いま絶対乗っておきたいA-B&Cセグハッチバックモデル6選


 実用性と走りの楽しさを高次元で兼ね備えたクルマ、それがホットハッチだ。かつては日本でも充実した顔触れが揃っていたが、エコカーやミニバン、SUVブームなどに押され、車種やニーズも激減。

 さらに欧州で実施される厳しい排ガス規制が大きなターニングポイントとなるのは必須で、やがては欧州メーカーのホットハッチすら、その存在が危ぶまれる事態になるのではないか…と言われている(だからそんな中でGRヤリスやスイフトスポーツ、先ごろ発表された新型86・BRZといった存在は本当に頼もしいし嬉しくなるし、メーカーさんには心からお礼を言いたくなってしまうのだ)。

 今回ここでは、A-Bセグ、Cセグ2つのカテゴリーから、いま乗っておきたいイチオシのホットハッチ各ベスト3、計6台を選出。自動車評論家 岡本幸一郎氏にじっくりと語ってもらう。

※本稿は2021年5月のものです
文/岡本幸一郎 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年6月10日号

【画像ギャラリー】本文で載せきれなかったモデルも含め、いま乗っておきたいオススメハッチバックをギャラリーでチェック!!!


最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ