新型ヴェゼルとカローラクロスを比べてみた!! 実はかなり似ているクルマ??

実はかなり似ている!? 新型ヴェゼルとカローラクロスを比べてみた

 コンパクトSUVの人気はとどまるところを知らない。2020年はトヨタのライズ、ヤリスクロスが大きな話題と販売台数を記録し、2021年は4月に発表されたホンダの新型ヴェゼルが好調な滑り出しを見せる。

 これを追うように、今秋にはカローラクロスが日本導入されるという話も聞こえてきた。今年はヴェゼルとカローラクロスが主役の座を争うのだろうか。

 新型ヴェゼルが登場した際、「デザインがマツダっぽい?」といった反応が多かったが、実車からは、シンプルでホンダらしいデザイン性を感じる。

 ただ、ヴェゼルとカローラクロスでは、デザインの共通点が多く見られた。両車が似ている理由を考えながら、少々気が早いかもしれないが、ヴェゼルとカローラクロスがライバル関係になりえるのか、比較検証していく。

文/佐々木亘、写真/TOYOTA、HONDA

【画像ギャラリー】ガチンコ勝負のライバル関係となるか!? ホンダ ヴェゼルとトヨタ カローラクロスを見る


■ヤリスクロスはヴェゼルに「真っ向勝負挑みにくい」

2020年7月にタイで公開され、世界各国に販売が拡大しているカローラクロス

 2020年7月にタイで初公開、さらに世界各国で順次販売が拡大しているカローラクロス。対してヴェゼルは2021年4月にフルモデルチェンジをおこなっている。日本導入はヴェゼルが先行しているが、グローバル視点で見ると、カローラクロスの方が登場は早い。

 両車のボディサイズを見ていこう。カローラクロス(タイ仕様)は、全長4460mm×全幅1825mm×全高1620mmで、ホイールベースは2640mmとなっている。

 ヴェゼルは全長4330mm(-130mm)×全幅1790mm(-35mm)×全高1580mm(-40mm)、ホイールベースは2610mm(-30mm)だ。(カッコ内はカローラクロスとの差)

 Cセグメントに属するカローラクロスと、Bセグメントのヴェゼルでは、ボディサイズに差が出るのは当然である。ヴェゼルのライバルは、同セグメントのヤリスクロスという見方もあると思うが、ヤリスクロスでは、ヴェゼルのもつ居住性に、真っ向勝負を挑みにくい。

2021年4月にフルモデルチェンジが行われたホンダ ヴェゼル。発表はカローラクロスのほうが早いが、日本デビューはヴェゼルのほうが早い

 ヴェゼルの室内寸法は長さ2010mm×幅1445mm×高さ1225mmとなる。対してヤリスクロスは長さ1845mm×幅1430mm×高さ1205mmと、ヴェゼルの広さには及ばない。特に後席は圧倒的にヴェゼルが広く、ヴェゼルは、CセグメントSUV並みの居住空間を持っていると筆者は感じた。

 売れ筋グレードでヴェゼルは、ヤリスクロスよりも30万円ほど価格が高い。BセグメントSUVとして戦うよりも、一つ階級を上げてCセグメントSUVと戦うほうが、価格が高いといったデメリットが隠れるだろう。

 したがって、実質的な日本でのライバルは、ヤリスクロスではなく、今秋導入予定のカローラクロスになるのではないかと筆者は考える。

■ヴェゼルとカローラクロスはデザインにも共通点

フロントマスクがよく似ている両車。こちらはカローラクロス

 ライバル関係になるかもしれない、この2台、デザイン面で似ている部分多い。特にフロントマスクは共通点だらけだ。

 フロントグリルは大きく開く。カローラクロスは下が広い蒲鉾型の四角形、ヴェゼルは下が狭い六角形を採用した。フロントバンパーがグリル下部まで回り込み、その下に薄いグリルをもう一つ備える。

 ヘッドランプユニットは薄型で、クリアランスランプがヘッドライトの上部に配置される。ヘッドライトの上に眉毛があるような状態だ。フロントマスク下部では、ボディサイドから回り込んでくるフロントバンパーの造形や、キャラクターラインの入れ方が似ている。

ホンダ ヴェゼル。大きく開いたフロントグリルや薄型のヘッドライトなど、共通点は多い

 ヴェゼルはAピラーを立ち気味にし、Cピラーは寝かせることで、ボディ後方でルーフラインを大きく絞り込むデザインにしている。クーペルックをより強く印象付けるデザインだ。完全に都市部でのオンロード走行をメインのクルマに仕上がった。

 カローラクロスに関しては、クーペルックというよりは、RVのような見た目に近い。トヨタでは、ハリアーよりもRAV4に近い系統となるだろう。フェンダーアーチ形状は、ヴェゼルが丸く乗用車的なのに対して、カローラクロスは角のあるデザインだ。

 大枠としては、SUVで使われる主流のデザインを多く取り入れていて、他車とも共通する部分は多い。

 ただ、気になるのはフロントマスクの類似度だ。グリルをボディ同色にすることで、個性を出しているヴェゼルだが、黒系のボディカラーで、ヴェゼルとカローラクロスを並べたら、ほとんど同じ顔が2つ並ぶことになってしまいそうである。

次ページは : ■「上を見た」ヴェゼルに「上から対抗する」カローラクロス

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ