人気車シエンタが異例の復活を遂げた裏事情 販売から熱烈ラブコール?


 2003年にトヨタのコンパクト3列シートミニバンとして登場したシエンタは、7年後の2010年に生産終了した。しかし、翌年にシエンタは、マイナーチェンジをおこない異例の復活をする。

 一度ドロップアウトした車種が、同一型式のまま、短期間で復活することは、ほとんど前例がない。生産中止からすぐに復活という特異なシエンタの動きは、いったいなぜ起こったのだろうか。販売現場から上がっていた声を集めながら、シエンタが再販された裏事情について考えていく。

文/佐々木亘
写真/編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】それは己の身を焼き灰から蘇るとされる不死鳥の如く!! 異例の復活を遂げたトヨタ シエンタ


■ホンダ モビリオを徹底研究し生まれたシエンタ

一度生産終了し、翌年復活という異例の経歴を辿ったトヨタ シエンタ。マイナーチェンジされ、しかも角型ライトを備えたDICE(右)も追加設定するというおまけつきだ

 エルグランドに対するアルファード、ストリームに対するウィッシュ、同じ構図でシエンタは誕生した。対抗馬はホンダ モビリオである。

 モビリオは、後席両側スライドドアを採用し、センタータンクレイアウトから生み出される室内の広さが売りだった。ダイブイン形式で、2列目シート下に格納される3列目シートも、当時のコンパクトミニバンでは珍しい装備だ。

 シエンタには、モビリオ同様に後席両側スライドドアを採用する。薄型の燃料タンクを用いて、室内空間を広げ、さらに3列目シートは、2列目の下にダイブインさせた。この機構はモビリオと同様だが、モビリオよりも簡単に、小さな力で3列目シートを格納できるよう工夫されている。

 モビリオは、2008年に生産終了し、後継のフリードへコンパクトミニバンの地位を譲った。フリードは大人気となり、トヨタはフリードへの新たな対策を取るため、2010年にシエンタの生産を終了する。フリードに対しては、新たなクルマを提案するのが、トヨタの戦略であったのだろう。

■フリードへの対抗馬はパッソセッテ? 後継を見誤ったトヨタ

トヨタがホンダ フリードへの対抗馬として送り込んだパッソセッテ。パッソセッテの不振がシエンタ復活のきっかけとなった

 カクカクとした箱型ミニバンのモビリオが、ワンモーションフォルムが美しいフリードへ生まれ変わった。そこへトヨタが送り込んだのは、シエンタから大きく形を変えた、パッソセッテだった。

 パッソセッテは、シエンタの広い室内、簡単にたためるダイブイン3列シート、そして両側スライドドアという3つ売りをすべてなくした。同じなのは、3列シートでコンパクトボディというだけで、シエンタの後継とは言い難い。

 フリードに対しても、優位なのは価格だけであり、機能性やパッケージングなどは遠く及ばなかった。

 シエンタとパッソセッテは、カローラ店の専売車種だ。しかし、パッソセッテの不振が与える影響は、カローラ店だけにとどまらない。

 人気カテゴリーであるミニバンの中で、フリードが地位を高めていくことは、ラージクラス、トールサイズのミニバンの売れ行きにも影響が出てくる。アルファード/ヴェルファイア、ノア/ヴォクシー、そしてエスティマなど、他チャネルが展開するミニバンの販売不振にもつながりかねない。

 フリードに勝つことまでは要求しないが、同一コンセプトで戦えるミニバンがトヨタの中にほしい。販売側にとって、人気車と同じ土俵で戦えるクルマがない状態は、メーカーとして、そのカテゴリーでの負けを意味する。コンパクトで両側スライドドア、3列シートを備えたクルマの準備は急務であった。

 時間的な余裕がなく、対策を速やかに講じるため、条件に合致するシエンタを、マイナーチェンジさせ復活するという異例の手段が取られたのだろう。フリードへの真っ向勝負とはいかないが、トヨタラインナップで、コンパクト3列ミニバンとして話題にできるクルマがあることは、販売現場の安心感につながる。

 シエンタの早期復活は、後ろ向きの理由も目立つが、販売現場目線で見ると、メーカーの早い対応に好感が持てる。シエンタ復活を好意的にみる現場は、少なくなかったはずだ。

次ページは : ■全販売チャネルを味方につけ“戦力外”から復活したシエンタ