ヤリス ノート新車続々!!扱いやすいオススメ5ナンバー車はこれだ!!

小さいことはいいことだ!? やっぱり扱いやすいオススメ5ナンバー車

 クルマのサイズの大きな基準の一つだったのが5ナンバーサイズ。かつての主流だっただけに、駐車場スペースの基準になっていたり、狭い住宅街の道幅の基準になっていたこともある。

 それだけにどうしてもこだわりたくなってしまうボディサイズだが、今回はやはり5ナンバーにこだわりを持っている清水草一氏に5ナンバーサイズについて聞いた!

文/清水草一、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】この取り回しの良さはやっぱり格別!! 狭い日本にピッタリサイズの5ナンバー車を見る


■徐々に消えゆく5ナンバーサイズ車

5ナンバーサイズの車は徐々に少なくなっている。カローラも現行モデルから3ナンバーサイズとなった

 5ナンバーサイズとは、全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高2m以下のこと。加えて排気量2,000cc以下もクリアすると、「小型自動車」として5ナンバーになる。

 しかしこの5ナンバーサイズ、もともと日本独自の規格で、海外との共通性はない。中でも厳しいのは全幅で、他の基準はクリアしていても、全幅だけがオーバーしている車種は多い。自動車市場のグローバル化と、日本市場の相対的な地位の低下によって、5ナンバーサイズの車種はじわじわと減り続けている。

 セダンに関しては、グレイスに続いてプレミオ/アリオンの生産もこの3月末で終了し、ついに5ナンバーサイズが日本市場から消滅した。というより、国産セダンそのものが消滅しようとしておりますが……。

 徐々に消えゆく5ナンバーサイズ。あれほど5ナンバーに固執していた日本のユーザーも、かなり急速な勢いでそのこだわりを捨てつつある。販売台数上位の顔ぶれを見ても、カローラ、アルファード、ハリアー/RAV4、ヴォクシー、プリウスといったメジャーな面々が、3ナンバー専用車だ。

 日本のユーザーが5ナンバーサイズにこだわってきたのは、「3ナンバーは不便」と言われ続けてきたからだ。日本では駐車場をはじめ、様々な規格が5ナンバーサイズを基準に作られていて、幅の広いクルマはその基準に収まらないので、移動の自由が制限されるという思いがあった。

 しかし今や、3ナンバーで困るのは、規格の古~い立体駐車場くらいになり、探すほうが難しい。自動車税も、サイズではなく排気量で決まるようになって30年以上経つ。3ナンバーであることのデメリットはほとんどない。その事実がついに、日本市場にも浸透したのである。

■クルマが小さいとメリットは大きい!?

車内スペースが多少窮屈になるのは否めないが、取り回しの良さは大きな魅力だ

 しかしそれでも、5ナンバーには価値がある。というより、サイズが小さいことには価値がある! なぜなら、小さいほうが取り回しがラクだから!

 幅の狭いスーパーの駐車場にクルマを止めるとき、3ナンバーより5ナンバーのほうが確実にラクで、素早く駐車できるし乗り降りもラク。狭い道でのすれ違いもラク。5ナンバーのメリットはそういう点に絞られるが、移動の自由感はぐっと増す。

 特に自宅駐車場の幅が狭い場合は、車幅が狭いことのメリットは、非常にデカいと言わざるを得ない!

 逆に、車幅が広いことのメリットは、ほんのわずか車内に余裕があるとか、見た目が堂々としてカッコいい程度……と言えなくもない。メリットとデメリットを天秤にかければ、今でも5ナンバーサイズにこだわる意味は確実に存在するはずだ。

 では、いま新車で買える5ナンバー車を並べつつ、その中でオススメ車種を挙げてみよう。なお、但し書きがない車種の全幅は、すべて1695mmだ。

<コンパクトカー>
ヤリス
アクア
ノート
フィット
マツダ2
スイフト
パッソ/ブーン(1665mm)
マーチ(1665mm)
ミラージュ(1665mm)

コンパクトカーの中でもフィットはすべての面においてバランスが取れている

 コンパクトカークラスでは、5ナンバーであることがまだアタリマエ。その中に全幅が30mm狭いモデルが3車種存在するというのが現状だが、それらはどれも質感が大幅に落ち、「動けばそれでいい」みたいなクルマたちだ。

 よってオススメはその他の車種になるが、その中で最もバランスに優れるのはフィットだ。デザイン、走り、燃費、居住性、どれも優秀でまったく欠点がない。

 ヤリスのほうが売れているが、価格はほぼ同じで、ヤリスは後席と荷室が明らかに狭く、内装の質感も断然低い。ただヤリスは走りと燃費がすばらしく、マニアックなヨロコビはフィットを大きく上回る。

 ノートもクルマそのものは非常にいいが、同装備の場合、価格がかなり高くなるのがネックだ。

 スイフトは、全幅1735mmのスイフトスポーツが断然オススメだが、3ナンバーなのでこれは反則でした、スイマセン。本音を言えば、3ナンバーでも全幅1750mmくらいまでは、その差をほぼ感じないのでした。

次ページは : ■ワゴン&ミニバンにも5ナンバー車!! スペースの使い方がもはや魔法