【ハリアー VS レクサス…】似たもの同士試乗対決!! 印象は違うのか? 


 プラットフォームの共用化が進む今、エンジンを含めて同じようなモデルが増えているほか、見た目がそっくりだけどボディの大きさやボディ形状などが違うモデルもある。

 これら似たもの同士のような2車の実際に乗った印象は違うものなのか? それともあまり変わらない?派生モデルや姉妹車など、同じような2台の乗った印象はどこが違うのか? に迫る!

文:松田秀士、鈴木直也、渡辺陽一郎、国沢光宏
初出:ベストカー2018年3月10日号


■【似たもの対決・1】 同じディーゼルを搭載する2列シートと3列シートの2車。乗り味に違いがある? 【マツダ・CX-5 vs マツダ・CX-8】

CX-5(上)とCX-5(下)
CX-5(上)とCX-8(下)

 CX-5とCX-8の車幅は同じ1840mm。なので、この2台は同じプラットフォームを使い、CX-5のストレッチモデルがCX-8と思われがちだが、実は違うもの。

 CX-8は米国で発売されている大型の3列シート車であるCX-9と同じプラットフォームを採用しているのだ。

 さらに、サスペンションアーム類もCX-9のモノをわざわざ縮めて作り直している。これらはシートが1列増えたことで多人数乗車となる重量増を見越しての処置。

 当然のことながら乗り味はCX-5と変わる。特に感心したのは、北海道での4WDモデルを雪道で走らせた時だ。雪道は路面となる雪の状態が刻々変化し表面も荒れている。

 そのような状況でもボディ全体の振動がとても少なく、サスペンションが雪面をしっかりと捉えているのだ。ボディ振動が少ないということは室内静粛性が高いことに繋がり、乗り心地もいい。

 2.2Lディーゼルエンジンは、さらに改良が加えられ15‌ps/3.1kgmアップ。音振が改善され、低速域からスムーズにトルクを発揮する。

 ハンドリングはステアリングの切り始めがCX-5に比べて若干ダルに感じられるが、これはサスペンションの有効ストロークによるもので、切り込むにしたがってフロントの動きをよりダイレクトに感じられるもの。

 CX-8の全長を縮めてCX-5にしたくなるくらいだ。

(松田秀士)

【違いはある?】CX-8のほうがエンジンフィールも乗り味もいい!

◎CX-5(XD・2WD)
全長4540×全幅1840×全高2700mm、ホイールベース2700mm、車重1560kg、2.2L 直4ディーゼルターボ、175ps/42.8kgm、JC08モード燃費 18.4k/L
価格:280万8000〜352万6200円(DE車)

CX-8(XD・2WD)
全長4900×全幅1840×全高1730mm、ホイールベース2930mm、車重1790kg、2.2L 直4ディーゼルターボ、190ps/45.9㎏m、JC08モード燃費17.6km/L
価格:319万6800〜419万400円

■【似たもの対決・2】 ベースが同じ2Lターボのセダンとワゴンだが、走行性能の差はあるのか? 【スバル・レヴォーグ2.0GT-S vs スバル・WRX S4 2.0GT-S】

レヴォーグ(上)とWRX S4(下)
レヴォーグ(上)とWRX S4(下)

 スバル車は多くのモデルでプラットフォームを共用している。現在最も進化しているのはインプレッサ系のグローバルプラットフォーム。

 WRX S4とレヴォーグは、これより旧型のプラットフォームを改良したもので、この2車はプラットフォームもエンジン(2L車)もトランスミッションもAWDシステムもまったく同じものを採用している。

 唯一、違うのは3ボックスのセダンか2ボックスのワゴンというボディ形状だ。

 しかし、この2台の乗り味は明らかに異なるもの。レヴォーグはデビュー当時から、その固められたサスペンションによる乗り心地に対して異論が多かった。

 ホントは、走りが好きだからS4が欲しかったんだけど、レヴォーグ2.0GT-Sのほうが乗り心地もよさそうだし家族もOKを出してくれるだろう。と、レヴォーグを選んだ人、多いはず。

 しかし、いざ乗り比べると「S4のほうが乗り心地がいい!?」と思ったお父さんも多かったのでは。

 ただし、スバルは反省していた。昨年の改良でサスペンションストロークを延長し、スプリングレートもソフトに振った。同じような改良はS4にも施されたが、レヴォーグのハンドリングと乗り味は大きく変化。

 現在のレヴォーグはWRX S4よりも明らかに優等生の大人。すべてがマイルドだ。

(松田秀士)

【違いはある?】昨年の改良後はレヴォーグのほうがマイルドな乗り味

レヴォーグ(2.0GT-Sアイサイト)
全長4690×全幅1780×全高1490mm、ホイールベース2650mm、車重1560kg、2L 水平対向4ターボ、300ps/40.8kgm、JC08モード燃費13.2km/L
価格:361万8000円

WRX S4(2.0GT-Sアイサイト)
全長4595×全幅1795×全高1475mm、ホイールベース2650mm、車重1540kg、2L 水平対向4ターボ、300ps/40.8kgm、JC08モード燃費13.2km/L
価格:373万6800円

次ページは : ■【似たもの対決・3】 同じプラットフォーム&同じ2LターボのSUV2車、乗り味は違うのか? 【トヨタ・ハリアー 2Lターボ vs レクサス・NX300】

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ