【ワゴンRとeKワゴン似てるけど‥‥実は】 クルマ界の「似たもの同士」15選


見た目似てても中身がちがうこともたくさんある。

頭でそうわかっていても、簡単には割り切れないのが人間てものです。たとえばクルマ界なら、3気筒エンジン、CVT、姉妹車……、「どれも同じようなものなんじゃないの?」と思っている人も少なくないのでは?

でも他社との違いを出すためにこそ、日夜頑張っているのがメーカーというもの。…なんて偉そうに言う担当も、調べてみたら知らないことが多かった!「その違いはどこにあるのか?」に迫りました!

※本記事は2017年6月時点のものです。
文:ベストカー編集部
写真:shutterstock.com、ベストカー編集部
初出:ベストカー2017年6月26日号


■トールシリーズ 違うのはフロントマスクだけなの?

ダイハツトール/トヨタルーミー&タンク/スバルジャスティの姉妹車は、フロントマスクの組み合わせは違うが、そのほかは同じに見える。

しかしジャスティだけは、トール/ルーミー&タンクとは一部のグレードで装備と価格が異なる。トールで標準ボディの GターボSA2/ルーミー&タンクG-Tは180万3600円だが、ジャスティGSスマートアシストは189万円だ。

8万6400円の価格差が生じたのは、ジャスティがLEDヘッドランプ/フォグランプを標準装着したから。同じ金額でトール/ルーミー&タンクもオプション装着できるから買い得度は等しいが、設定の仕方が違う。

ちなみに先代ムーヴと姉妹車のステラでは、フロントスタビライザーの設定を変えていた。ムーヴはカスタムのみに装着したが、ステラは標準ボディを含めて全車に装着して、走行安定性と乗り心地のバランスを向上させていた。

(渡辺陽一郎)

スバルジャスティ
スバルジャスティ

■マツダの「ソウルレッド」には2種類ある!?

ソウルレッドプレミアムメタリックはマツダ車のイメージカラーだが、新型CX-5はソウルレッドクリスタルメタリックを新採用した。

写真で見ると鮮やかなレッドで従来のカラーと似ているが、実車を比べると意外に違う。クリスタルは光の当たり方による濃淡の差が大きい。光が直接当たる上向きの面は若干ピンク色を含んだような鮮やかさで、陰になる横向きの面は、深みのある濃いレッドに見える。

(渡辺陽一郎)

今までの「ソウルレッド」とは異なるカラーを採用した新型CX︲5
今までの「ソウルレッド」とは異なるカラーを採用した新型CX-5

次ページは : ■ワゴンR、ムーヴ、eKワゴン…軽のハイトワゴン、スタイルもパッケージも似ているけれど

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ