純エンジン車はもういらない? 全車電動化の功罪とは


 2030年には東京都、2035年には日本での純エンジン車の新車販売が禁止される方針だが、最近発売された新車でも、純エンジン車が設定されず、ハイブリッド専用車になるクルマが増えてきている。

 純エンジン車がラインナップされずに、ハイブリッド専用車になったことで、弊害はないのだろうか?

 こうした全車電動化への功罪について、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ 日産 ホンダ

【画像ギャラリー】時代は電動化!ピュアEVも魅力だが、ハイブリッドの実力に注目!!