ホンダフリードがトヨタシエンタよりなぜ売れているのか


 今やコンパクトカーもSUVもミニバンも……、軽自動車以外のカテゴリーの販売ナンバーワン車はトヨタのクルマばかり。しかし、ミニバンのなかでもコンパクトミニバンに限ってみると、最近はホンダのフリードがトヨタのシエンタを抑えて、より多く売れている。

 また、ホンダのなかではフィット以上に売れている人気車だったりもする。

 今、トヨタの競合車以上の人気車といってもいいフリード。その売れている理由をカーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が分析する。

文/渡辺陽一郎
写真/HONDA、TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】手頃な価格とサイズで売れているホンダ『フリード』とその競合車種を写真でチェック!!


■シエンタの販売台数が減少したことでフリードは上昇

 最近の小型/普通乗用車の販売ランキングを見ると、上位にはトヨタ車が数多く入る。直近となる2021年5月の登録台数を見ても、1位:ヤリス(ヤリス+ヤリスクロス+GRヤリス)、2位:ルーミー、3位:カローラ(ツーリング+セダン+スポーツ+継続生産型)、4位:ハリアー、5位:ライズと続く。

 このトヨタ一強の状態が続くなかで、そのほかのメーカー車で意外に健闘しているのがコンパクトミニバンのホンダフリードだ。

2016年に登場した現行型の2代目『フリード』。ハイブリッドモデルは惜しくも消えゆく運命の「SPORT HYBRID i-DCD」7速DCT搭載仕様だ

 2021年3~5月は、ライバル車となるトヨタシエンタを上まわる売れゆきだった。前年と比べても、シエンタの登録台数は減少しているが、フリードは3月と5月がプラスであった。

 ホンダ車同士で比べると、フィットが半導体不足の影響もあって売れゆきを下げており、2021年2月から5月はフリードの登録台数が上まわった。

 フリードの発売は2016年だから、2015年のシエンタに比べて設計が少し新しい。それでも2018年と2019年の登録台数はシエンタが上まわり、2020年も5月まではシエンタが好調だった。

2015年に登場した5ナンバーサイズミニバンの『シエンタ』。発売から6年が経過し、2022年中のフルモデルチェンジがうわさされている

 それが2020年の6月以降はシエンタの売れゆきに陰りが見えはじめ、2020年の登録台数は僅差でフリードが上まわった。

■フリードの売れ筋グレードは「G ホンダセンシング」

 フリードは2016年に発売された後、2019年にマイナーチェンジを実施している。フロントマスクを大幅に変更して、新しいバリエーションとしてはSUV風のフリードクロスターも加えた。

2019年のマイナーチェンジで追加された『クロスター』。専用グリル、エアロパーツ、ルーフレールなどを装備しクロスオーバーテイストを加えた

 2020年にはエアロパーツを装着するモデューロXもマイナーチェンジしたが、大幅な販売のテコ入れにはなっていない。

 そこでフリードが好調に売れる理由を販売店に尋ねると、以下のように返答された。

 「フリードの販売は安定していて、時間が経過しても人気が下がらない。子育てを終えたお客様がステップワゴンから乗り替えたり、フィットのお客様が2人目の子供が生まれてフリードへ上級移行している。売れ筋グレードは、ノーマルエンジンを搭載するGホンダセンシングだ。クロスターや2列シートのフリードプラスは、それほど売れていない」。

2020年に現行型にモデルチェンジした『フィット』。子どもが増えて手狭になりフリードに乗り換えるケースが発生している

 フリードの売れ筋グレードは、216万円400円(6人乗り)のGホンダセンシングとのことだから、堅実なニーズに支えられている。ステップワゴンからのダウサイジングと、フィットからのアップサイジングという2つの需要があることも強みだ。

写真は「フリード ハイブリッド G ホンダセンシング」で価格は256万1900円からと売れ筋モデルより約40万円高い

次ページは : ■ステップワゴンの価格上昇でフリードへ乗り換え

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ