名車セリカGT-FOUR 通信教育で自動車整備を学び ともに歩んだ26年とは【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.6】


 一台のクルマには、縁あってオーナーになった人との歴史や思い出があり、物語になるほどのエピソードが生まれることもある。

 そんなクルマと人との関わりを、オーナーさんに直接取材して、リアルな生の声を紹介していきたいと思います。はたして、どんな生の声が聞けるのでしょうか?

 購入した動機から、愛車に対するこだわりのポイント、年間の維持費、故障箇所、愛車の主治医まで、これからそのクルマを購入しようと思っている人にも役に立つ情報満載でお届けします。

文・写真/松村透

【画像ギャラリー】オーナーの価値観を変えた愛車、セリカ GT-FOURを画像でチェック!


■セリカGT-FOURとともに新車から26年間歩んできたオーナーの生の声

オーナーの石井 勉さん。愛車であるセリカ GT-FOURとは26年の付き合い

 一台のクルマが自分自身の価値観を変えてしまうとしたら…。それはまさに身銭を切ったからこそ味わえる「プライスレスな体験」。

 その中身は人それぞれではありますが、今回取材させていただいた石井さんの場合、20代の時に手に入れたセリカGT-FOURがきっかけとなり「自動車という工業製品の成り立ち」を、仕事とは関係なく通信制の自動車整備で基礎を学び、自らクルマいじりをすることで理解を深めていったそうです。

 気づけば人生の半分をともに過ごしてきたセリカGT-FOUR。愛車への想いとは…?

■プロフィール&愛車紹介
・お名前:石井 勉さん
・ご年齢:52歳
・ご職業:会社員
・所有しているクルマ(年式、グレード名):1994年式セリカGT-FOUR(ST205型)
・購入時期:1994年8月
・所有年数:26年
・購入時の走行距離:新車購入
・現在の走行距離:約8万3000キロ
・購入時の金額:324万円

■愛車を手に入れようと思ったきっかけを教えてください

セリカGT-FOURのリアビュー。大型のリアウィングが目を惹く

 親のクルマの用事でトヨタディーラーに行った時、ふと目に留まったパンフレットに載っていたのがセリカGT-FOURでした。

 見た目に惹かれて即決…したかったのですが、パンフレットに載っていたのは黄色のWRC仕様(全世界2500台の限定モデルであるRC)だったんです。

 GT-FOUR RCのボディカラーにはホワイトの設定もあったんですが、リアウィングの台座の部分が未塗装でブラックのままだったんです。もちろんあとから塗ればいいことではあるのですが、もしこの部分がボディ同色だったら買っていたと思います。

 セールスの方から半年後にカタログモデルのセリカGT-FOURが発売されると聞き、好みのボディカラーの設定があったのでこちらを選びました。

 ボディカラー名は「ディープティールメタリック」といいます。当時は20代でしたし、セリカ GT-FOURの新車を買うとセールスの方に伝えたら「本当に買うんですか?」驚かれました(笑)。この時、メーカーオプションでフロントのLSDを装着しておけばよかったといまでも悔やんでいます。

次ページは : ■愛車との濃いエピソードを教えてください

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ