新型レクサスNXデビュー直前! 現行NXの中古が過去最高の下落で今が狙い目!!!


 2021年6月12日、新型レクサスNXがワールドプレミアされ、7年ぶりとなるフルモデルチェンジを行い2021年秋には日本市場に導入される予定だ。

 新型が発表されたことで、現行NXの中古車市場はどう動いたのか? 今が買い時なのか、モータージャーナリストの萩原文博氏が、レクサスNXの値動きを徹底チェックした。

文/萩原文博
写真/レクサス ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】新型レクサスNXデビュー直前。新旧NXを写真で比べてみよう!!


■レクサスブランドを支えるNXの新型が2021年秋に登場!

新型レクサスNXが6月12日にワールドプレミアされた。写真はFスポーツ。一目でレクサスのアイコンでと分かるスピンドルグリルもより複雑な形状となってきている
同じく新型NX Fスポーツのリア。バックガーニッシュからバンパーに繋がる流れるような造形が特徴だ。現行型のデザインを踏襲しつつ、大胆なデザインを取り入れてきた

 現行型レクサスNXはモデル末期にもかかわらず、直近1年間の月間新車販売台数は約770台とレクサスブランドを支えるコアモデルの一台となっている。

 発表された新型NXは次世代レクサスの幕開けを告げる第1弾モデルという位置づけとなっていて、電動化ビジョン「Lexus Electified」のもとレクサスブランド初のプラグインハイブリッド(PHEV)を挿入するなど電動車の普及に弾みを付けるモデルとなっている。

 クルマの基礎となるプラットフォームの変更をはじめ、次世代のレクサスデザインの採用。そしてパワートレインは初のPHEVをはじめ、大容量バッテリーを搭載したハイブリッド、新開発の2.4L直列4気筒ターボ。そして2.5L直列4気筒自然吸気とバリエーションが豊富となっている。

 運転支援システムは人とクルマの強調を目指した最新の「Lexus Safety System+」やスマートフォンを介して施錠/解錠、エンジンスタートが操作できるデジタルキー。

新型NXのインパネ。メーターから横に大胆に広がる大型ディスプレイが目を引く。空調等の操作もナビと2分割されるタッチパネルで操作する

 さらにスマートフォンによって車外から駐車を遠隔操作で支援するレクサス初のリモート駐車機能付き「Lexus Teammate Advanced Park」を搭載するなど話題豊富だ。これだけ大幅に進化したニューモデルが発表されたとなると、現行モデルの中古車相場への影響はとても大きいはずだ。

 そこで、ここでは新型が登場されたことで、人気のSUVレクサスNXの中古車相場がどのように雨後来ているのかを解説したい。

■現行レクサスNXは2014年7月に登場!

2014年7月にデビューしたレクサスNX。UXの登場まではコンパクトとミドルを受け持つクロスオーバーSUVだった。
NX300h、2014年7月登場モデル。NXはRXよりもコンパクトなミドルサイズのボディで人気を高めた。発売の翌年となる2015年には、1万8000台以上を登録して、レクサスの最多販売車種に

 まずは、現行型レクサスNXのモデル変遷を簡単に振り返ってみたい。NXは当時レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUVとして2014年7月にデビューした。

 グレード構成は2L直列4気筒ターボ+6速ATを搭載するNX200t(2017年のマイナーチェンジでNX300に変更)、そして2.5L直4ガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステムを搭載するNX300hの2種類。

 そしてそれぞれに装備の異なるスタンダード、Iパッケージ、バージョンL、Fスポーツの4タイプがそれぞれ設定されている。

UXの後席は狭いが、NXはRXほど大きくないのでファミリーカーとしてはちょうどいい室内空間
後席は6対4分割可倒式シート。電動リクライニングおよび電動格納機能付きだ

次ページは : ■2017年9月にビッグマイナーチェンジ!

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ