【積んでヨシ、乗ってタノシ、燃費・税金もウレシ!】 ホットハッチにもう一度愛を!!

 1980年代から1990年代の終わりにかけて、日本ではホットハッチと呼ばれるクルマが人気を集めていた。スターレット、パルサー、シビック、ミラージュなどなど、その歴史には名車の数々がずらりと並ぶ。

 だがそのブームもやがてミニバンに取って代わられ、近年のクルマ界の一大トレンドはSUVとなっている。

 しかしここで今一度、ホットハッチに注目してほしい。

 走りのよさや楽しさ、そして独立したトランクを持たない2BOXボディからくる優れた使い勝手などは、日常のなかでも充分感じ取れる。

 クルマが持つ性能をどれだけの時間、どれだけ使い切れるかで見た場合、ホットハッチがミニバンやSUVに劣る点などひとつもないのだ。

 もうおわかりだろう。ホットハッチが再注目されるのは、もはや時間の問題。コレを読めば、アナタもホットハッチがほしくな~る、ほしくな~る。

●清水草一(コラムを下段に掲載)が掲げる「ホットハッチ、SUVよりいいトコロ」5箇条
・コンパクトだから取り回しがラク! 小さいSUVよりやっぱりイイ!
・立体駐車場にも入る。全高高くないからネ!
・車重が軽いから動きも軽快。重量税も安いヨ!
・重心が低い。曲がる楽しさに大きく関わるよ!
・燃費がいい。小さくて軽いから、そりゃね!!

※本稿は2019年3月のものです
文:石川真禧照、鈴木直也、国沢光宏、片岡英明、松田秀士、小沢コージ、清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年4月26日号


■日本車&輸入車 ハッチバックこの1台

 ベストカーおなじみの自動車評論家6人が「この1台がイーネ!」という国産&欧州のホットハッチを選出! SUVにはない「走りの楽しさ」を感じたいあなた、必見です!

■スズキ スイフトスポーツ & VW ポロGTI

(TEXT/石川真禧照)

●スズキ スイフトスポーツ(価格:183万6000円から)

1.4L直4直噴ターボ(140ps/23.4kgm)を搭載。新開発プラットフォームを採用し、高剛性ボディながら970kgという軽さを実現した

●VW ポロGTI(価格:348万円から)

2L直4直噴ターボ(200ps/32.6kgm)+6速DSGを搭載。上質さも速さも兄貴分のゴルフGTIを脅かす存在にまで成長

 両方車に共通しているのは、クルマ開発の理念だ。そこにボクは着目した。

 スイフトスポーツは、2004年に登場した2代目で開発思想から変えたことからはじまる。

 それまでのコスト重視から、お金をかける開発に大方向転換。結果、ハンドリングをはじめ、すべてがいい方向に向かった。欧州での走り込みが、クルマを変えたのだ。現行型も欧州ホットハッチと戦える性能に仕上がっている。

 ポロだが、「GTI」というネーミングはVWがゴルフで最初に用いた。ゴルフGTIはFFハッチバックをベースにチューニングしたエンジンなどを搭載し、走りを楽しむモデルとして、現在でも存在している。

 しかし、モデルチェンジのたびにボディは大きくなり、初代の頃のコンパクト感はなくなっていた。そこにポロをベースにGTIが登場。ゴルフの原点回帰として、ボクは位置付けたのだ。

■日産 ノート e-POWER NISMO S & アバルト 595

(TEXT/鈴木直也)

●日産 ノート e-POWER NISMO S(価格:267万1920円)

e-POWER NISMOと同じ車重1250kgのボディに、136psと約25%パワーアップしたモーターを搭載。鋭い走りをみせる

●アバルト 595(価格:299万円から)

1.4L直4ターボ(145ps/18.4kgm)を搭載。よりレーシングライクな180psの高性能モデル「コンペティツィオーネ」も設定する

 ホットハッチの楽しさは、「山椒は小粒でもピリリと辛い」ところ。小柄なボディでカッ飛ぶ小気味よい走りが身上だ。

 アバルト595は、それをオーソドックスな手法で実現した正統派。やんちゃな1.4Lターボのパワーを5速MTで走らせるのは、ちょっと古典的と感じるけれども、やっぱり楽しさに溢れている。

 一方、ノートe-POWER NISMO Sは、電動パワートレーンでも、同じく“熱い走りが実現可能だ”ということを証明した革命児。32.6kgmという最大トルクは、内燃機関なら3L V6級に相当する。そのトルクが、アクセルを踏めば瞬時にレスポンスする。

 バッテリーEVと違って、車重は1.2トンほどと身軽だから、ワインディングをスイスイ駆け抜ける軽快感は格別。まさに、新時代のホットハッチと言えるんじゃないかな?

■マツダ デミオ15MB & ルノー メガーヌR.S.

(TEXT/国沢光宏)

●マツダ デミオ15MB(価格:156万600円)

モータースポーツベースとして市販されたモデル。1.5L直4NAエンジン(116ps/15.1kgm)搭載で、「振り回して遊ぶ」楽しさがある

●ルノー メガーヌR.S.(価格:440万円から)

1.8L直4直噴ターボ(279ps/39.8kgm)を搭載。リアもステアする「4コントロール」でFFらしからぬ高い旋回性能を持つ

 欧州で売れている人気ホットハッチは、ラリーのベース車両になるBセグなのだけれど、残念ながら日本にほとんど入ってきていない。

 強いて言えばポロGTIやルーテシアR.S.あたりが該当するも、マニュアルの設定なし。アカンです。ということでマニュアル選べる欧州車は、年頭のオートサロンで発表されたメガーヌR.S.だけ。日本勢も魅力的なホットハッチ、ありません。

 シビックのタイプRなどは相当魅力的ながら、皆さん推挙するだろうし、もはやパフォーマンスを考えたら、エンジンをフルにブン回して走る「ホットハッチ」というより本格的なスポーツモデルと言っていい。

 現在販売している日本車でシンプル・イズ・ベストの精神を持ってるホットハッチは、モータースポーツ参戦車両という位置づけのデミオ15MBでしょうね。価格もフレンドリィです。

■トヨタ カローラスポーツ & VW ゴルフR

(TEXT/片岡英明)

●トヨタ カローラスポーツ(価格:210万6000円から)

新開発のレブマチック機能付き6速MT「iMT」と、1.2L直4直噴ターボ(116ps/18.9kgm)を搭載。スポーツの名は伊達じゃない!

●VW ゴルフR(価格:569万9000円から)

2L直4直噴ターボ(310ps/40.8kgm)と4WDの組み合わせで、高い安定感と速さを実現。羊の皮を被った狼といった感じだ

 カローラスポーツは、Cセグメントのど真ん中を狙ったトヨタ期待の世界戦略車だ。

 日本仕様のパワートレーンはC-HRと同じ古いユニットだが、1.2Lの直噴ターボには6速MTが用意されている。

 ターボが稼働する前の低回転はパンチが足りないが、6速MTのiMTは運転して楽しい。サーキット走行でも気持ちよくシフトできる。

 トヨタの新世代プラットフォームである「TNGA」を採用したこともあり、ハンドリングも軽快だ。電子制御ダンパーのAVSを装備したクルマは足の動きがよく、意のままの走りを楽しめる。

 ゴルフRは運転がうまくなったと感じる良質なホットハッチだ。4WDだが、FR車のような軽快感を身につけ、しかも狙ったラインに乗せやすい。GTIのほうが小気味よさを感じる場面もある。だが、パワーとトルクがあって痛快なのはRだ。

■ホンダ シビックタイプR & アウディ RS3 スポーツバック

(TEXT/松田秀士)

●ホンダ シビックタイプR(価格:450万360円)

ゴルフRとは対照的にやる気オーラ全開のフラッグシップモデル。2L直4直噴ターボ(320ps/40.8kgm)で暴力的な速さをみせる

●アウディ RS3 スポーツバック(価格:767万円)

2.5L直5直噴ターボ(400ps/48.9kgm)+4WDという、往年のWRCを席巻した組み合わせを採用。速さも凄いが、価格も凄い767万円

 リアサスがWウィッシュボーン式になったタイプRは、高速コーナーでのリアの安定性が向上している。鷹栖の150km/hレベルのコーナーに飛び込んでも何も起こらない。

 FFホットハッチの場合、中低速でリアが安定しすぎると操舵角が増えて、タイヤの横方向グリップ要求が高くなり縦方向を使うアクセルが踏めなくなる。このバランスの悪さを、アジャイルハンドリングアシストのブレーキによるトルクベクタリングでより旋回しやすくしているのだ。

 リアが軽くてよく曲がるFFホットハッチは多々あるけれど、タイプRが凄いのはそこ。

 RS3も同じように安定感があるが、AWDのクワトロシステムがコーナリングで4輪すべてにかかるトラクションをコントロールして、直5ターボが発生する400psのパワーを使い切る。4輪のタイヤを使い切る恐ろしい速さだ。

■スズキ アルトワークス & VW ゴルフGTI

(TEXT/小沢コージ)

●スズキ アルトワークス(価格:150万9840円から)

“安い” “速い” “楽しい”の三拍子を揃えたお財布にも優しい軽ホットハッチ。660cc直3ターボ(64ps/10.2kgm)を搭載

●VW ゴルフGTI(価格:409万9000円から)

日常性と速さを兼ね備えた、Cセグホットハッチの雄といえる存在。2L直4直噴ターボ(230ps/35.7kgm)+6速DSGを搭載

 昨今の性能てんこ盛りホットハッチには一切反応せず、即席ラーメンに大きめな排骨を載せたような、まかない飯的最速大衆車を好む小沢。今ならやっぱりアルトワークスだ。

 まず5速MT&FFで税抜き140万円以下のコストパフォーマンスが圧巻。それも本質的速さじゃなく、速さ“感”は充分!

 エンジンはターボRSのパワーアップ版で、最大トルクが0.2kgm増えただけ。でも燃料噴射マップを変えてダイレクト感10%増しで、5速MTのFF仕様で車重670kgがまた凄い。

 クルマ軽けりゃ七難隠す! じゃないけどマジで楽しい。専用レカロシートは座面高すぎって話もあるけど小沢的にはOK!

 ゴルフも310psで4WDのクソ高いゴルフRなんかまったくいらない。230psで35.7kgmのFFのGTIで充分。逆にパワーハミ出し感覚も味わえてこっちのほうがいい。


【番外コラム】清水草一が語る、非SUV派のためのホットハッチのススメ

(TEXT/清水草一)

 ホットハッチの素晴らしさを、現在愛車のシトロエンDS3で満喫中の清水草一氏が紹介!

*   *   *

 ホットハッチはスバラシイよ! 第一にコンパクトであること。道の狭い日本では、これが何よりうれしい。ホットハッチなら、路地でのすれ違いも大丈夫! 

 日本では、駐車スペースの幅の狭さのほうがもっと問題かな。でもホットハッチなら車庫入れラクラク! これまた、絶対に見逃せない要素だ。車庫入れでモタつくのって、本当に面倒くさいし、時間のムダだからね。

 いずれにせよ、ホットハッチは小さいから、気軽に出撃することができる。デカすぎて乗るのが面倒くさくなるようなクルマとは大違いだ。まず、ここを強調しておきたい。

 で、そうやって気軽に出撃すれば、加速が気持ちイイ。車体が軽くて、エンジンが適度にパワフルなので、小さな力でススス~っと加速してくれるわけだよね。だから、そこらの路地を走っても楽しい。

 加速が気持ちイイってのは、運転のヨロコビの基本中の基本。それが、いつでもどこでも味わえるんだ。ハーフスロットルで充分に楽しめる。スバラシイね。

 一方、料金所ダッシュでは、しっかり全開加速をかますことができる。ホットハッチは適度に速いけど速すぎないから、アクセル全開の快感もちゃんと味わうことができるのだ。うれしいじゃないか! 

 ホットハッチはコーナリングも楽しい。なにしろホットハッチだから、当然キビキビ曲がる。自分の運動神経がよくなったみたいに錯覚させてくれるぜ。

 ホットハッチは使い勝手もイイ。リアのハッチゲートは荷物の積み下ろしがラクラク。

イザとなれば後席を倒してデカいモノだって簡単に積める。これ以上何を望むのか。

 個人的には、シトロエンDS3でホットハッチを楽しんでいるが、現行国産車で最高のホットハッチは、スイフトスポーツだと確信している。

 スイスポは本当にスバラシイ! MTもATも選べて、どっちも楽しいし、実用性も完璧。なにしろ1.4Lターボのパワーやトルクが最高にちょうどいい。

清水氏絶賛のスイフトスポーツ。先代の1.6L NAエンジン時代も各方面から絶賛された

 国産メーカーはスイスポを見習って、もっともっとホットハッチを出してくれ~! 真剣にお願いします。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ