アルファード2カ月連続販売台数ダウン! いよいよ「アルファードバブル」の崩壊が始まったのか?

2カ月連続販売台数ダウン! いよいよ「アルファードバブル」の崩壊が始まったのか?

 最近まで1万台以上売れていたアルファードが、4月は7576台、5月は5947台と販売台数が急に下降した。

 高額な高級ミニバンのアルファードが毎月1万台以上売れていたのだから驚くべき売れゆきだが、そのいっぽうでささやかれていたのが「この好景気はある時、急に終わるのでは?」という売れすぎにもみえる売れゆきを懸念する声。

 これを通称“アルファードバブル”などと呼ばれることもあるようだが、4月~5月の販売台数の減少は、アルファードのバブルの崩壊がついに起こりはじめたということなのか?

 これまでほどには売れていないアルファードの要因を、新車販売事情に詳しい小林敦志氏が解説する。

文/小林敦志  写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】トヨタの屋台骨を支える1台である 高級ミニバン『アルファード』を写真でチェック!!


■アルファードは4月28日に一部改良された

 最近は街なかを歩いていると、とにかくアルファードが走っているのを多く見かける。ボディカラーはパールホワイトもしくは、黒系ばかり。

 リセールバリューがもはや“メルセデスを超える高レベル”といっても言い過ぎではないアルファード。

アルファードはパールホワイトやブラック系のボディカラーのリセールバリューが高い

 しかし、3.5L V6やエグゼクティブラウンジ、そしてパールホワイトもしくは黒系ボディカラー以外を選択すると、たとえアルファードとはいえども、リセールバリューの大幅下落を招く“アンタッチャブルセレクト”となっているのだ。

 そのアルファードだが、ヴェルファイアと同時に、2021年4月28日に法規対応をメインとした一部改良を実施している。この改良と同時にヴェルファイアはモノグレード(単一グレード)となって、アルファードも実は一部グレードが廃止されているのだった。

 一見するとアルファードはまだまだワイドバリエーションにも見えるのだが、“アルファードバブル”をより享受しようとすると、「S Cパッケージ」もしくは、特別仕様車となる「S “タイプゴールドII”」の事実上二者択一となっているのが現状ともいえる。

2021年4月の一部改良で新設された特別仕様車 アルファード「S “タイプゴールドII”」。ベース車のSグレードに対して25万5000円高い価格となっている

■「アルファードバブル崩壊」が始まった? 2021年4月、5月の販売動向

 アルファードの自販連(日本自動車販売協会連合会)統計による2020年度(2020年4月~2021年3月)での年間販売台数は10万6579台となり、月販平均台数は約8881台となる。

 支払い総額で600万円も当たり前の高級ミニバンを、“コロナ禍”という大きな社会不安が続くなか、年間で10万台強販売したことについて世間を大いに騒がしたのは記憶に新しい。

 ところが2021年度に入ると、アルファードの販売台数が2021年4月7576台、2021年5月5947台となり、さっそく「アルファードバブル崩壊か」といった話も出始めている。しかし……。

2021年1月~5月のアルファード・ヴェルファイア月別販売台数推移グラフ

 アルファードが一部改良を行ったのが4月28日。となるとすでに3月中にはオーダーストップとなり、4月は改良前モデルの新規発注はできなくなっていた。

 改良後モデルについては、正式発表前の予約受注活動はできたものの、新規登録できるのは4月28日以降となり、29日は祝日となるので、改良後モデルの4月中の新規登録(ナンバープレート取得)はかなり限定的というか、ほとんど不可能に近い話(販売店も連休に入ってしまうので)となる。そのため、4月の販売台数のほとんどは、改良前の販売店在庫車となる。

 改良発表まで1カ月を切った段階で、7576台も新規登録かけられるほど在庫を抱えていたというのも驚きだが、あるトヨタ系ディーラーマンに話を聞くと、「アルファードは改良などの直前には中古車だけでなく、新車販売もよく動く(業者が購入し、未使用中古車として販売するケースも多いようだ)」と聞いたことがあるので、意図的に在庫を抱えた販売店が多かったようだ。

 改良直前で、しかも年度末決算セールのなかにあたる3月に約1.4万台販売しておきながら、年度末決算セールの反動で新車がなかなか売れない4月に約7500台販売してしまうところをみると、まだまだ“アルファードバブル”は終わりを見せるどころか、より勢いづいているようにも見える。

 5月の販売台数は4月よりも少なくなっているが、これは5月上旬にはトヨタ系ディーラー各店がゴールデンウイークのため長期休暇をとっており、また登録申請を受け付ける運輸支局もゴールデンウイーク中に連休に入っており、稼働日数が少なかったことがまず要因として考えられる。

 改良が4月28日に発表されているので、本格的な販売促進活動がディーラーの長期休暇明けとなっていることも大きいだろう。また、トヨタの他車ほどではないが、半導体不足による納期遅延が、アルファードでも若干出始めていることも影響しているようである。

次ページは : ■新車販売が活況な勝負の6月を乗り切れるか

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ