いま絶対乗っておきたいA-B&Cセグハッチバックモデル6選

いま絶対乗っておきたいA-B&Cセグハッチバックモデル6選

 実用性と走りの楽しさを高次元で兼ね備えたクルマ、それがホットハッチだ。かつては日本でも充実した顔触れが揃っていたが、エコカーやミニバン、SUVブームなどに押され、車種やニーズも激減。

 さらに欧州で実施される厳しい排ガス規制が大きなターニングポイントとなるのは必須で、やがては欧州メーカーのホットハッチすら、その存在が危ぶまれる事態になるのではないか…と言われている(だからそんな中でGRヤリスやスイフトスポーツ、先ごろ発表された新型86・BRZといった存在は本当に頼もしいし嬉しくなるし、メーカーさんには心からお礼を言いたくなってしまうのだ)。

 今回ここでは、A-Bセグ、Cセグ2つのカテゴリーから、いま乗っておきたいイチオシのホットハッチ各ベスト3、計6台を選出。自動車評論家 岡本幸一郎氏にじっくりと語ってもらう。

※本稿は2021年5月のものです
文/岡本幸一郎 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年6月10日号

【画像ギャラリー】本文で載せきれなかったモデルも含め、いま乗っておきたいオススメハッチバックをギャラリーでチェック!!!


■現行国産&輸入A-BセグメントホットハッチBest 3

●軽~コンパクトクラスのA-Bセグメントランキング。粒揃いのモデルのなか、1位はやはりあのクルマ!

「ホットハッチ」という言葉が似合うのは、今どきの大きくなったCセグよりも、こちらの小さいクラスだという気がしている。Cセグは欧州勢が目立つのに対し、このクラスは日本勢も頑張っている。

 そのなかでも、別格的にスゴイのがGRヤリスだ。

いずれは先細り必然!!? いま絶対乗っておきたいA-B&Cセグハッチバックモデル6選
トヨタ GRヤリス…Bセグ最強のホットハッチ。モータースポーツベースだけに他車とはキャラクターが異なるように思えるが、普通に使える間口の広さも魅力。直3、1.6Lターボで272ps

 現状クラス唯一の4WDであり、価格的にも性能的にも飛び抜けていて、Cセグすら凌駕するほどの内容を誇るので、別格扱いにしてもよいくらいだが、そこに存在するからには選ばないわけにはいかない。

 なにせすべてが圧倒的だ。パンチの効いたエンジンは、今どきの市販車ではありえないほどの潔さ。よほど割り切っていないとこんなエンジンは作れない。

 さらにはコーナー立ち上がりでリアの外輪が効いてグイグイ曲がっていくハンドリングも刺激的で楽しい。

 往年のホットハッチらしい味わいと最新のハイテクが融合した、歴代最強のBセグホットハッチと断言できる。

 そして2位以下をどうするかも本当に悩んだ。どれを選んでも大義名分が立つからだ。

 そんななかでも、強いて選ぶとすると、アバルト595だ。

いずれは先細り必然!!? いま絶対乗っておきたいA-B&Cセグハッチバックモデル6選
アバルト595…140psの直4、1.4Lターボを搭載するFFスポーツ。価格は5MTが300万円、5AMTが326万円。180psのコンペティツィオーネもラインナップ

 生い立ちからして、まさしくホットハッチそのもの。小さな車体に強力なエンジンを積み、どこでもキビキビと走れる痛快なドライブフィールは、このクルマならでは。

 すでに登場からだいぶ時間が経過しているのに、このクルマだけは時間が止まっているかのように全然古くならないのも不思議だ。

 3位は現代のホットハッチの新定番、スイフトスポーツとしたい。

いずれは先細り必然!!? いま絶対乗っておきたいA-B&Cセグハッチバックモデル6選
スズキ スイフトスポーツ…日本を代表するホットハッチで現行型が4代目と歴史もある。140psの直4、1.4Lターボエンジンを搭載するFFスポーツで、1トンを切る軽さが魅力

 約200万円という価格で、これほど走る楽しさを直感させてくれるクルマなどほかにない。

 シフトフィールのよいMTを駆使してエンジンのポテンシャルを引き出し、しっかりとしたハンドリングとともにコンパクトな車体を自在に操って楽しめるのは、まさしくホットハッチの醍醐味だ。

●ホットハッチは今のうちに楽しむべし!

 ベスト3には入らなかったが、ぜひ入れたかった魅力的なホットハッチがいくつもある。なかでも3位にするかどうか迷ったのがポロGTIだ。

 大人っぽくなったゴルフGTIに対し、ポロGTIも以前よりは成熟したとはいえ、ヤンチャな雰囲気も残っていて、往年のホットハッチの匂いがする。375万5000円で2Lターボ、200psの走りが楽しめるのは割安に感じられるのも魅力だ。

 同じくルノールーテシアも従来あったルノースポールが新型にはまだなく、今後も設定されるかどうか微妙だが、量販モデルがR.S.なみにホットで驚いた。このエンジンはなかなか見どころがある。

 また、小さいほうのMINIのジョンクーパーワークス(JCW)は、サイズ的にはこちらに属するが、Cセグのほうでまとめて述べたい。

 日本勢では軽自動車の2台にも注目だ。小さくて軽い車体と660ccエンジンから絞り出したパワーのすべてを手の内で操れる感覚は、これまたホットで楽しい。アルトワークスはスパルタンな走りが、N-ONEはMTが6速というのがポイントだ。

 実は今後、環境問題への対応から、このクラスの高性能車は貴重なものになっていく可能性が高い。興味のある人は、まだ豊富に選べる今のうちに味わっておくのが賢明だ。

次ページは : ■現行国産&輸入ホットハッチCセグメント ベスト3

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ