ある意味天寿を全うした幸福な1台!? プリウスαがトヨタ史に果たした役割【偉大な生産終了車】


 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はトヨタ プリウスα(2011-2021)をご紹介します。

文/伊達軍曹 写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】歴代プリウスとともに プリウスα10年の軌跡を辿る


■「車内や荷室がもっと広いHV車を!」の声に応えたプリウスα

「プリウスもいいが、我が家には車内や荷室がもっと広いハイブリッド車が必要だ」という声に応えるため登場し、約10年にわたって庶民の便利な足として奮闘。

 だが時の経過とともに同種の車=車内や荷室が広いハイブリッド車が多数登場したことで、その使命を終えた一台。

 それが、トヨタ プリウスαです。

 プリウスαは2011年5月、3代目トヨタ プリウスをベースとするステーションワゴン……とミニバンの中間的な車として誕生しました。

 車台は3代目プリウスと同じ新MCプラットフォームですが、ホイールベースをプリウスよりも80mm延長し、ボディサイズは全長4615×全幅1775×全高1575mmに拡大。

2011年5月に登場したプリウスα。
ベースととなった3代目トヨタ プリウス。2009年登場。全長×全幅×全高は4460×1745×1490mm、ホイールベースは2700mm

 そのうえで、2列5人乗り仕様のほかに3列7人乗りの仕様も用意しました。

 パワーユニットは3代目プリウスと同じ1.8Lガソリンエンジン(99ps/14.5kgm)を電気モーター(82ps/21.1kgm)がアシストする「THS II」(トヨタハイブリッドシステムII)。

 5人乗り2列シート仕様の駆動用バッテリーも3代目プリウスと共通のニッケル水素バッテリーでしたが、7人乗り3列シート仕様はコンパクトなリチウムイオンバッテリーを採用し、3列目シートを設ける関係で、バッテリーはセンターコンソール下部に置かれました。

 デザインはファミリー層を意識したコンサバな(保守的な)ニュアンスでしたが、その分だけ、後ろに行くにしたがって45mmずつ高くなるシートや、プリウスより拡大された2列目のニースペースなど、使い勝手のよさには強いこだわりが見られました。

 フル乗車時の荷室容量も7人乗り仕様で200L、5人乗り仕様で535Lが確保され、床下にも予備の収納スペース(60L)が設けられています。

 そんなプリウスαは発売後1カ月で5万2000台を受注し、2013年の時点でも月平均約8700台を販売。プリウス全体の約40%を占める人気モデルになりました。

 しかし2015年に5ドアハッチバックのプリウスが現行4代目にフルモデルチェンジされるあたりからプリウスαの販売は低迷し、2019年の登録台数は2013年の約11%にまで下がってしまいました。

 そしてトヨタは2020年12月、プリウスαの生産を2021年3月に終了すると発表し、実際に同年3月には生産を終了。

 トヨタの公式サイトから「プリウスα」の車名が消滅しました。

■相次ぐ「後継車たち」の登場によりその役目を終えたプリウスα

 お世辞にも「カッコいい車」「おしゃれな車」ではなかったかもしれません。しかし便利で経済的に使える庶民の足として活躍し、一時はかなりの数が売れていたプリウスαが、1代限りであっけなく終了してしまった理由。

 それは、「キャラクターが被る車が後から多数登場したことで、魅力を失った。あるいは、その使命を終えた」ということにほかなりません。

 トヨタ プリウスαが登場した2011年は、「車内が広いハイブリッド車」といえば同じトヨタのアルファード/ヴェルファイアとエスティマぐらいしか存在せず、それらはけっこう高額な車でした。

 そのため、「広くて(まあまあ)安いハイブリッド車」であるプリウスαの存在には大きな価値があったのです。

2014年のツーリングセレクション(7人乗り)
7人乗りのインテリア

 しかし、その後はトヨタ シエンタやノア/ヴォクシー、カローラ フィールダーなどの「広く使える車」に続々とハイブリッドシステムが搭載されるようになりました。

 そのため、「プリウスαじゃなければいけない理由」が失われてしまったのです。

「ユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン」として開発された2代目シエンタ(写真は7人乗り)。2015年に12年ぶりのフルモデルチェンジで登場した
2014年に3代目へフルモデルチェンジを果たしたノア。クラス初となるTHSIIが設定された
カローラフィールダーは2012年に3代目(カローラワゴンから通算で数えると11代目)にフルモデルチェンジ。翌2013年にアクシオとともにハイブリッド車が追加された

 話としては、駅前のスーパーマーケットが「町で唯一のスーパー」だった時代は必然的に繁盛したものの、その後、「さらに便利な○○スーパー」や「ちょっとおしゃれな△△スーパー」等々が町にたくさんできたことで、昔ながらの駅前のスーパーが徐々に徐々にさびれていった――みたいなことです。

 これと同じことは本家である5ドアハッチバックのプリウスにも言えることで、本家も同様に、ユーザーから見た場合の選択肢が増えたこと=どうしてもプリウスじゃなければいけない理由がなくなったことで、存在意義がやや曖昧になっています。

 本稿はそこを深堀りするためのものではありませんので、本家プリウスが今後進むべき方向性については触れません。

 しかしながらプリウスαはある時期、「より多くの荷物や人員を伴って、どこか遠くまで経済的に移動したい」という庶民の根源的な欲求を満たすため、しっかりと根源的な働きをしてくれた車でした。

 筆者はトヨタ プリウスαのことを特に好きではありませんし、正直「冴えないデザインだなぁ……」なんて思うのですが、しかし、心の底から「αさん、お疲れさまでした!」とは言いたいと思います。

■トヨタ プリウスα 主要諸元
・全長×全幅×全高:4615mm×1775mm×1575mm
・ホイールベース:2780mm
・車重:1480kg
・エンジン:直列4気筒DOHC、1797cc
・最高出力:99ps/5200rpm
・最大トルク:14.5kgm/4000rpm
・モーター最高出力:82ps
・モーター最大トルク:21.1kgm
・燃費:26.2km/L(JC08モード)
・価格:300万円(2013年式 G)

【画像ギャラリー】歴代プリウスとともに プリウスα10年の軌跡を辿る

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ