ヤリスクロスなど人気車続々! 走り、コスパなど 「切り口」で選ぶオススメ国産SUV 6選

ヤリスクロスなど人気車続々! 走り、コスパなど 「切り口」で選ぶオススメ国産SUV 6選

 ヤリスクロスの人気が絶大だ。ロッキー&ライズも売れているし、ハリアー、RAV4の人気も上々。この4月には新型ヴェゼルも登場し、さらなる新型の登場も目されている。

 そんなわけで、いま国内SUVは新世代に突入し、その人気もさらに上昇している。

 そんななかで、デザインや走り、コストパフォーマンス…などなど、切り口別にオススメの国産SUVを選出してもらった!

●ラインナップ
・デザインでイチオシのSUV(清水草一)
・走りが今イチオシのSUV(松田秀士)
・使い勝手のよさが今イチオシのSUV(鈴木直也)
・誰にでもススメられるイチオシのSUV(渡辺陽一郎)
・個性派にオススメのイチオシSUV(清水草一)
・コストパフォーマンスがイチオシのSUV(渡辺陽一郎)

●参考:2021年2月販売台数 上位の顔ぶれとSUVの順位
1位 ルーミー(1万1954台)
2位 アルファード(1万110台)
3位 ヤリス(9950台)
4位 ヤリスクロス(9490台)
5位 ハリアー(8006台)
6位 ライズ(7900台)
13位 キックス(5069台)
18位 RAV4(4010台)

※本稿は2021年3月のものです
文/清水草一、渡辺陽一郎、松田秀士、鈴木直也 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号

【画像ギャラリー】ジムニー XV RAV4PHV… 選択肢が多すぎるのも困りもの! 評論家イチオシのオススメSUVをギャラリーで見る


■デザインでイチオシのSUV(清水草一)

 ジムニー/ジムニーシエラをSUVと言っていいのでしょうか?

 ジムニーファンは「そんな軟派なモンと一緒にするな!」と言うかもしれないし、クロスオーバーSUV勢には「ジムニーは本格クロカン4WDだろ」と言われそうな気もするけれど、ジムニーもジムニーシエラもSUV! という前提ならば、文句なしのブッチギリにジムニーシエラがナンバー1で、ナンバー2はジムニーです。

 両者の差はオーバーフェンダーの有無だけだけど、やっぱクルマって下半身が幅広いと、安定感がまるで違って見えるでしょ。

 これは自動車デザインの基本中の基本なので、デザインを比べれば、ジムニーシエラが上なのです。

 別にジムニーシエラとジムニーが競ってもしょうがないのですが、とにかくジムニーシエラのカッコよさはすさまじい。

 そのデザインは、「何もせず、ただ機能に従う」とも言うべき悟りの境地。超自然体の達人ですね。一瞬で秘孔を突かれ、「お前はもう死んでいる!」っていう感じだよ。

 ジムニーの前には、ほかのSUVはもう死んでるんだよ! 抵抗できないんだよ!

 「ジムニー系は反則!」と言うならば、なんだかんだでCX-5になりますかね……。CX-30もいいけど、より直球デザインなCX-5の勝ち。

 微妙な差ですが。全体的に国産SUVのデザインは非常にレベルが上がってる。ダメなデザインなんてあんまりないもんね。

確かにジムニーシエラとジムニーの外観上の違いは前後のオーバーフェンダー装着の有無だけだが、デザインにはかなり差が
確かにジムニーシエラとジムニーの外観上の違いは前後のオーバーフェンダー装着の有無だけだが、デザインにはかなり差が

次ページは : ■走りが今イチオシのSUV(松田秀士)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ