【スイスポ、NISMO、ヴィッツGR】国内コンパクトホットハッチ頂上決戦

【スイスポ、NISMO、ヴィッツGR】国内コンパクトホットハッチ頂上決戦

 こんにちは、山野哲也です。トヨタがGRというスポーツモデルブランドを立ち上げて、積極的にニューモデルを投入するというので、ボクもとても興味津々です。

 スズキはスイフトスポーツをモデルチェンジして1.4Lターボエンジンを搭載するとともに、あえて3ナンバーボディになることを辞さずワイドトレッド化するなど、走りの質を求めています。

 フェンダーフレアで対応するのではなく、フロントフェンダーからリアフェンダーまで外板パネルを専用としているのは、コスト的にも小さくないので、スズキはスイフトスポーツの操安性能に真剣に取り組んでいるのだろうということがわかります。

 そんな盛り上がりを見せる国産コンパクトスポーツを代表して、マーチNISMO、ヴィッツGR、スイフトスポーツに乗ってみました。

文:山野哲也/写真:西尾タクト


■マーチNISMOにはレーシングカーの息吹を感じる

 今回乗った3台のなかで、スポーティな操安性、サスペンションのよさという点で評価すれば、圧倒的によかったのはマーチNISMOです。

 レーシングマシンの開発、セッティングの経験豊富なNISMOの底力を見せつけた、という印象。

 試乗した道路はけっこう路面が荒れていて小さなうねりがあったり、マンホールのフタの部分が段差になっているような場所もあり、サスペンションやボディの善し悪しがクッキリと見えてくるのですが、マーチNISMOはいっけんガチガチの乗り心地のように感じるものの、うねりや段差でしっかりとサスペンションが動いて、”ダダン!!”という入力にもボディが負けることなく足が動いて車体の上下動が少なく抑えられています。

 これはかなり緻密にクルマに合わせて減衰力の特性などを突き詰めていかなければ、ここまでは煮詰め上げられません。

ヴィッツGRの評判は高いが、マーチNISMOの仕上がりは「ジムカーナキング」の山野哲也氏をもってしても納得だという
ヴィッツGRの評判は高いが、マーチNISMOの仕上がりは「ジムカーナキング」の山野哲也氏をもってしても納得だという

 同じようにヴィッツGRを走らせると、ヴィッツGRも悪くはないのですが、突起乗り越え時に”ダン!!”とボディが揺すられるような動きをしてしまい、完全に入力を吸収し切れていません。

 もうちょっとフラットな路面でヒラリヒラリと山道を走るような場面では、ヴィッツGRのハンドリングもとてもいいのですが、条件が厳しくなってくるとマーチNISMOの足の「よさ」が際立ってきます。

 でも、室内の雰囲気や全体的な仕上げの「豪華さ」というか作りのよさは圧倒的にヴィッツGRが勝っています。ブレーキのよさもヴィッツGRが勝ります。

 おそらくNISMOの開発陣は、ものすごい量のタイヤとサスセッティングの組み合わせをテストして、最適なものを導き出しているのだと思います。

 マーチNISMOのタイヤサイズは205/45R16という、ちょっと変わったサイズなのですが、これもベストを追求した結果のタイヤサイズなのでしょう。

ヴィッツGRはWRXなどのイメージを彷彿とさせるが、山野氏いわく足回りの詰めがもうひとつ、だそう
ヴィッツGRはWRXなどのイメージを彷彿とさせるが、山野氏いわく足回りの詰めがもうひとつ、だそう

次ページは : ■スイフトスポーツは誰もが楽しめるマルチプレイヤー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します