オデッセイと並ぶミニバンブームの立役者! トヨタ イプサムの「選択」のなぜ【偉大な生産終了車】

オデッセイとともに「ミニバンブーム」の立役者に! トヨタ イプサムの「選択」のなぜ【偉大な生産終了車】

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はトヨタ イプサム(1996-2010)をご紹介します。

文/伊達軍曹 写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】オデッセイとともに「ミニバンの時代」を切り拓いた先駆車! トヨタ イプサムをギャラリーでチェック!


■プレミオベースのミニバンとして登場 「ファミリーカー」を再定義した革命車

 今日では当たり前となっている「日本のファミリーカー=セダンではなく箱型の車」という流れを最初期において作り上げ、人々の暮らしに貢献。

 しかし2代目モデルが中途半端に大型化されたこととと、自らが作り上げたブームによって競合が増えたことで、いつしかその役目を終えることになった名作ミニバン。

 それが、トヨタ イプサムです。

トヨタ イプサム(初代・1996年)。「イプサム」という名前はラテン語の「IPSUM(本来の)」に由来する。トヨタのミニバンとしてFF駆動を採用した初のモデルともなった

 1990年代初頭までは、いわゆるミニバンと呼ばれていた車も実は商用車がベースだったわけですが、1994年にホンダから、当時のアコードをベースとする本格ミニバン「オデッセイ」が登場し、大ヒットを記録しました。

 そのホンダ オデッセイに対抗するべく、トヨタが当時のコロナ プレミオをベースとする5ナンバーサイズミニバンとして作ったのが、初代イプサムでした。

初代のリアビュー

 初代ホンダ オデッセイは全幅1770mmのボディに2.2L以上のエンジンを合わせた3ナンバー車でしたが、トヨタは日本の道で扱いやすい5ナンバー枠であることにこだわり、初代イプサムの全長と全幅はコロナ プレミオとほぼ同等にし、全高のみを200mmほど高くしました。

1994年に発売されたホンダ オデッセイ。全長×全幅×全高は4750×1770×1645-1660mm、ホイールベースは2830mm。低迷していたホンダの業績を回復させるほどの大ヒットとなった

 これにより初代イプサムは最小回転半径5.5mという、まさに日本の道路で扱いやすい取り回し性能を得るに至ったわけですが、それでいて初代イプサムは、車内の使い勝手においても優秀でした。

「1台でセダンとステーションワゴン、ワンボックスワゴンの3役をこなす車」というのが初代イプサムの開発コンセプトでしたが、出来上がったイプサムはまさにそのとおりの仕上がり。

 5ナンバーサイズでありながら室内長2565mm×室内高1220mmと余裕たっぷりで、1列目から2列目へのウォークスルーも容易。

 また2列目シートは345mmの超ロングな前後スライドが可能で、シートバックを折りたためば簡易なテーブルとして使うこともできました。

 そして3列目シートを床下に収容すれば広大なラゲッジルームが出現する――という、まさに人々のさまざまなライフスタイルに寄り添うような車だったのです。

 搭載エンジンは最高出力135psの直4DOHCというきわめて普通なもので(※1997年8月にはディーゼルターボを追加)、サスペンションも前がストラットのリアがトーションビームという、これまたごく普通のものでした。

 しかしそれでいて初代イプサムの走りはなかなか俊敏で、昔の箱型車ではしばしば感じられた「かったるさ」「もっさり感」「不安感」みたいなものはない車だったのです。

 このように使い勝手が良く、走りもなかなか良好で、そして明るくフレンドリーなイメージも強かった初代トヨタ イプサムは必然的にヒット作に。

 初代ホンダ オデッセイとはまた別のニュアンスで、「これからのファミリーカーはセダンではなくミニバンだ!」というイメージを決定づけていきました。

 そして2001年5月にはフルモデルチェンジが行われ、「ミニバン・トゥモロウ」というキャッチコピーを伴った3ナンバーサイズの2代目に進化。

 が、これが後述する理由によりいささか振るわず、結果として3代目のイプサムは登場しないまま、2010年1月に販売終了となりました。

■イプサムはなぜ中途半端な3ナンバー化への道を選んだか

 初代ホンダ オデッセイとともに「ミニバンブーム」の立役者となったことは間違いないトヨタ イプサムがなぜ、2代限りで消滅してしまったのか?

 その理由のひとつは――よく言われていることですが――ホンダ オデッセイに対抗するため、2代目イプサムのボディサイズとエンジンを「3ナンバー化」したことでしょう。

2代目 イプサム。全長×全幅×全高は4690(4530)×1760(1695)×1645-1680(1620-1645)mm。※()内は初代の数値

 さらなる余裕を得るために、良かれと思って行った3ナンバー化でしたが、これによりイプサムは、初代にはあった「ジャストサイズな歓び」みたいな部分をなくしてしまった(あるいは減じてしまった)ということは否めません。

 しかしそれ以上に、結局は、自らが創出した「これからのファミリーカーはセダンではなくミニバンだ!」というムードが世の中に対してハマりすぎ、数多くの同種の競合が増えてしまい、そのことによって存在感が薄まったから――というのが、根本的な理由だったのでしょう。

 初代トヨタ イプサムは、そのほんわかとしたイメージとは裏腹の「革命的な車」だったと思うわけですが、その革命パワーがすごすぎたせいで、1990年代後半からは星の数ほどの(?)ミニバンが、同門からも他社からも登場することになりました。

 一部を挙げるだけでも、

●トヨタ ガイア(1998年5月~)
●日産 プレサージュ(1998年6月~)
●日産 バサラ(1999年11月~)
●ホンダ ストリーム(2000年10月~)
●トヨタ ウィッシュ(2003年1月~)
●三菱 グランディス(2003年5月~)
●ホンダ エリシオン(2004年5月~)
●トヨタ アイシス(2004年9月~)

 と、枚挙にいとまがありません。

 こうなってくると、決して悪い車ではなかったものの、さしたるエッジ(特異な優位性)はなかった2代目のイプサムが埋没し、そして消えていくのは「まぁ必然だった」としか言いようがないのです。

 このようにして「イプサム」という名前は消滅したわけですが、初代のほんわかしたイメージの奥深くにあった核のようなもの、すなわち「使い勝手が良くて、気持ちよく走ることもできる乗用車ベースのミニバンを作り、人々の暮らしに貢献する」という美しい本質は、その後のミニバン各車に受け継がれたような気がいたします。

 また、初代イプサムが「しかめっ面をした車」ではなく「(一見する限りでは)ほんわか系の楽しい車」であったことも、ミニバンというものがその後、日本の各家庭にどんどん受け入れられていった理由のひとつなのだろうなぁ――とも思うのです。

■トヨタ イプサム(初代)主要諸元
・全長×全幅×全高:4530mm×1695mm×1660mm
・ホイールベース:2735mm
・車重:1390kg
・エンジン:直列4気筒DOHC、1998cc
・最高出力:135ps/6000rpm
・最大トルク:18.5kgm/4400rpm
・燃費:11.6km/L(10・15モード)
・価格:213万円(1996年式 S-セレクション)

【画像ギャラリー】オデッセイとともに「ミニバンの時代」を切り拓いた先駆車! トヨタ イプサムをギャラリーでチェック!

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ