スカイライン開発中止は本当にない!? 名門車が低迷してしまったのはなぜか?


 日経新聞に開発を中止すると報道されたスカイライン。日産はこの報道を否定したが、近年のスカイラインの売れゆきをみると、その可能性もあるのではないか? と心配される。

 今後の動きが気になるところだが、それにしても日産を代表する歴史あるモデルであるスカイラインがここまで凋落してしまった理由はどこにあったのか? 

 近年のスカイラインは北米ではインフィニティブランドで販売されているわけだが、その北米での人気を含めてスカイラインが低迷してしまった要因に迫っていく。

文/桃田健史
写真/NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】今のスカイラインに必要なのは愛?超感覚?? 21世紀に入ってからの変遷を振り返る


■衝撃のスカイライン消滅報道。日産の星野副社長は「諦めない」と明言した 

 スカイラインの役目は本当に終わってしまったのだろうか?

 日産自動車の星野朝子副社長は2021年6月15日に開催した新型「ノート オーラ」の記者会見で、日本経済新聞が6月13日に掲載した「日産の象徴『スカイライン』、開発に幕~SUVに押されて苦戦 EVなどに集中」という報道に触れ、「そのような意思決定をした事実は一切ない。日産はけっしてスカイラインを諦めない」と報道を完全に否定した。

ノート「オーラ」の発表の場で、日経が掲載した「次期スカイラインの開発が中止された」との報道について、日産の星野副社長は「ノー」と完全否定した

 日経の報道が出た後、さらに日産がこの報道を否定した後、自動車関連メディアやSNSを中心として”スカイライン消滅”についてさまざまな反応があった。

 本稿執筆時点(2021年6月20日)では、事の真相は明らかになっていないが、スカイライン消滅の話題が各方面でこれだけ大きく取り上げられるのは、ユーザーの多くが近年のSUVシフトや、直近でのカーボンニュートラルによる急速なEVシフトへの流れを強く認識しているからだと思う。

 1960年代から脈々と続くスカイライン史上のなかで、在りし日のスカイライン全盛期を知るユーザーとしては、最近はスカイラインを街中で見かける機会も一気に減り、”もはやスカイラインは世の中の主流ではないのか”というイメージを持っている人も少なくないはずだ。

 では具体的に、”スカイラインが日本車のド真ん中”ではなくなったのはいつか?

■V35は北米でのインフィニティブランド向上の切り札として投入!

 スカイラインの転機は、いまから20年前に登場した11代目の「V35」であることは明らかだ。

 ”V35への布石”として、日産が1999年10月の第33回東京モーターショーでコンセプトモデルとしてXLVを出展した時点で筆者を含めてショー現場で取材していたメディア関係者の多くが「まさか、これが次期スカイラインなのか!?」と半信半疑だった。

1990年代末期の経営破綻危機の末、ルノー傘下となった日産。ゴーン体制の下、日産リバイバルプランのなかでの新車として発表されたのが、R34からV35へ大きく変化したスカイラインだった

 なにせ、XLVによってR32/R33/R34というGT-Rを筆頭とするスカイラインのイメージが完全に崩れてしまったのだから。

 その後、ゴーン体制によってスカイラインのイメージ刷新が確定的となると、ユーザーのみならず、自動車雑誌各誌で自動車評論家諸氏が「XLVとしてはいいクルマでも、これはもはやスカイラインではない」と手厳しい論調で自論を示した。

 一方で、海を渡り「インフィニティG35」と名乗るV35はアメリカで絶大なる人気を博した。こうした人気の渦の真ん中で、筆者は当時カリフォルニア州ガーディア市にあった北米日産本部で日米の日産関係者らと”インフィニティのこれから”について定常的に意見交換していた。

 また、全米各地の日産とインフィニティの販売店を取材する機会も多かった。

 日産は当時(2000年代初頭)、ダイムラーのAMGやBMWのMが先行する、プレミアムスポーティ戦略を強く意識しており、インフィニティG35導入きっかけにそれまでのFFベースからFR主流へとインフィニティブランドの方向性を大きく軌道修正した。

 それまでアメリカではスカイラインが正規販売されたことはなく、アメリカ人にとってV35は事実上の”スカイライン初体験”となった。

 北米日産のマーケティング戦略では、日本におけるスカイラインのレース活動の歴史を紹介するなど、V35に秘めた日産の技術力を強くアピールし、それがアメリカ人の心を掴んだ。

 また、アメリカの大手自動車各誌では、インフィニティG35のライバルをBMW3シリーズに設定して、サーキットやワインディングでの試乗記を掲載した。こうしたアメリカのトレンドを受けて、筆者も北米日産からインフィニティG35の広報車を借り出し、日本の自動車雑誌向けにBMW3シリーズや日系各車の比較試乗記事を多数執筆した。

 こうしたアメリカ発の情報に、日本のユーザーからは「V35が3シリーズのライバルという設定はちょっと無理がある……。アメリカ人の考え方が理解できない」というような意見をよく聞いた。

 ところが、G35が切り開いたインフィニティ戦略はその後、大成功を収める。

北米のインフィニティブランドで特に大成功したのが「FX」だ。V35がベースだが、V8エンジンモデルも投入され、ポルシェカイエンやBMW X5ライバルとしたハイパフォーマンスSUVだった

 インフィニティG35は2ドアモデルや、G37として進化。また、G35とFRプラットフォームを共有するフーガが「M45」の名で、シーマが「Q45」で登場し、クロスオーバーとして「FX」も大ブレイクした。

次ページは : ■ V35以降日本のみ「スカイライン」の名を継承することに