新型エクストレイル発表で注目度アップ!! 中古人気はどうなったのか!?


 2021年4月に開催された上海モーターショーで、日産『新型エクストレイル』が公開された。

 中国市場向けの仕様で、パワートレーンは日本未導入の可変圧縮比エンジンの「VCターボ」エンジンの搭載が発表された。しかし同日、欧州日産のホームページで、新型エクストレイルにe-POWERを搭載することがアナウンスされていた。これで、日本市場に導入される新型エクストレイルにe-POWERが搭載される可能性はグンと高まったといえる。

 2021年秋に日本市場に導入されると言われている新型エクストレイルだが、モデル末期となった現行モデルの中古車市場はどうなっているのかをチェックしてみた。

文/萩原文博
写真/NISSAN、編集部

【画像ギャラリー】新型登場でも話題! 現行エクストレイルの中古車は装備充実で超お買い得!!


■現行エクストレイルは改良ごとに安全装備が充実! 中古車価格にも反映されている

 3代目となる現行型エクストレイルは2013年12月に登場。先代までの直線的で、無骨なスタイリングから曲線を多用したスタイリッシュな外観デザインへと変更された。

 当初は2L直列4気筒ガソリンエンジン+CVTというパワートレーンのみだったが、2015年4月には2Lガソリンエンジンと1モーター2クラッチを組み合わせたハイブリッド車を追加している。

現行エクストレイルもほかの日産車と同様にモデルチェンジサイクルが長めですでに8年目。しかし年を重ねることに着実に改良を実施し、特に安全装備の充実度は最新のライバルモデルにも負けない

 そして、2017年6月には初のマイナーチェンジを行い、内外装の変化に加えて高速道路などで、アクセル、ブレーキ、ハンドルを自動的に制御し同一車線での高度な運転支援を実現した「プロパイロット」を設定し、運転支援システムの面でライバル車をリードした。

 また、2020年1月には一部改良を実施。運転支援システムのデバイスとして、単眼カメラに加えてミリ波レーダーを採用し、衝突被害軽減ブレーキの夜間時の性能が向上。同時にプロパイロットの性能も向上。さらにスカイラインなどにも搭載されている前方を走行する2台前の車両の動きを検知し、回避操作などが必要と判断した場合、警報などによってドライバーに注意を促す「インテリジェントFCW」機能が全車に標準装備されるなど、クラストップレベルの安全性能を実現している。

 2013年~2017年6月のマイナーチェンジまでを前期型、2017年6月のマイナーチェンジから2020年1月の一部改良までを中期型。そして2020年1月の一部改良後のモデルを後期型とすると、前期型の中古車の平均価格は約156万円。そしてプロパイロットを設定した中期型の中古車の平均価格は約236万円。運転支援システムのデバイスが変更された後期型は約290万円とキッチリとマイナーチェンジ、一部改良で平均価格が前期型と中期型で80万円、中期型と後期型は約54万円と明確な価格差が生じている。

外観も前期型と後期型では結構異なる。ナチュラルで都会的なスタイリッシュさ特徴だった前期型に対し、後期型はSUVらしい力強さを強調したものとなった

 これは年式が進んだことで価格が安くなるということだけでなく、運転支援システムの機能差が中古車相場に及ぼす影響の大きさを表しているといってもよいだろう。以前は安全装備というのは下取りや買取の査定にまったく影響のないアイテムだったが、昨今は運転支援システムが装備されているのは当たり前で、ないと査定価格が大きくダウンすることになるのだ。

■中古車の流通台数は約3000台で推移! 後期型も充実し、買い得感高し

 現在、現行型エクストレイルの中古車の流通台数は約3130台。ちょうど一年前のゴールデンウィークの時期の約3150台だったので、増えたり、減ったりしながらもこの数字が上限といえる状況だ。

 中古車の平均走行距離は一年前の時点で約3.3万kmだったが、現在は約3.75万kmと延びている。この影響は中古車の平均価格にも現れていて、一年前の約187万円から現在は約181万円まで値落ちが進んでいる。

 しかも値落ち傾向は3月の需要期から続いていて、流通台数は増加し、平均価格は下落とまさに現行型エクストレイルの中古車は買い時を迎えている。この値落ちはエクストレイル自身のモデルライフが長くなっていることもひとつの要因だが、RAV4などのライバル車の登場も影響している。

 一年前の流通している中古車の中に高年式、低走行距離のいわゆるおろしたて中古車は約230台流通していたのだが、現在は2020年~2021年式、走行距離500km以下で検索すると、約112台がヒット。価格帯は約220万~約326万円と流通台数は半減し、おろしたて中古車も割安感が目立っている状況だ。

装備は充実しているが、外観の変化に対し、内装は地味かつ、センターディスプレイの位置にも時代を感じる。そこはお買い得感でカバーといったところか

 そして流通している中古車の年式別の分布を見てみると、最も多いのが2016年式の約886台で断トツだ。続いては、2015年の約485台、そしてマイナーチェンジ後の2018年式が463台となっている。

 2019年式は200台以下まで流通台数は減少しているが、一部改良して運転支援システムが改良された2020年式は約250台と盛り返している。本来ならば、もっと大幅な値落ちとなるところを、こういった2020年~2021年式の中古車が平均価格の下落に少なからずブレーキを掛けていることは想像できる。

●ベストカーWEB厳選!! 都会派だけど走破性もバッチリ『現行型エクストレイル』の最新中古車情報

 グレード構成は長いモデルライフで名称が変わっているため比較が難しいが、2Lガソリンエンジンを搭載した4WD車。具体的には前期型の2.0X 4WDエマージェンシーブレーキ装着の2列車。2.0Xi 4WDの2列仕様車が最も多い。次いで多いのが2Lハイブリッド車の4WD車。そして2Lガソリンエンジンを搭載した2WD車となっている。

 一般的なSUVは2WD車のほうが流通台数は多くなることがある。しかしエクストレイルは伝統のタフギアを求めるユーザーが多く、中古車は圧倒的に中古車のほうが多い。ただ、カスタマイズカーのオーテックの流通台数は20台程度と少なめだ。

流通量は少ないが一味違うモデルをお探しならば、オーテックバージョンはいかがだろうか? ノーマルのタフギヤ感にクールさを兼ね備えた、カスタマイズカーならではのカッコよさがある

 現行型エクストレイルの中古車の価格帯は約68万~約410万円となっているが、今後はさらに値落ちが進み、国産ミドルサイズSUVの中でも狙い目の車種といえる。

【画像ギャラリー】新型登場でも話題! 現行エクストレイルの中古車は装備充実で超お買い得!!