【レクサスの救世主!? それとも共喰い誘発!??】レクサスNX 販売が乱高下な事情

 レクサスは日本で人気が定着せず販売台数も増えずに苦戦を続けていたが、その苦境を救ったのがミドルクラスSUVのNXであると言っても過言ではない。

 2014年にデビューして以来、レクサスの屋台骨を支えてきたNXは、なぜか販売が乱高下する傾向にある。価格を考えると終始健闘しているように映るが、2020年に入って前年に比べて販売台数の低下が顕著だ。

 レクサスNXの販売動向を通して、なぜ販売が乱交化するのかを渡辺陽一郎氏が考察する。

文:渡辺陽一郎/写真:LEXUS、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】レクサスUX、NX、RX、RLはプレミアムSUVの極み!!


レクサスの販売台数は過去9年間で約2倍!!

 トヨタの高級車ブランド、レクサスは1989年に北米で発足して、2005年に日本国内でも営業を開始した。従って2020年には、レクサスの国内開業から15年を経過する。

 レクサスの1年間の国内登録台数は、開業の2005年から2010年頃までは、3万台から4万台弱で推移していた。

NXは2014年7月にデビュー。ハイブリッドの300hと2Lターボの200tをラインナップ。2017年のマイチェンで200tから300にグレード名を変更

 2010年代に入ると、安定的に4万台を超えるようになった。2016年には5万台を上まわり、2018年には5万5000台に達して、2019年には6万台を超えている。

 2010年におけるレクサスの国内登録台数は3万3000台、2019年は6万2000台だから、過去9年間で2倍近い急増となった。

 いっぽう、国内市場全体の販売総数は、2010年が495万6000台、2015年は504万6000台、2019年は519万5000台だ。増加傾向ではあるものの、2019年の実績は2010年の105%になる。レクサスは188%だから、明らかに伸び率が大きい。

2010年当時のレクサスではSUVのRXが人気が高かったが、セダンモデルの苦戦をカバーできるほどの販売台数をマークすることはできなかった

NXは人気モデルだが販売が乱高下

 ここまでレクサス車の売れ行きが増えた理由は、主に人気のカテゴリーとされるSUVを中心とした取り扱い車種の充実だ。

 2010年に設定されていたレクサスのSUVはRXのみだったが、この後に、NX、LX、UXを加えた。セダンではHSを廃止したが、2018年にESが加わって堅調に売れている。

 レクサスの登録台数を輸入プレミアムブランドと比べると、メルセデスベンツよりは低い。そうなると国内市場でレクサスが成功したか否かの判断は難しいが、車種のバリエーションと登録台数は着実に増えてきた。

NXはデビューしてからその端正なエクステリアデザインが人気で、特に燃費面で優れたハイブリッドの300hを購入する人が多い

 この右肩上がりの状況で、売れ行きが不安定なのがNXだ。NXは2014年に発売され、RXよりもコンパクトなミドルサイズのボディで人気を高めた。発売の翌年となる2015年には、1万8000台以上を登録して、レクサスの最多販売車種になった。

 この後に売れ行きは下がり、2017年には9000台を下まわってしまう。ところその後、2019年の登録台数は再び1万3000台以上に増えた。これは2019年4月に発表された改良の効果が大きい。

 衝突被害軽減ブレーキは性能をさらに高めて、昼間の自転車や夜間の歩行者も検知できるようになった。レーダークルーズコントロール作動時に、操舵を支援するレーントレーシングアシストなども加わり、運転支援機能の性能も高まった。

 そして直近の2019年12月/2020年1月の登録台数は、1000台を下まわっている。

2Lターボ搭載モデルは2014~2017年9月までが200t、それ以降は300となる

NXは古いが人気は安定している

 以上のようにNXは、年を経るごとに売れ行きが大きく変化する。改良の影響があるとはいえ、年によって2000台から4000台、比率に換算して50%前後も乱高下するのは珍しい。

 売れ行きの浮き沈みが激しい背景には、レクサスにラインナップされるSUV同士の喰い合いがある。NXは2014年の発売直後には好調に売れて、2015年には前述のように1万8000台以上を登録した。

2015年にRXがフルモデルチェンジで刷新され、シーケンシャルウィンカーの搭載などで大きな話題となり、NXの販売にも影響を与えた

 2015年にはレクサスの上級SUVとなるRXが現行型にフルモデルチェンジを行い、この影響もあってNXの売れ行きは2016年から降下を開始した。

 前述のように2017年には9000台を下まわり、2018年の末にはコンパクトSUVのUXも登場して、2019年の前半も伸び悩んだ。

 それでもUXの需要はあまり長続きせず、2019年中盤以降は売れ行きが落ち着き、NXは再び堅調に売れるようになってきた。NXの登場が2014年と古いことを考えると、手堅い人気といえそうだ。

2018年末にレクサスの最も小さなSUVとしてUXがデビュー。扱いやすいサイズ、レクサスとしては手頃な400万円を切る価格も魅力で人気となった

NXの人気の要因はSUVとして最適なサイズ感

 そこで販売店に、NXの顧客の反応を尋ねた。「NXのボディサイズ(全長:4640mm/全幅:1845mm)は、SUVとしてちょうどいい。後席も広く荷物も積みやすいから、ファミリーカーにも適している。

 RXはボディが大柄で(全長:4895mm/全幅1895mm)価格も高い。UXはコンパクトで運転しやすいが、後席の足元空間や荷室が少し狭い。

 NXはちょうど中間的でいいところを取っており、幅広いお客様の間で人気が根強い」と説明した。

インテリアに並々ならぬこだわりを見せるレクサス。NXもミドルクラスSUVとして出色の豪華さを誇り、これもユーザーに人気が高い要因

 売れ行きが時々増えたり減ったりする理由は何か。

「例えばUXが発売されると、後席をあまり使わないお客様は、コンパクトで燃費の優れたUXで十分と考える。そのために売れ行きが一時的に下がるが、NXは機能のバランスがいいからお客様が再び戻ってくる。またNXは発売から5年以上を経過するが、CTなどと違って、安全装備を定期的に刷新している。機能に古さを感じさせないことも魅力だ。そして近年ではSUVがブームになり、NXの需要を支えている」という。

NXに古さはないがUXに新しさもない

写真は2014年にデビューした時の前期型エクステリアデザイン。グリルの中身のデザインが変更されたが、マイチェン後と大きく変わらない

 今はクルマのデザインが急速に進化する時期を過ぎて、安定成長期に入った。そのためにフルモデルチェンジを行っても、外観をあまり変えない車種が見られる。

 特にレクサスのようなプレミアムモデルのフロントグリルは、ブランド全体のコンセプトを変更しない限り、従来型の形状を踏襲する。そうなるとますます変化の度合いが小さくなり、新旧モデルの違いもわかりにくくなる。

 従ってレクサスNX(2014年登場)、RX(2015年)、UX(2018年)の外観を比べても、NXが古臭く感じたり、UXに新鮮味が生じることはあまりない。古さの生じやすい安全装備を進化させれば、市場に適したサイズのNXは堅調に購入される。

レクサス車はスピンドルグリルがアイデンティティとなっているが、これによりなかなかイメージが変えにくいため、古くはないが新しさもない

 その過程で、レクサスブランドに属するSUVの登場、あるいはNXのマイナーチェンジに応じて売れ行きに変動が生じるが、やがて元に戻る。

 ただし走行安定性や乗り心地を抜本的に進化させるなら、フルモデルチェンジが必要だ。NXは今では日本におけるレクサスブランドの中心的な存在だから、そろそろフルモデルチェンジを実施して、特に安全装備と走行安定性を大幅に引き上げてほしい。

【画像ギャラリー】レクサスUX、NX、RX、RLはプレミアムSUVの極み!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ