ヤリスクロスなど人気車続々! 走り、コスパなど 「切り口」で選ぶオススメ国産SUV 6選

人気さらに加速! デザイン、コスパ、使い勝手…「切り口」で選ぶオススメ国産SUV 6選

 ヤリスクロスの人気が絶大だ。ロッキー&ライズも売れているし、ハリアー、RAV4の人気も上々。この4月には新型ヴェゼルも登場し、さらなる新型の登場も目されている。

 そんなわけで、いま国内SUVは新世代に突入し、その人気もさらに上昇している。

 そんななかで、デザインや走り、コストパフォーマンス…などなど、切り口別にオススメの国産SUVを選出してもらった!

●ラインナップ
・デザインでイチオシのSUV(清水草一)
・走りが今イチオシのSUV(松田秀士)
・使い勝手のよさが今イチオシのSUV(鈴木直也)
・誰にでもススメられるイチオシのSUV(渡辺陽一郎)
・個性派にオススメのイチオシSUV(清水草一)
・コストパフォーマンスがイチオシのSUV(渡辺陽一郎)

●参考:2021年2月販売台数 上位の顔ぶれとSUVの順位
1位 ルーミー(1万1954台)
2位 アルファード(1万110台)
3位 ヤリス(9950台)
4位 ヤリスクロス(9490台)
5位 ハリアー(8006台)
6位 ライズ(7900台)
13位 キックス(5069台)
18位 RAV4(4010台)

※本稿は2021年3月のものです
文/清水草一、渡辺陽一郎、松田秀士、鈴木直也 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号

【画像ギャラリー】ジムニー XV RAV4PHV… 選択肢が多すぎるのも困りもの! 評論家イチオシのオススメSUVをギャラリーで見る


■デザインでイチオシのSUV(清水草一)

 ジムニー/ジムニーシエラをSUVと言っていいのでしょうか?

 ジムニーファンは「そんな軟派なモンと一緒にするな!」と言うかもしれないし、クロスオーバーSUV勢には「ジムニーは本格クロカン4WDだろ」と言われそうな気もするけれど、ジムニーもジムニーシエラもSUV! という前提ならば、文句なしのブッチギリにジムニーシエラがナンバー1で、ナンバー2はジムニーです。

 両者の差はオーバーフェンダーの有無だけだけど、やっぱクルマって下半身が幅広いと、安定感がまるで違って見えるでしょ。

 これは自動車デザインの基本中の基本なので、デザインを比べれば、ジムニーシエラが上なのです。

 別にジムニーシエラとジムニーが競ってもしょうがないのですが、とにかくジムニーシエラのカッコよさはすさまじい。

 そのデザインは、「何もせず、ただ機能に従う」とも言うべき悟りの境地。超自然体の達人ですね。一瞬で秘孔を突かれ、「お前はもう死んでいる!」っていう感じだよ。

 ジムニーの前には、ほかのSUVはもう死んでるんだよ! 抵抗できないんだよ!

 「ジムニー系は反則!」と言うならば、なんだかんだでCX-5になりますかね……。CX-30もいいけど、より直球デザインなCX-5の勝ち。

 微妙な差ですが。全体的に国産SUVのデザインは非常にレベルが上がってる。ダメなデザインなんてあんまりないもんね。

確かにジムニーシエラとジムニーの外観上の違いは前後のオーバーフェンダー装着の有無だけだが、デザインにはかなり差が

■走りが今イチオシのSUV(松田秀士)

 MX-30はEVモデルも追加されたことで、チョイスに迷うこととなった。つまり、MX-30そのものに走りのキャラクターが増えたのだ。

 マツダ車にはGVC Plus(Gベクタリングコントロールプラス)という技術が採用されている。

 一般道ではなかなか気づきにくいが、同乗者の揺さぶれ方が減少し、乗り心地にも寄与する。

 特に滑りやすい雪道走行では顕著にその差を感じられる。雪道におけるパイロンスラロームでは、驚くほど狙ったラインに乗せることができるのだ。

 また、EVは電気モーターゆえGVC Plus制御が積極的でより繊細だ。バッテリーパッケージによるボディ剛性アップも後押しする。

 足回りの設定はCX-3など、最近のマツダ車らしいコーナリングでは締まりのあるしっかり系、ながら凸凹路での外乱をしっかりと吸収する。

 ボディ剛性がカッチリしているので、より足の動きがいい。コーナーでの躍動感とスタビリティの高さ。また室内静粛性が高いので、メンタルを落ち着かせてどんな状況でも慌てない。平常心で走りを楽しめるSUVだ。

松田氏はMX-30EVの持つEVモデルならではのボディ剛性のカッチリ感を高く評価している

次ページは : ■使い勝手のよさが今イチオシのSUV(鈴木直也)