トミカも走らせて競争する時代だ!! 実況付レースができる専用サーキットが新登場!!

トミカも走らせて競争する時代だ!! 実況付レースができる専用サーキットが新登場!!

 大人から子供まで、クルマ好きでなくとも、誰もが一度は手にしたことがあるだろう「トミカ」。現在までに1080種以上の車種が発売され、累計販売台数は6億9000万台を超えるという(2021年4月時点 タカラトミー発表)。

 このトミカが誕生したのは1970年のこと。日本初の手のひらサイズの国産車ダイキャスト製ミニカーシリーズとして登場し、2020年には発売50周年を迎えたロングセラー商品だ。そんなトミカを作り続けるタカラトミーが、2021年5月に新プロジェクト「トミカ アドバンスドプロジェクト」を発表した。

 「これからの50年」に向けた新プロジェクト第1弾の商品として、デジタルラップカウンターと、実況サウンドを備えた「トミカスピードウェイ 実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」(税込1万2100円)

 および、NFCチップを搭載した専用アプリと走行データが連動する「スーパースピードトミカ」4車種(各、税込1320円)を、2021年6月19日から全国発売するというのだ。その詳細をご紹介しよう。

文/吉川賢一、写真/タカラトミー

【画像ギャラリー】手のひらの上のトミカがスマートフォンの中に!! トミカ新プロジェクト始動!!