スカイラインの開発中止騒動はスターの証!! “日産の象徴”と言われる理由は?

開発中止騒動はスターの証!! スカイラインが“日産の象徴”と言われる理由は?

 開発中止が報道され、これに対して日産が否定するといった騒動になった日産スカイライン。大きな話題になるのはスカイラインが日本車のなかでも特別な存在である証だ。そして、その開発中止の新聞報道では「日産の象徴」と表現された。

 スカイラインが日産を代表するクルマとなり、そして日本のクルマファンの心を捉えてきた理由はどこにあったのだろうか? 

文/片岡英明 写真/NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】熱狂的ファンに支持され消滅の危機を乗り越えてきた「スカイライン」の新たな伝説の復活を願って写真をチェック!!


■スカイラインは憶測でさえ大きなニュースになる

 6月12日、日産ファンだけでなく自動車ファンの間にも衝撃が走った。日本経済新聞が日産を代表するスポーツセダン、スカイラインの次期モデルが開発中止になったと報じたからである。

「ハコスカ」「ケンメリ」「ジャパン」「鉄仮面」と64年の歴史をもつスカイライン。新たなスカイライン伝説を期待したいところだ(写真は2019年マイナーチェンジされた現行V37型)

 また、上級クラスのフーガとシーマも販売が低迷しているから次期モデルはないと続け、セダン市場からの全面撤退もありうるとした。これは大ごとだ。

 スカイラインといえば、長い間、日産を支えている屋台骨である。これまで何度もブランド消滅の危機にあったが、首脳陣は日産には必要と判断したから60年以上も生き延びてきた。

 それから3日後の15日、日産はノートの上級に位置するノートオーラを発表している。その席上、星野朝子執行役副社長は「これから先も日産はスカイラインをあきらめない」と、新聞報道を一部否定したのだ。

 このコメントは、さらに多くの憶測を生み出したのである。スカイラインの次期モデルの開発中止騒動は、今もスカイラインが日産を代表するスターであることの証と言えるだろう。憶測でさえ大きなニュースになる。

 確かに日本ではセダン離れが進み、この10年ほどで多くのセダンが消えていった。スカイラインの最大のライバルであり、伝説のハイオーナーカーだったマークIIはマークXにバトンを託した後、消滅している。今はチェイサーもクレスタもない。

 また、コロナとカリーナはプレミオとアリオンになった後も親しまれていたが、さびしく消えていった。レジェンドも間もなく日本では販売を打ち切る。本家筋では、長く親しまれたブルーバードとサニーも静かに消え去っていった。

■64年の歴史のなかで存続の危機は2度あった

 スカイラインは1957年4月の誕生だから2022年に生誕から65年になる。その間に何度か消滅の危機に直面した。最初の危機は、誕生から10年足らずの時だ。プリンス自動車が日産に吸収合併されたため、存続の危機に陥ったのだ。

1963年に登場した2代目スカイラインは、プリンス自動車が日産自動車と合併したため、車名をニッサン・プリンス・スカイラインに変更

 この時はブルーバードなどと部品の共用化を図るとともに、差別化を明快に打ち出して危機を乗り切っている。日産と合併した後にフルモデルチェンジした3代目のハコスカは大ヒットを飛ばし、ブルーバードと並ぶ日産の主役に躍り出た。

 もうひとつの存続危機は、1999年だ。日産の経営が悪化し、フランスのルノーの軍門に下った。日産のCEOに就任したカルロス・ゴーンは大ナタを振るい、合理化を積極的に推し進めた。販売店を統合し、国内専用モデルの多くは整理の対象となっている。

 次期モデルの開発は凍結されたのだ。スカイラインも例外ではなく、リストラ車のリストに上がった。

1998年にデビューした10代目になるR34スカイライン。先代よりコンパクトでスポーティーなボディは人気となったが事実上この代で「ハコスカ」の血統は終わった

 だが、プリンス党、スカイライン党と呼ばれる熱狂的なファンに支持されている。また、走りの評価も高い。昔はブルーバードが日産の代表だったが、コロナと同じように1990年代を前に求心力を失っている。

 これに対しスカイラインは外様だが、1970年代には人気、販売量ともに日産の代名詞的な存在、エース的な存在にのし上がった。1990年代に失速したが、レースでも活躍するイメージリーダーのGT-Rがスカイラインの魅力を引き上げ、販売の落ち込みを小さくしている。

次ページは : ■牙を抜かれたV6エンジンのスカイライン

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ