる大きめのバスタオルとラグ。外からの視線を防ぐ、こういった目隠しも、三種の神器として重要なアイテムだ。また、今回は電源を備えたサイトだったが、何もない車中泊スポットの場合、ポータブル電源も準備しておくと便利。キャンプシーンなどでも使えるので、持っておいたほうがいい。

エアマット
寝袋
バスタオル・ラグ(カーテンとして使用)
ポータブル電源

次ページは : ■人気SUVが勢揃い! 各モデルのプロフィールと「車中泊できるSUVのポイント」

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ