ヤリスクロス ジムニー ロッキー…どれを買う?? 国産厳選SUV20台の「正解」「不正解」


 国産SUVの歴史は意外にも20年以上。そんななかで今、「国産第2世代SUV」とも呼ぶべき新しいSUVが登場ししのぎを削っている。

 ここではそんな新世代のSUVから20台を厳選。自動車評論家 清水氏と岡本氏、2人が「いいSUV度数」を100点満点で評価する。

 気になってるあのSUV、ズバリ「いいSUV」なのか、それとも……? 2人の評価の分かれ具合も見もの!

※本稿は2021年3月のものです
文/清水草一、岡本幸一郎、渡辺陽一郎 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号

【画像ギャラリー】ヤリスクロス、ハリアー、キックス…厳選新世代SUV20台をギャラリーでチェック!!!


■トヨタ・ダイハツ

●トヨタ ヤリスクロス(179万8000~281万5000円)

・清水草一の評価…間違いなくいいSUVだ。というより「いい乗用車」「いい実用車」と言ったほうがいい。ヤリスハイブリッドの走りと燃費は強烈だけど、さすがに後席やラゲッジが狭すぎる。しかし、ヤリスクロスならすべてOK。今時イケてるSUVだし、ルックスもかなりイイ!(いいSUV度数:92点)

・岡本幸一郎の評価…このクラスでいち早く電動シートや電動テールゲート、3分割可倒式リアシートを採用したのはポイント高い。半面、舗装路での走りは全体的にもう一歩。多くを求めなければ問題なく、ヤリスの+αとして見れば上出来ではあるが、SUVとしての実力は微妙……(いいSUV度数:73点)

トヨタ ヤリスクロス(179万8000~281万5000円)…全長4180×全幅1765×全高1590mm。1.5L直3+モーター/出力:91ps、12.2kgm+85.3ps、19.7kgm

●ダイハツロッキー/トヨタライズ(167万9000~236万7200円)

・清水草一の評価…お値段を考えたら、実にコスパの高いSUVです。4WD&豪華装備の一番高いグレードでも236万円! そのわりにシャシーもエンジンもとってもいいんだよね(いいSUV度数:87点)

・岡本幸一郎の評価…小さいながらSUVらしい存在感があり、室内も充分な広さでコスパもまずまずと商品力は高いが、乗り味は全体的に粗削り。鳴り物入りの電制4WDももう少しすばやく応答してほしい(いいSUV度数:70点)

ダイハツロッキー/トヨタライズ(167万9000~236万7200円)…全長3995×全幅1695×全高1620mm。1L直3/出力:98ps、14.3kgm

●トヨタ C-HR(238万2000~314万5000円)

・清水草一の評価…デザインを優先した、非常にすばらしいSUVなれど、そのデザインの新鮮味が薄れ、早くも古臭く見えてきた。デザインの時間的耐久性が足りなかったか……(いいSUV度数:75点)

・岡本幸一郎の評価…もともと一発屋として企画された奇抜さがウリのクルマであり、強いて分類するとSUVになるだけの話なので、SUVとしての実力はそれなり。ただし舗装路での走りは秀逸(いいSUV度数:65点)

トヨタ C-HR(238万2000~314万5000円)…全長4385×全幅1795×全高1550mm。1.8L直4+モーター/出力:98ps、14.5kgm+72ps、16.6kgm

●トヨタ RAV4(274万3000~402万9000円)

・清水草一の評価…多くの人が絶賛してるけれど、デザインも走りも、少なくとも舗装路を普通に走るかぎり、どこにも引っかかるところがない。ぜんぜん面白くない! サイズも大きすぎる(いいSUV度数:50点)

・岡本幸一郎の評価…ガチなSUVっぽくなった現行型は、見た目から想起するとおりSUVとしての資質にも磨きがかかった。あえて3タイプもの4WDシステムを用意した理由も乗ると納得の思い(いいSUV度数:96点)

トヨタ RAV4(274万3000~402万9000円)…全長4600×全幅1855×全高1686mm。2L直4/出力:171ps、21.1kgm

●トヨタ ハリアー(299万~504万円)

・清水草一の評価…レクサスいらずのステキなスペシャルティSUV。中身よりパッと見を優先したような作りながら、中身もしっかり充実してる。こりゃ参りました。脱帽です(いいSUV度数:88点)

・岡本幸一郎の評価…SUVのひとつの方向性として、多少は利便性を犠牲にしても、こんなにオシャレになったのだから、それはそれで大いにアリでしょう。納期に時間がかかるのも納得だ(いいSUV度数:92点)

トヨタ ハリアー(299万~504万円)…全長4740×全幅1855×全高1660mm。2.0L直4/出力:171ps、21.1kgm

■スバル

●スバルXV(220万~292万6000円)

・清水草一の評価…コンパクトでスタイリッシュで価格も手頃で、個人的にはスバル車のなかで一番魅力的に見える。ただ、パワートレーンはまったく魅力に欠ける。とっても惜しいなぁ(いいSUV度数:81点)

・岡本幸一郎の評価…内容的にはハッチバック+αであり、とっつきやすいSUVでもある。走破性もけっこう高い。他社にはありそうでないタイプのクルマで、スバルだからこそ絵になる印象(いいSUV度数:85点)

スバルXV(220万~292万6000円)…全長4485×全幅1800×全高1550mm。2L水平対向4+モーター/出力:145ps、19.2kgm+13.6ps、6.6kgm

●スバル フォレスター(291万5000~328万9000円)

・清水草一の評価…今のフォレスターはあまりにも魅力がない。e-POWERも1.8Lターボも眠すぎる! しかも燃費が期待外れ! スバルらしさを求めるなら、先代の中古車がイイな(いいSUV度数:55点)

・岡本幸一郎の評価…今やかえって新鮮に感じられるSUVらしい定番的なフォルムが身上。オンオフ問わず走行性能に優れ、SUVとしての機能も申しぶんなし。新設定の「スポーツ」が妙味(いいSUV度数:93点)

スバル フォレスター(291万5000~328万9000円)…全長4625×全幅1815×全高1715mm。1.8L水平対向4/出力:177ps、30.6kgm

次ページは : ■マツダ